ブログランキング 現在の閲覧者数: 相撲ロボット製作部 G.F.F. ガンダムMk-Ⅱ(ティターンズ) / バーザム改 レビュー

相撲ロボット製作部

昔は無数に存在していた玩具レビューブログの生き残り。趣味で集めている国内の玩具やアメトイ、中国のパチモンなど一風変わったおもちゃも視野に入れて紹介しております。新旧問わず広い分野で世の中に情報を提供出来るように頑張ります。

最近のレビュー



中華トイ ヘビラジコン


 52TOYS MEGABOX エイリアン


AZONE  1/12若葉女子高校制服衣装set


ゲキタマン ゼータガンダム


デスクトップアーミー EJUバリスタ (クリアーブラック)


デスクトップアーミー BMPウィザード (クリアーブラック)


海洋堂 カプセルQ かぷせるフレンズ-Vol.1


フックトイ 閃光丸シュリケーン


フックトイ ギャオブラスター


光る!鳴る!ニワトリキーホルダー


ダイソー 光るコマ


ゲキタマン シャアザク


NECA タシット・ローニン


ランペイジ 巨獣大乱闘 ビッグシティブロウル リジー


HGBD モモカプル


ゲキタマン ガンダム 


HGAC リーオー


MIA ガンダム4号機


MIA ガンダム5号機


MIA ガンダム6号機


Gフレーム02 ガンダム6号機


ハロプラ ハロ ( グリーン レッド オレンジ )


ドライブヘッド 02MKIII マスターバックドラフト


セリア 変形組立 モンスターパズル


カプセルトイ THE 相撲ウォリアーズ


ホットウィール タンクネイター


ホットウィール ゾンボット


ブロッカーズ FIORE プリムラ


ブロッカーズFIORE プリムラ追加表情セット1


ブロッカーズFIOREプリムラ カスタム編


ハッピーセット スパイダーバギー


カプセルトイ フラッシュグレープボール


ジョークグッズ ビットコイン


ROBOT魂 ガーディアン・ブラーボ


ケナー ブルエイリアン (Bull Alien)


ケナー アタックス (ATAX)


ケナー パンサーエイリアン (Panther Alien)


フリーエリア

プロフィール

Sラングレン

Author:Sラングレン
ガンプラ、ねんどろいど、figmaなどなど毎日何かしらレビューするサイトです

リンク

フリーエリア

banner_04.gif  人気blogランキングへ sticker51.png

 

      

フリーエリア

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

G.F.F. ガンダムMk-Ⅱ(ティターンズ) / バーザム改 レビュー

RIMG0174_20140208031321bce.jpg
GUNDAM FIX FIGURATION #0012 「ガンダムMk-Ⅱ(ティターンズ) / バーザム改」の紹介です。
発売は2003年1月、価格は3,864円。 

RIMG0176_20140208031322680.jpg
後ろ姿





RIMG0178_20140208031323719.jpg
GUNDAM FIX FIGURATION(通称 G.F.F.)シリーズは、カトキハジメ氏プロデュースによるガンダムのフィギュアシリーズ。
MIAとは違い、細かいモールドやマーキング、美しいプロポーションを求めて仕上げられています。「METAL COMPOSITE」や「COMPOSITE Ver.Ka」の元祖に当たるシリーズですね。






RIMG0180_20140208031325961.jpg
バストアップ。
肩のマーキングは「03」。GFFガンダムMk-Ⅱはナンバリング違い(01、02,03)の3つが同時に発売されています。






RIMG0182_201402080313197a3.jpg
当時発売されていたMIAシリーズと比較するとかなり値段が上がってしまうんですが、その分の見た目は比べ物にならない程よく出来たクオリティ。
ティターンズカラーは少し濃い色合いで塗装されていますね。





RIMG0187_2014020803312472a.jpg
ボディ
各部のマーキングはタンポ印刷で再現。




RIMG0189_20140208033125d6a.jpg
脚部
主な素材はPVC樹脂。硬質ということで見た目も全体的にカッチリとした感じです。






RIMG0191_20140208033126e4d.jpg
バックパック。



RIMG0184_20140208033910f2c.jpg
G.F.F.はマイナーなMSが多く立体化された貴重なシリーズ。
見た目はかっこいいんですが、G.F.F.シリーズは関節の緩さと可動範囲の狭さ、パーツの取れやすさが大きな問題点。





RIMG0186_201402080339113a3.jpg
MIAよりも可動範囲が狭いのでアクションフィギュア感覚では遊べません。






RIMG0193_20140208035734d55.jpg
武装「頭部バルカンポッド」






RIMG0195_20140208035732370.jpg
ガンダムの頭部に内装されていたバルカン砲を、装弾数向上のためオプション化。銃口は左側に2門有し、右側はマガジンおよびバランサーとしての機能を有しています。
接続溝があるんですが、緩すぎて頭部に固定できません。ほぼ頭に乗せてるだけみたいな感じですね







RIMG0197_20140208040312340.jpg
サーベルラックにマウントされたサーベル基部は引き抜き可能。







RIMG0199_2014020804031398a.jpg
武器「ビームサーベル」







RIMG0201_2014020804031552b.jpg
サーベルラックに搭載されているサーベルの他に、ビーム刃が展開された物が別途に付属しています。






RIMG0203_201402080403118f6.jpg
ビームサーベル×2






RIMG0209_20140208040913884.jpg
武器「ビームライフル」、「シールド」






RIMG0218_20140208040916dba.jpg
Eパック方式を採用したビームライフル。
出力の変更が可能で、通常出力で7発、最大出力で3発の射撃が可能。





RIMG0217_20140208040914c5a.jpg
ちなみに「03」のマーキングが施されたガンダムMk-Ⅱは、カミーユ・ビダンが強奪し後にエゥーゴに渡り白く塗装される機体。





RIMG0220_20140208040917519.jpg
パーツを差し替えることでフォアグリップの展開が再現できます。






RIMG0222_2014020804091250b.jpg
エネルギーパックは取り外し可能。





RIMG0232_20140208041934323.jpg
ビームライフルはサイドアーマーのラッチにマウントすることができます。





RIMG0224_2014020804205466c.jpg
シールドは両腕に取り付け可能。
これもちょっと取れやすい・・・






RIMG0226_20140208042056137.jpg
パーツの付替えで伸縮ギミックが再現できます。
伸縮機能はGP01で試験採用された機能とされています。






RIMG0228_20140208042057062.jpg
シールド裏にはエネルギーパック。
もちろん取り外してビームライフルに装着することも可能。





RIMG0234_20140208042514f2c.jpg
武器「ハイパーバズーカ」






RIMG0238_20140208042516f50.jpg
通常弾と散弾の撃ち分けが可能なバズーカ。





RIMG0236_201402080425150aa.jpg
バズーカ用のハンドパーツには手首に角度が付いていて、ポージングしやすいような配慮がされてます。






RIMG0240_20140208042518077.jpg
バズーカ用のマガジンは取り外し。
こちらもサイドアーマーに取り付けることが可能。






RIMG0241_20140208042519ebd.jpg
バズーカの懸架。
リアアーマーのパーツをマウントラッチと差し替えることでバズーカを懸架することが出来ます。




RIMG0243_201402080430398a4.jpg
武器「グレネードランチャー」






RIMG0245_20140208043041bc2.jpg
こちらはバーザムを意識して装備された武装。
ビームライフルのエネルギーパック部分に付けることができます。







RIMG0249_20140208043042cf1.jpg
パーツの換装。
こちらは外装を付け変えることで、別のMSへ換装する事ができる「コンバーチブルモデル」となっています。












RIMG0115_20140208050609de9.jpg
バーザム改




RIMG0117_20140208050610fca.jpg
後ろ姿。




RIMG0119_201402080506120ea.jpg
バストアップ。






RIMG0121_20140208050611448.jpg
頭部。
バーザム特有のフォルム。イーグルがモチーフのアンテナブレードとモノアイが特徴的。






RIMG0123_2014020805061495e.jpg
モノアイはグリーンカラーなんですが、あんまり目立たない感じですね。






RIMG0129_20140208051032686.jpg
胴体はほとんどパーツを付け替え。胸部はMk-Ⅱよりもさらにゴツくなりました。
股間パーツは、銃口のように窪みがあるタイプです。





RIMG0131_201402080510327aa.jpg
バックパックはMk-Ⅱと同様。
リアアーマーはバーザム用パーツに付け替えます。





RIMG0127_20140208051034e51.jpg
脚部
太ももの外装と足の形状がMk-Ⅱとは異なります。足はまるごと差し替えでちゃんとヒール状の踵になってますね。





RIMG0133_201402080510352c2.jpg
バーザム改は「ガンダム・センチネル」に登場させる際に、リファインされた機体でZガンダムに登場したバーザムとは異なります。
バックパック、脚部胴体が一体になった独特なボディ構造は廃止され、完全にガンダムMk-Ⅱベースのデザインですね。



RIMG0135_2014020805170295f.jpg
G.F.F.で商品化する際、「バーザム(TV版)」との混乱を防ぐために「バーザム改」と名付けられたらしく、どうやら正式な名称ではないようです。
作品によって「カトキ版」「リファイン版」「センチネル版」「ver.Ka」「GFF版」「ペズン仕様」など呼び方は様々。





RIMG0137_20140208051704f41.jpg
武装「バルカンポッド」






RIMG0139_20140208051703f14.jpg
武装の方はすべてガンダムMk-Ⅱと同じなので・・・さくっと紹介します。








RIMG0141_20140208051706fdc.jpg
武器「ビームライフル」、「シールド」








RIMG0143_20140208051707985.jpg
外装を付け替えただけなので、可動範囲等の変更もありません。








RIMG0151_20140208053123ec9.jpg
サブグリップの展開。
思いのほかカッコイイ!ロボット魂ガンダムMk-ⅤやHGUCゼクアインと一緒に写真が撮りたくなりました。








RIMG0155_20140208053126fd6.jpg
武器「グレネードランチャー」






RIMG0159_201402080537192a8.jpg
Mk-IIのビームライフルにグレネードを取り付けた武器で、こちらはゼク・アインの装備にも似たような武装が存在しています。





RIMG0157_20140208053124ab3.jpg
センチネル版バーザムはティターンズ機ではなく「連邦軍教導団」の機体として登場。





RIMG0161_20140208053127c65.jpg
武器「ハイパーバズーカ」





RIMG0164_20140208053721675.jpg
バーザムの皮をかぶったガンダムMk-Ⅱ。
本機はガンダムMk-IIの性能を受け継ぎ、他の連邦軍MSオプションのほとんどを使用できる、互換性の高い高性能汎用量産機として活躍。





RIMG0166_2014020805372110d.jpg
こちらもMk-Ⅱ同様、リアアーマーにマウント可能。




RIMG0168_20140208054134a8f.jpg
武器「ビームサーベル」





RIMG0253_201402080541353ce.jpg
Mk-Ⅱヘッド。
パーツ換装ギミックを利用すれば組み換えてオリジナル機を作って遊ぶこともできます。





RIMG0247_201402080541367cf.jpg
バーザムヘッド。
ほぼ同じ造形のG.F.F.「スーパーガンダム / FAガンダムMk-Ⅱ」と組み合わせれば更なる強化も可能!





RIMG0170_20140208054132c67.jpg
これにて「G.F.F. ガンダムMk-Ⅱ(ティターンズ) / バーザム改 」レビュー終了です。



人気ブログランキングへ←←





関連


 
G.F.F. ガンダムMk-Ⅱ / バーザム改

 
ROBOT魂バーザム           ROBOT魂 バーザム改

 
AGP ガンダムMk-II(ティターンズ仕様)  AGP  ガンダムMk-II(ティターンズ仕様)オプションセット


ガシャポン戦士NEXTプレミア02


HGUC バーザム

Theme:ホビー・おもちゃ
Genre:趣味・実用

comments(0)|trackback(0)|その他|2014-02-08_19:30|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント