ブログランキング 現在の閲覧者数: 相撲ロボット製作部(更新停止) パチモンキット 三国伝 「馬騰 (馬騰ガンダム)」
FC2ブログ

相撲ロボット製作部(更新停止)

こちらのブログは更新停止しました。新ブログ「おもちゃの巣」の方でよろしくおねがいします。

最近のレビュー



PLUM ハムマン改


シルフィーあみあみイメージカラーVer.


B-321f 轟雷リミテッドモデル(シルフィーカラー)


SDガンダム クロスシルエット ガンダム


DXS08 ブラックシンカリオン


ポケモンキット フシギバナ


セリア 変形ロボットカー


ゾイドワイルド  ガノンタス・アペシュ


ゾイドワイルド ガブリゲーター・セベク


マテル インドラプトル


ホットウィール シャークバイト(レッド)


ゲキタマン ゴッドガンダム


マテル  ディープ-ダイブ・サブマリン


ホットウィール モササウルス


カプセルトイ 最強生物ミニパペット


ホットウィール  コマンダー・クロコ


ホットウィール  シャークルーザー


ゾイドワイルド ガノンタス


ゾイドワイルド ガブリゲーター


コトブキヤ 黒のライダー


マテル ブルー&オーウェン


マテル 大暴れ!T-レックス


マテル モササウルス


アニア モササウルス


アニア インドラプトル


改造 FAG 迅雷型 [ドミネイト]


ホットウィール シャークバイト


タカラ 新!仮装大賞パネル


北海道限定アニバトロン クマタイプ


ゲキタマン ウイングガンダムゼロカスタム


ゲキタマン ニューガンダム


奇譚クラブ パクパク走る!恐竜の化石


シャイング ベンザオオクワガタ


カプセルトイ つぶつぶカエル


中華トイ ヘビラジコン


 52TOYS MEGABOX エイリアン


AZONE  1/12若葉女子高校制服衣装set


ゲキタマン ゼータガンダム


デスクトップアーミー EJUバリスタ (クリアーブラック)



フリーエリア

プロフィール

Sラングレン(抜け殻)

Author:Sラングレン(抜け殻)
ガンプラ、ねんどろいど、figmaなどなど毎日何かしらレビューするサイトです

リンク

フリーエリア

banner_04.gif  人気blogランキングへ sticker51.png

 

      

フリーエリア

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

パチモンキット 三国伝 「馬騰 (馬騰ガンダム)」



パチモンキット 三国伝 「馬騰 (馬騰ガンダム)」


RIMG1659_20130220225426.jpg
こないだワンフェスで、とあるディーラーさんから購入した「馬騰」の紹介です。





RIMG1660_20130220225427.jpg
パッケージ等、日本で発売しているSDガンダム「三国伝」シリーズとそっくりなんですが・・・
これはアジア圏内で流通しているパチモンキットです。

368とナンバリングされてますが、BB戦士の正式の番号だとNo.368は「ダブルオーガンダム セブンソード/G」にあたります。






RIMG1661_20130220225425.jpg
パッケージデザインはアニメ化前の「SDガンダム三国伝」シリーズを参考につくられています。
ロゴをよく見ると・・・「三国伝」ではなく「三国志」になってたり、名前に「ガンダム」の表記がなかったりと・・・ギリギリセーフ感を醸しだしてます。





RIMG1662_20130220225428.jpg
ランナーはこんな感じ。
パーツ数は思ったよりも多く、パーツ分けもそれなりにされてます。






RIMG1664_20130220225428.jpg
説明書
カラー部分はこんな感じ。キャラ説明の長文は・・・なんて書いてあるんでしょうね?





RIMG1666_20130220231438.jpg
ん?韓国等で配布されたキャンペーンキットの「天鎧装」の姿が!他にも初めて見る神器や旧デザインの「姜維ガンダムF91」のイラストなど・・・
やっぱり、アニメ化される前に作られたプラモデルなのかな?






RIMG1670_20130220231440.jpg
前回紹介した「孝霊皇帝 劉宏」とはパッケージデザインが異なります。
でも、イラストのタッチ等がそっくりなので、おそらくどちらも同じメーカー製。





RIMG1669_20130220231439.jpg
作り方は割と普通・・・日本のプラモデルとさほど変わりません。










では早速組み立ててみましょう!!



RIMG1765_20130220233046.jpg
素組。
目だけ付属のシールを使ってみました。





RIMG1763_20130220233046.jpg
目元が若干ツリ目で違和感があるんですが、鎧等は完全オリジナル。
思った以上にかっこよく仕上がってますね。






RIMG1767_20130220233045.jpg
後ろ姿。







RIMG1974.jpg
せっかくなので、しっかりと塗装してみました!!





RIMG1975_20130220233715.jpg
後ろ姿






RIMG1977_20130220233716.jpg
パッケージには「馬騰」と名前がついてるんですが、本家本元の三国伝だと馬騰は「ブルーディスティニー3号機」が演者として設定されています。
もちろん、この「馬騰」と「馬騰ブルーディスティニー3」とではまったくデザインが異なります。







RIMG1976_20130220233716.jpg
頭鎧。
兜ではなく劉備ガンダムのような前当タイプ。






RIMG1978_20130220233716.jpg
肩鎧
「馬超ブルーディスティニー」、「馬岱ガンダム」の鎧とそっくりなデザイン。本家三国伝との繋がりを意識して作られたキットだからかパチモンのくせに意外と凝っています。







RIMG1979_20130220235346.jpg
胸鎧。
そういえば、ブルーのボディにゴールドの鎧という色合も本家っぽくて良い感じですね。






RIMG1982_20130220235347.jpg
バックパック
この部分だけちょっと浮世離れしてる感じが・・・モールドもすっごくだるい感じ。謎です。







RIMG1980_20130220235347.jpg
各関節のボールジョイントは日本のバンダイのものとほぼ同じなんですが、ポリキャップの受け側とのサイズが若干あってないからか関節は全体的に緩め。
関節を太らせて補強しないとろくに遊べません。






RIMG1983_20130221000038.jpg
付属の武器






RIMG1984_20130221000031.jpg
剣というかブレードというか・・・・2本付属しています。








RIMG1986_20130221000032.jpg
しかし持たせて遊んでみたらこれが意外とかっこよくて・・・







RIMG1988_20130221000032.jpg
頭鎧の大きさとブレードのサイズで結構なボリュームがあるんじゃないかなーっと。








RIMG1990_20130221000033.jpg
胴体や顔を「馬超ブルーディスティニー」の物と取り替えて、ちょっと改造すれば更にキットとしての完成度を上げられそうな気がします。








RIMG1991_20130221000923.jpg
武器「双刀」







RIMG1992_20130221000923.jpg
連結パーツを使用して剣を合体!!
見た目はまさにツインレードですね。






RIMG1993_20130221000924.jpg
「鷹盾」





RIMG1994_20130221000925.jpg
名の通り鷹のマークが刻まれたシールド。
これは説明書に名前の表記がありました。






RIMG1995_20130221000925.jpg
鷹盾は手に持たせるのではなく腕甲パーツに直接取り付けるため・・・ちょっと正面で構えづらい。








RIMG1996_20130221001712.jpg
武器や鎧のデザインもちゃんと考えられていて見た目も格好いいし、更にボリューム感があって三国伝系パチモンキットの中ではかなり優秀な方。
むしろ、ここまでしっかりとしたものは珍しいです。







RIMG1997_20130221001712.jpg
鷹盾パワーアップ!!
肩鎧を一部取り付けることでサイズアップ!







RIMG2006_20130221001714.jpg
鷹盾の分割。





RIMG2000_20130221002307.jpg
「英雄剣」
ブレードと鷹盾の一部が合体して、新たな姿に!!








RIMG2001_20130221002306.jpg
こちらも説明書ではなく、なぜか箱絵の方に記載されてました。
他パーツは「武器は自由に組み替えて遊んでください」との事なので、







RIMG2003_20130221001713.jpg
肩パーツを腕につけてみたり・・・









RIMG2004_20130221002307.jpg
盾の一部を付けてみたりと、なにげに組み換えの自由度が高いですね。








RIMG1964_20130221012208.jpg
軽装タイプ姿。








RIMG1967_20130221012208.jpg
後ろ姿。







RIMG1965_20130221012244.jpg
やっぱり目がちょっと・・・。。
頭のマークはどことなく馬超に似てるかな。









RIMG1966_20130221012245.jpg
腕は劉備系?







RIMG1971_20130221012207.jpg
右手にはグーの握り手が付属してなく、代わりに角度がついた武器持ち手が付いています。







RIMG1973_20130221012246.jpg
足の裏のハンコ。
・・・・・??








RIMG2009_20130221012701.jpg
馬騰の鎧は本家の三国伝と同じ接続軸なので・・・他の武将にも取り付け可能です。
ためしに劉備ガンダムに装着してみました。








RIMG2008_20130221012701.jpg
馬岱 馬超 馬騰
この統一感・・・。






RIMG2010_20130221012702.jpg
馬超ブルーディスティニーに馬騰のパーツを装着!!




RIMG2011_20130221012702.jpg
馬騰に馬超ブルーディスティニーのパーツを装着!!
どちらもいい感じにマッチしてすね!





RIMG1857_20130221012703.jpg
なかなか目にすることはないんですが、機会があれば探して見てください。
これにてレビュー終了。


人気ブログランキングへ←←

Theme:模型・プラモデル・フィギュア製作日記
Genre:趣味・実用

comments(1)|trackback(0)|海外系トイ|2013-02-21_01:12|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
どこかで見た武器だな…と思ったらバーンガーンのフェニックスブレードだこれ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。