ブログランキング 現在の閲覧者数: 相撲ロボット製作部(更新停止) プラッツ 1/35  IV号戦車D型-あんこうチームver. 
FC2ブログ

相撲ロボット製作部(更新停止)

こちらのブログは更新停止しました。新ブログ「おもちゃの巣」の方でよろしくおねがいします。

最近のレビュー



PLUM ハムマン改


シルフィーあみあみイメージカラーVer.


B-321f 轟雷リミテッドモデル(シルフィーカラー)


SDガンダム クロスシルエット ガンダム


DXS08 ブラックシンカリオン


ポケモンキット フシギバナ


セリア 変形ロボットカー


ゾイドワイルド  ガノンタス・アペシュ


ゾイドワイルド ガブリゲーター・セベク


マテル インドラプトル


ホットウィール シャークバイト(レッド)


ゲキタマン ゴッドガンダム


マテル  ディープ-ダイブ・サブマリン


ホットウィール モササウルス


カプセルトイ 最強生物ミニパペット


ホットウィール  コマンダー・クロコ


ホットウィール  シャークルーザー


ゾイドワイルド ガノンタス


ゾイドワイルド ガブリゲーター


コトブキヤ 黒のライダー


マテル ブルー&オーウェン


マテル 大暴れ!T-レックス


マテル モササウルス


アニア モササウルス


アニア インドラプトル


改造 FAG 迅雷型 [ドミネイト]


ホットウィール シャークバイト


タカラ 新!仮装大賞パネル


北海道限定アニバトロン クマタイプ


ゲキタマン ウイングガンダムゼロカスタム


ゲキタマン ニューガンダム


奇譚クラブ パクパク走る!恐竜の化石


シャイング ベンザオオクワガタ


カプセルトイ つぶつぶカエル


中華トイ ヘビラジコン


 52TOYS MEGABOX エイリアン


AZONE  1/12若葉女子高校制服衣装set


ゲキタマン ゼータガンダム


デスクトップアーミー EJUバリスタ (クリアーブラック)



フリーエリア

プロフィール

Sラングレン(抜け殻)

Author:Sラングレン(抜け殻)
ガンプラ、ねんどろいど、figmaなどなど毎日何かしらレビューするサイトです

リンク

フリーエリア

banner_04.gif  人気blogランキングへ sticker51.png

 

      

フリーエリア

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

プラッツ 1/35  IV号戦車D型-あんこうチームver. 

RIMG1828_20130218011005.jpg
戦車キットメーカー「プラッツ」より発売されたガールズ&パンツァー 1/35 「IV号戦車D型-あんこうチームver.-」の紹介です。


・「主人公キャラの乗る、あんこうチームのIV号戦車D型を再現!」
・「初心者でも容易に組み立てられるようにパーツを再構成!」



っと公式サイトの方に説明に書いてあるんですが・・・果たしてその中身は!!




RIMG1193_20130218011006.jpg
とっても可愛らしいパッケージとは裏腹、中身はガチ。
ガルパンを見て、安易な気持ちで購入したんですが・・・今回はスキルアップを兼ねて、初めての戦車キット製作に挑戦です!




ガルパンコラボのプラモデルの中ではやっぱり「IV号戦車D型」が一番人気で、再販されてもすぐに売り切れてしまうほどの大ヒット商品となっています。
これは、早くに目をつけた「プラッツ」の大勝利ですね!




RIMG1195_20130218011007.jpg
ガルパン系キットの中身は、既存の戦車キットからのパーツの寄せ集めになっているため使用しないパーツがかなり多く、組み立て祭には間違いやすいので十分に注意が必要です。

本体はサイバーホビー/ドラゴンのキットを使用。



RIMG1197_20130218011007.jpg
製作中にビックリしたのは、内部構造。
接着してしまうので中身はほとんど見ることが出来ないんですが・・・機銃やコクピット部などちゃんと造形されています。戦車の側だけ作ったほうがより簡単に早く作ることが出来るので、自己満足の範囲で組み立てましょう。



RIMG1209_20130218012440.jpg
途中わけわからないパーツがあったり、ボッキボキに折れたりしたけど・・・ようやく組み上がりました。
色は見ての通り。




RIMG1250_20130218011008.jpg
次は塗装です。
パッケージの色合いを参考に塗っていこうと思ったんですが・・・この色合いがなかなか表現できず試行錯誤。



説明書のカラー指示よると本体色は「ジャーマングレー」なんですが・・・実はこれだと色が濃すぎて合わないという大きな罠。



色々とサイトを探ってみたところ「エクストラダークシーグレー」辺がいいみたいです。






RIMG1787_20130218014157.jpg
っというわけで、「IV号戦車D型-あんこうチームver.-」完成!!!





RIMG1788_20130218014200.jpg
前。
戦車に詳しくないため装甲の色合いや汚れ、サビ具合などがわからなくて・・・ツッコミ所が多いかと思いますがそこら辺は大目に見てください。





RIMG1789_20130218014202.jpg
右サイド。



RIMG1790_20130218014203.jpg
県立大洗女子学園の校章とあんこうさんチームのエンブレム。
付属のデカールはちょっと固め印刷になっているため、破れにくく初心者でも貼りやすい物になっています。




RIMG1791_20130218015444.jpg
履帯
戦車になるとここもネックなところなんですよね・・・履帯の垂みやウェザリングは何もわからない初心者が手をつけてもしょうがないので、あまりいじってません。




RIMG1793_20130218015446.jpg
正面装甲の機関銃。
こちらは可動するような作りになっているんですが、なかなか機銃の向きが安定しないためちょうどいい位置で接着してしまいました。



RIMG1795_20130218015446.jpg
フロント部の予備履帯
パッケージイラストにも描かれている予備履帯なんですが・・・実はキットには付属しません!!しょうがないので他の戦車からパーツ取りして貼り付けました。


そのまま作ると不完全な再現になってしまう所が「プラッツ」のツメが甘いところかなー購入する際には注意です。



RIMG1805_20130218021104.jpg
左サイドの予備履帯
予備履帯は拡張パーツみたいなセットが発売してるらしいんですが・・・。。
「プラッツ」ではなく「タミヤ」のIV号戦車からパーツ取りする人も多いようです。




RIMG1803_20130218021104.jpg
左サイドのOVM(車外装備品)
製作中に色々と疑問になってくるのがこの部分。説明書に記載されてるパーツとガルパン公式サイトのメカニック画像をよく比較して見ると・・・一部仕様が違うことに気づきます。。




RIMG1801_20130218021101.jpg
右サイドのOVM(車外装備品)
説明書には頼らずに、ガルパンの公式画像を見て取り付けたほうが懸命かな。




RIMG1799_20130218021056.jpg
右サイド
「昇降用ラッタル」はエッチングパーツがボッキボキに折れてしまったため・・・妥協しました。




RIMG1802_20130218021103.jpg
ちなみに車外装備品は本体接着後に塗装。



RIMG1811_20130218022814.jpg
後部装甲。



RIMG1806_20130218022814.jpg
後部。
ここは・・・もう説明書や画像を確認しても形がよくわからなくて。。結構適当です。




RIMG1797_20130218022813.jpg
砲塔部分
短砲身24口径75mm砲。




RIMG1816_20130218025035.jpg
「機銃」



RIMG1810_20130218022812.jpg
キューポラ(コクピットハッチ)部分
ここは選択式でハッチが開いた状態にすることもできます。





RIMG1809_20130218022814.jpg
砲塔部分はクルッと左右に回転。
内部の回転軸が細いので、動かす際は破損に十分注意が必要です。



RIMG1818_20130218025034.jpg
実は主砲も上下に動かすことができる作りになっているんですが、動かすための内部構造がかなり細かいためオミット。





RIMG1820_20130218025731.jpg
砲塔内部。





RIMG1812_20130218023933.jpg
上からの全体図。
改めて見るとちょっとパーツが曲がってる・・・。




RIMG1815_20130218023933.jpg
下部。
きっちり接着しないと、パーツを合わせた時に隙間ができてしまうのでその点も注意して作りましょう。





RIMG1808_20130218023930.jpg
「それゆけ!乙女の戦車道!!」
外見の詳細はこんな感じで・・・ハッチの開閉、主砲の可動などの細かなギミックは接着ですべて潰してしまったため、最大限に生かしきれなかった部分が心残りですが。
一つの形として完成させることが目的だったので、とりあえず最後まで作りきれてよかったです。









RIMG1819_20130218025035.jpg
砲塔部分の取り外し。



この部分に、ねんどろいど「西住みほ」付属のねんどろいど「専用砲塔」を乗せることができます。




RIMG1822_20130218025732.jpg
ねんどろいどは6月に発売予定なので、またその時に紹介したいと思います。
そもそもねんどろ「西住みほ」のために作ったIV号戦車D型なので!





RIMG1823_20130218030401.jpg
秋山「西住殿!!西住殿!!あれを見てください!!」





RIMG1826_20130218030402.jpg
秋山「あの有名な恐竜戦車ですよぉぉぉぉ!!!!」







RIMG1851_20130218030359.jpg
市街戦!!
聖グロリアーナ女学院戦の市街戦は新鮮だったなー。





RIMG1828_20130218011005.jpg
パッケージ
これを店頭で見かけてしまうと、やっぱり通常の戦車キットよりも購入意欲が増しますね!




RIMG1834_20130218030923.jpg
そしてこのパッケージには更にこだわりが!!




RIMG1831_20130218030922.jpg
なんと側面や裏面まで綺麗にカラー印刷されていて、箱だけ見ても楽しめる感じに。





RIMG1835_20130218030921.jpg
箱裏。



RIMG1836_20130218030927.jpg
・・・こういう部分はファンにやさしい。
他のガルパンコラボ戦車も同様な仕様になっているので、箱は捨てられないですね!!




RIMG1838_20130218031702.jpg
デカール
組み立てる前に写真を撮るのを忘れてしまったんですが、デカールに寄って2種類の仕様で「IV号戦車D型」を楽しめます。
おまけのキャラクターシールは自由に使いましょう!





RIMG1829_20130218030917.jpg
箱横にはちょっとしたペーパークラフトまで付属。
このパッケージをハサミで切るのはちょっともったいない気がするんですが・・・





RIMG1844_20130218032037.jpg
西住殿だけ切り出して、飾ってみました。
ん?本当に1/35サイズか・・・?



RIMG1846_20130218032038.jpg
パンツァーフォー!!





RIMG1839_20130219203428.jpg
付属の説明書。
新規に作りなおされていて、漫画まで載ってます。



RIMG1840_20130219203428.jpg
組立の方も・・・・・うん。



RIMG1842_20130219203427.jpg
ちなみに二次生産版なので説明書は訂正済み。




RIMG1827_20130219203429.jpg
長くなりましたが、これにて「1/35 IV号戦車D型-あんこうチームver.」レビュー終了です。




おまけ!


RIMG1773_20130219204342.jpg
野外撮影分




RIMG1775_20130219204342.jpg
エンター! エンター! ミッショーン!!




RIMG1772_20130219204341.jpg



RIMG1769_20130219204340.jpg


RIMG1777_20130219204341.jpg


おしまい。

人気ブログランキングへ←←



プラッツ 1/35  IV号戦車D型-あんこうチームver.

Theme:模型・プラモデル・フィギュア製作日記
Genre:趣味・実用

comments(3)|trackback(0)|ガールズ&パンツァー|2013-02-19_22:00|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
完成おめでとうございます。
AFV(装甲戦闘車両)は初めてとあったので、大変苦労されたと思います。

私も昨年からキャラクターモデルからスケールモデルに移行した人間ですので、最初はパーツ点数にビビりました。
ガンプラのPGと同等?なパーツ点数でした。

私も環境的にエアブラシが使用できないので全て筆塗りにて塗っております。
なかなか大変な作業ですが、逆にエアブラシには出せない感じが出せるのでとても楽しいです。

さて、僭越ながらアドバイスさせて頂きますと

ドライブラシ と ウォッシング パステルによるウェザリングをされては如何でしょうか?

ドライブラシ
私の場合ですが、つや消しにしたラッカー系のシルバーで角の部分に擦りつけます。
塗装がやや擦れて剥げた感が出ます。

ウォッシング
私の場合、エナメル系のフラットブラックとハルレッド、フラットアースを適当に混ぜてそれっぽい色にして
シャバシャバにして行います。
シミみたいな感じになります。泥水が掛かった(離帯周辺)とか、錆びが雨で垂れた表現が出来ます。(後ろのタンクなど)

パステル
ウェザリングパステルなんかは使う必要はなく、小学校などで使用していたコンテで十分です。(100均でも売ってます)
私の場合は黒・茶・黄土色・肌色等を使います。

コンテを削って乾いた筆で擦りつける

たったのこれだけです。キャタピラ周辺(茶・黄土・黒等をミックス)、砲身周り等(黒)を擦ってやればそれっぽくなります。


いずれもやり過ぎるとダメージを受けすぎた戦車になってしまうのでほどほどに…


3つ書きましたが、面倒ならパステルだけでもグンと戦車っぽくなると思います。



僭越ながら失礼致しました。
No title
塗装は昔のBB戦士以上に難しそうですね。
あとはfigma西住殿を待つだけですな。
初戦車完成おめでとうございます!

ずいぶん苦労されたようで、自分が小6の時にいきなりドラゴンのⅢ号戦車に挑んだのを思い出しますw
やっぱり初心者には難物なのでタミヤ版の再販が待たれますね
短砲身Ⅳ号は自分もいずれ作りたいとは思ってたんですが、まずは新規ユーザーに行き渡るといいなあ

余談ながら戦車にコクピットと使うのは新鮮でした
元が航空用語だからかあまり見ない表現なんです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。