ブログランキング 現在の閲覧者数: 相撲ロボット製作部(更新停止) MOBILE SUIT IN ACTION!! MIA  ザクレロ (海外版) レビュー
FC2ブログ

相撲ロボット製作部(更新停止)

こちらのブログは更新停止しました。新ブログ「おもちゃの巣」の方でよろしくおねがいします。

最近のレビュー



PLUM ハムマン改


シルフィーあみあみイメージカラーVer.


B-321f 轟雷リミテッドモデル(シルフィーカラー)


SDガンダム クロスシルエット ガンダム


DXS08 ブラックシンカリオン


ポケモンキット フシギバナ


セリア 変形ロボットカー


ゾイドワイルド  ガノンタス・アペシュ


ゾイドワイルド ガブリゲーター・セベク


マテル インドラプトル


ホットウィール シャークバイト(レッド)


ゲキタマン ゴッドガンダム


マテル  ディープ-ダイブ・サブマリン


ホットウィール モササウルス


カプセルトイ 最強生物ミニパペット


ホットウィール  コマンダー・クロコ


ホットウィール  シャークルーザー


ゾイドワイルド ガノンタス


ゾイドワイルド ガブリゲーター


コトブキヤ 黒のライダー


マテル ブルー&オーウェン


マテル 大暴れ!T-レックス


マテル モササウルス


アニア モササウルス


アニア インドラプトル


改造 FAG 迅雷型 [ドミネイト]


ホットウィール シャークバイト


タカラ 新!仮装大賞パネル


北海道限定アニバトロン クマタイプ


ゲキタマン ウイングガンダムゼロカスタム


ゲキタマン ニューガンダム


奇譚クラブ パクパク走る!恐竜の化石


シャイング ベンザオオクワガタ


カプセルトイ つぶつぶカエル


中華トイ ヘビラジコン


 52TOYS MEGABOX エイリアン


AZONE  1/12若葉女子高校制服衣装set


ゲキタマン ゼータガンダム


デスクトップアーミー EJUバリスタ (クリアーブラック)



フリーエリア

プロフィール

Sラングレン(抜け殻)

Author:Sラングレン(抜け殻)
ガンプラ、ねんどろいど、figmaなどなど毎日何かしらレビューするサイトです

リンク

フリーエリア

banner_04.gif  人気blogランキングへ sticker51.png

 

      

フリーエリア

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

MOBILE SUIT IN ACTION!! MIA  ザクレロ (海外版) レビュー

RIMG0332_2014041023175804b.jpg
MIA モビルスーツ イン アクション 「ザクレロ」の紹介です。
海外版パッケージの方を見かけたので購入してみました。





RIMG0334_20140410231650d42.jpg
海外版の事情はよくわかりませんが、国内版は2002年2月に発売。価格は3980円。
国内版と海外版の大きな違いとして、ザクレロに付属しているもうひとつのMIA「ゲルググ」の仕様が異なります。






RIMG0345_2014041023165174d.jpg
ザクレロ
ジオン公国の宇宙戦用試作型MA。





RIMG0346_201404102316535bb.jpg
黄色いボディーカラーと個性的なフォルム、そしてこの大きな顔!!
ジオン軍のMAの中でも異彩を放っているザクレロですが・・・今でも立体物が少ないため、MIAは貴重な完成品アクションフィギュアとなっています!




RIMG0345_2014041023165174d.jpg
MIA大型アイテムとして発売されたMAシリーズ!!しかし、その大きさと価格ゆえに当時はそれほど売れず、デパートなどのおもちゃ売り場で埃をかぶってる姿を見かけたりしたんですが・・・
ロボット魂などのアクションフィギュアが充実するに連れてだんだんとMIAMAシリーズの需要も増え、今ではプレ値で売り場に並んでる事もしばしば。




RIMG0347_2014041100355553e.jpg
後ろ姿。






RIMG0374_201404110037263d9.jpg
通常サイズのMIAと比較するとこのサイズ。見ての通りかなりの大きさです!
ザクレロは公式設定で「サイズ不明、データに残ってない、ビグロと比べると小型」など曖昧に書かれているため・・・MIAのスケールサイズと合ってるかどうかは謎です。





RIMG0342_20140411004307804.jpg
複眼式のメインカメラ。
頭にはジオンのエンブレムがプリントされています。アニメ絵よりもだいぶスタイルがいいですよね。






RIMG0341_20140411004310e0b.jpg
肩には特徴的なエンブレムマーク。
パイロットである「デミトリー」のパーソナルエンブレム。なんだかおしゃれな感じのマークですが、デミトリーはザクレロ並に不細工!






RIMG0348_201404110043068a5.jpg
両サイドの大型バーニアユニット






RIMG0350_20140411011157120.jpg
ブースターが多数取り付けられてるんですが、なんとすべてボールジョイント接続でグリグリと動かすことができます






RIMG0349_201404110111551cd.jpg
本体には所々に「汚し塗装」が施されています。
海外版と国内版では塗装や成型色が違う場合がよくあるんですが・・・ザクレロに関してはさほど違いがないように見えます







RIMG0340_20140411004308228.jpg
武器「ヒート・ナタ」
ヒート・ホークの技術を応用したメイン武装。





RIMG0353_2014041101101444e.jpg
巨大なナタをプロレスで言うラリアットの要領で敵機を叩き切る!!
一見馬鹿げて見えるけど・・・スピードと機動性を生かした物理攻撃は計り知れない!!






RIMG0355_2014041100563670b.jpg
ガシャン!!
アニメではガンタンクがナタの餌食に・・・





RIMG0356_20140411005638c00.jpg
動かせるのは腕のみ。
肩、腕のロール、ナタ部分が上下に可動します。






RIMG0343_2014041101160271b.jpg
機体側部に装備された「4連装ミサイルランチャー」







RIMG0344_20140411011601dcf.jpg
ザクレロはビグロやグラブロに先駆けて開発された宇宙戦用MAなんですが、一体何機製造され、何機実戦投入されたのかは謎とされています。
作品やメカデザイナーさん、はたまた登場するゲームによって大きくデザインが変わったりしますよね。








RIMG0362_20140411012635a6a.jpg
「拡散ビーム砲」
機体中央の何故か口の中に装備された拡散メガ粒子砲。口内部のメカニック部分もしっかりと再現されています。







RIMG0363_20140411012914c5f.jpg
ザクレロの裏面







RIMG0364_20140411012916a04.jpg
なんと電池ボックスが!!!
単四電池を2本入れ、早速電源をオンに!





RIMG0365_20140411012915dc3.jpg
頭部の赤い部分が実はスイッチになっていて、押すと。








RIMG0367_2014041101350195b.jpg
メガ粒子砲発射!!!
光るだけではなく、劇中の発射音もなるという「サウンドギミック付き!」






RIMG0378_201404110135038ae.jpg
光量はしょぼいんですが・・・面白いギミックですよね。
実に玩具らしい。






RIMG0379_20140411014126fa2.jpg
パーツの分割。
サイドのブースター部分だけ外せます。







RIMG0376_20140411014127cc6.jpg
たべちゃうぞー!!
メインであるザクレロはこんな感じで。






そうそう、忘れてはいけない付属MS。








RIMG0382_2014041323270016b.jpg
MIA ゲルググキャノン
海外版ザクレロに付属しているのがこの一風変わったカラーリングのゲルググキャノン。







RIMG0384_20140413232701586.jpg
後ろ姿。






RIMG0385_20140413232703a50.jpg
キマイラ隊「トーマス・クルツ少尉」専用カラー。
なんと通常カラーではなくMSVに登場する専用機!海外版なのにだいぶマニアックなチョイスですね。






RIMG0386_2014041323270473b.jpg
頭部
トサカの部分は通常のゲルググと形状が異なります。MIAのファーストシリーズなんですがしっかりと専用機として差別化されてるところがいいですね。






RIMG0388_20140413232659fbb.jpg
胴体。
腰がロールします。可動範囲は初期のザクやグフよりもだいぶ進化しているので、問題なし。







RIMG0390_2014041400064748c.jpg
「58」というナンバリングは、「トーマス・クルツ機」の識別番号。
脚のスペードマークはエース部隊の証で「エース オブ スペード」と呼ばれています。







RIMG0391_20140414000648b19.jpg
バックパック。
スラスター部分が上下に可動。





RIMG0392_20140414000650d56.jpg
リアブースター。
こちらもしっかりと再現されています。各箇所の塗装もかなり綺麗に仕上がってますね。






RIMG0395_20140414000646237.jpg
武装「3連装ミサイルランチャー」






RIMG0398_20140414001153c1a.jpg
ゲルググキャノンは2001年4月に日本でも単体パッケージ版として発売しています。
海外版にはビームナギナタとハンドパーツが付属してないのでちょっと残念。。




RIMG0396_20140414001152ce7.jpg
ちなみに、国内版ザクレロにはトーマス・クルツ機ではなく「ジョニーライデン専用高機動型ゲルググ」が付属。
ここが海外版ザクレロと国内版ザクレロの大きな違いですね。






RIMG0400_20140414001151f3f.jpg
武装「ビームキャノン」
砲身が上下に可動します。




RIMG0401_201404140025425e9.jpg
ゲルググキャノンは背部にアタッチメント式の「ビームキャノンパック」を装備し、頭部も専用の照準器を追加した新設計の物に換装されています。
ビームキャノンの威力は高かったが、それにより出力を推力に回せなくなってしまったため、機動力が若干低下している。





RIMG0402_20140414002543ad0.jpg
終戦までに122機分のバックパックが生産されていたが、実戦に投入されたのはキマイラ隊に支給されていたものをはじめとする僅か15機のみ・・・。
ちなみにキマイラ隊のエースパイロット「ジョニー・ライデン」、「トーマス・クルツ」、「ジェラルド・サカイ」は消息不明となっています。








RIMG0403_201404140039415dd.jpg
ザクレロと一緒に。
ア・バオア・クー宙域で遭遇したのかな。






RIMG0407_20140414003943553.jpg
ザクレロ側面にはグリップがあり・・・







RIMG0409_20140414003945162.jpg
MSを牽引することができます。







RIMG0408_20140414003944227.jpg
牽引してる姿は、なんだかちょっと可愛らしい。









RIMG0380_20140414004734a9e.jpg
ザクレロと言ったらSDガンダム作品!
ジークジオンや千成頑駄無などよくモチーフにされますね!SDではかなり優遇された存在!!







RIMG0369_20140414004737b3d.jpg
バーザムとザクレロ
なんか・・・いいよね。






RIMG0381_20140414004736e10.jpg
ザクレロ!
夢の合体MS!!






RIMG0371_2014041400531902f.jpg
マミさーん!!






RIMG0372_20140414005321ae5.jpg
高機動型マミさん
もう何も怖くない。




RIMG0411_201404140039475ae.jpg
これにて「MIA ザクレロ (海外版)」レビュー終了です。



人気ブログランキングへ←←









関連

 
MIA ガンダム                    MIAザクⅡ

 
MIAシャア専用ザクⅡ              MIAグフ


MIAドム



MIA ザクレロ (海外版)

Theme:ホビー・おもちゃ
Genre:趣味・実用

comments(0)|trackback(0)|MIA|2014-04-15_22:20|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。