ブログランキング 現在の閲覧者数: 相撲ロボット製作部(更新停止) HGCC ターンエーガンダム レビュー
FC2ブログ

相撲ロボット製作部(更新停止)

こちらのブログは更新停止しました。新ブログ「おもちゃの巣」の方でよろしくおねがいします。

最近のレビュー



PLUM ハムマン改


シルフィーあみあみイメージカラーVer.


B-321f 轟雷リミテッドモデル(シルフィーカラー)


SDガンダム クロスシルエット ガンダム


DXS08 ブラックシンカリオン


ポケモンキット フシギバナ


セリア 変形ロボットカー


ゾイドワイルド  ガノンタス・アペシュ


ゾイドワイルド ガブリゲーター・セベク


マテル インドラプトル


ホットウィール シャークバイト(レッド)


ゲキタマン ゴッドガンダム


マテル  ディープ-ダイブ・サブマリン


ホットウィール モササウルス


カプセルトイ 最強生物ミニパペット


ホットウィール  コマンダー・クロコ


ホットウィール  シャークルーザー


ゾイドワイルド ガノンタス


ゾイドワイルド ガブリゲーター


コトブキヤ 黒のライダー


マテル ブルー&オーウェン


マテル 大暴れ!T-レックス


マテル モササウルス


アニア モササウルス


アニア インドラプトル


改造 FAG 迅雷型 [ドミネイト]


ホットウィール シャークバイト


タカラ 新!仮装大賞パネル


北海道限定アニバトロン クマタイプ


ゲキタマン ウイングガンダムゼロカスタム


ゲキタマン ニューガンダム


奇譚クラブ パクパク走る!恐竜の化石


シャイング ベンザオオクワガタ


カプセルトイ つぶつぶカエル


中華トイ ヘビラジコン


 52TOYS MEGABOX エイリアン


AZONE  1/12若葉女子高校制服衣装set


ゲキタマン ゼータガンダム


デスクトップアーミー EJUバリスタ (クリアーブラック)



フリーエリア

プロフィール

Sラングレン(抜け殻)

Author:Sラングレン(抜け殻)
ガンプラ、ねんどろいど、figmaなどなど毎日何かしらレビューするサイトです

リンク

フリーエリア

banner_04.gif  人気blogランキングへ sticker51.png

 

      

フリーエリア

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

HGCC ターンエーガンダム レビュー

RIMG0611_20140415222833af2.jpg
HGCC「ターンエーガンダム」の紹介です。
価格 1,512円




RIMG0612_20140415222829ac5.jpg
後ろ姿。





RIMG0615_20140415222833886.jpg
「∀ガンダム」より、ロラン・セアックが搭乗した主人公機「ターンエーガンダム」がHG最新フォーマットで立体化。
「HGオールガンダムプロジェクト」の一環で各作品から主人公機のキット化が進行していましたが、いよいよ今回で事前に発表されてた分の発売は最後となります。






RIMG0616_2014041522283212a.jpg
HGACウイングガンダム以降から採用された新しいポリキャップは今回は使用されておらず、ターンエーガンダムはAGE系キットに近い作りとなっています。
最近発売したキットやビルドファイターズ系キットとは一部パーツの相互性が失われていますが、出来に関しては問題なし!






RIMG0620_20140415231523ad0.jpg
頭部
ガンダムでは異例の丸顔!額の文字は塗装しました。メインカメラのみ付属のシールを使用。







RIMG0617_20140415222826b36.jpg
そして立派な「ヒゲ」
ターンエーのヒゲは安全基準のため尖った状態ではないので、ニッパーやデザインナイフ等で整える必要があります。





RIMG0622_201404152331195e1.jpg
シド・ミード氏デザインの独特なプロポーション、フォルムを見事再現!
モールドも設定通りで見た目はホント完璧です!(ロボット魂よりも見栄えがいいかな)






RIMG0623_201404152331193c8.jpg
パーツ分けもしっかりされているので、塗装箇所が少なくスミ入れ程度で比較的簡単に仕上がります。
一応、メリハリをつけるため肩アーマーのパーツ裏やサイドアーマの裏側まで塗装しました。






RIMG0625_2014041523311601b.jpg
胸部
ターンエーガンダムの動力源「DHGCP」は、「縮退炉を2基搭載したもの」と説明されており・・・他の多くのMSで浸透している熱核反応炉ではない事が判明しています。






RIMG0626_2014041523425652a.jpg
コクピット部分
キャノピーはクリアパーツが使用されています。コクピットの中に座るロランまで造形されてるところに驚きです!







RIMG0627_20140415234255f70.jpg

流線形の美しいライン。過去に1/144キットが発売されていますが、比べ物にならないほど綺麗です。







RIMG0628_201404152342541bf.jpg
足の後ろ側。
脚部裏の「スラスターベーン」は足の動きと連動して可動します。








RIMG0630_20140415235031f24.jpg
脚には膝、足首の他に脛中央部、つま先まで可動するちょっと変わった作りになっています。
全体的な可動に関しては「HGBFビルドストライクガンダム」を基準にするとやや動かしにくく、MSデザイン的に動かせる範囲が制限されてる気がします。







RIMG0631_20140415235032be7.jpg
股関節の軸が短めで、ちょっと足が外れやすいところが難点かな。
それと、肩のアーマーがカバーのように覆い被さっれる造形なので腕もあまり上がらない感じ。







RIMG0634_201404152350347d8.jpg
専用のハンドパーツ。
平手には指一本まで細密なディテールがあります。







RIMG0632_201404152350337e6.jpg
走るターンエーガンダム!
劇中では空を飛ぶよりも地面を走るシーンが印象的!






RIMG0637_201404160007584dc.jpg
頭が取れちゃうターンエーガンダム
ガンダムらしからぬコミカルな動きとギャグシーンが結構多いんですが、いざ戦闘になると勇ましく見えるところがターンエーの魅力。さすが、動きで魅せるデザイン!








RIMG0636_20140416000757b08.jpg
手刀!
武器を使わない肉弾戦でも性能を発揮!手刀パーツまでは付属してませんが、平手はターンエーガンダムにとって必要不可欠!







RIMG0640_20140416004918331.jpg
武器「ビームサーベル」




RIMG0643_20140416004919244.jpg
接近戦用の斬撃兵器。
先端から高圧のビーム刃を発生させ対象を溶断する。ビームの出力調整も可能です。






RIMG0639_20140416004917213.jpg
ビームサーベルは背中ではなく、肩後部にマウントされています。







RIMG0641_20140416004915723.jpg
「そんなわからず屋は、斬ります!!」
イングレッサ領ビシニティ北部のマウンテンサイクル(アーク山)から発掘されたMSでディアナカウンターのウォドム襲撃に反応して起動。
アニメでは「機械人形」、「ホワイトドール」、「白ヒゲ」、「ヒゲのMS」など様々な名前で呼ばれていますが、唯一コレン・ナンダーだけこの機体を「ガンダム」と呼称しています。







RIMG0646_20140416010136105.jpg
サーベル刃は通常のHGUCシリーズに付属するものと同じでした。
ターンA特有の細いビーム刃じゃないところがちょっと残念です。







RIMG0647_20140416010138609.jpg
2刀流
もちろんビーム刃は2つ付属。ロランは2刀流を結構多用してますね。







RIMG0648_20140416010138cc9.jpg
サーベルを束ねて出力アップ!!









RIMG0649_2014041601163380f.jpg
武器「ビームライフル」
∀ガンダムの主兵装。







RIMG0650_20140416011632036.jpg
共振粒子砲(リフェーザー砲)。金属粒子を固有振動によって収束させ、発射する。
劇中では、他のガンダムシリーズの常識からは考えられないほどの高威力を有しており、大気圏内や水辺で使用しても射程や威力の減退が見られない。








RIMG0651_20140416011635bae.jpg
ライフルの赤い部分は全てシールでの色分けとなっています。グリップ部分は内部に収納可能。
この程度なら、塗装も簡単なので助かりますね。








RIMG0652_20140416011630cbb.jpg
ライフル上部のグリップ部分をもたせる事も可能。
OPのポージングもちゃんと取れますね!








RIMG0653_2014041601264280c.jpg
高出力モード
後部を専用のパーツに差し替えることで再現することができます。







RIMG0657_20140416012641bda.jpg
高出力モードは、やっぱり第1話の射撃シーンが印象的。
最大出力で発射する際には銃床部分をスライドさせて使用。モード変換は機体本体とのデータリンクにより、内蔵デバイスが自動的にモードを判断して実行する。








RIMG0659_20140416013057e97.jpg
ビームライフルのマウント
付属のアタッチメントを使用して肩後部に取り付けることができます。








RIMG0660_201404160132268bd.jpg
武装「シールド」
本体と同じ素材で作られた防御用装備。先端の尖った楕円状で身を隠すこともできる。








RIMG0662_201404160132277d9.jpg
ビーム兵器から実体弾までそれなりに有効だが、最終的には「月光蝶」が存在しているため、強度はそれほど高くない。
シールドは完璧に色分けされています。







RIMG0663_201404160132252bd.jpg
シールド裏。
グリップ部分はモールドとして処理されているため、グリップを掴むことができません。






RIMG0664_2014041601395695a.jpg
ナーナーナーナナーナーナーナーナーナーナー センチュリーカラー






ナーナーナーナナーナーナーナーナーナ ミリオンカラー

RIMG0667_201404160139583e3.jpg
ダッシュ!!!







RIMG0668_20140416013959a77.jpg
シールドのマウント
サーベル同様、付属のアタッチメントを使用して肩後部に取り付けることができます。








RIMG0669_2014041601421162b.jpg
「ナノマシン散布用ベーン」
背部装甲の差し替えで再現。







RIMG0671_201404160142139ec.jpg
月光蝶発動の際にナノマシンを散布する放出口。Iフィールドジェネレーターの主機もここに内蔵されています。
プレミアムバンダイから受注発売される「月光蝶エフェクト」は、背部装甲の差し替えを利用して取り付けるのかな?









RIMG0672_201404160148028a7.jpg
「胸部マルチパーパスサイロ / 腹部ビームキャノン」
胸部装甲の差し替えで再現。





RIMG0674_2014041601480478b.jpg
胸部構造はマルチパーパスサイロと呼ばれるペイロードとして設計されており、戦術ごとに内装するデバイスを換装することが可能。
腹部ビームキャノンはデフォルト装備ですが、原則的にはこのユニットも換装することができます。







RIMG0675_20140416014805330.jpg
「全員へ。核を使います!」
MGターンエーガンダムでは内部のパーツ換装ギミックまでしっかりと再現されていて、付属の「ミサイル」や「牛」を収納することができます。








RIMG0676_20140416225137e91.jpg
コア・ファイター
緊急時には脱出ブロックを兼ねた小型航空機。大気圏内ではマイクロノズルの高圧ジェット噴射と、翼の揚力で飛行する。






RIMG0677_20140416225134979.jpg
全2パーツ構成のおまけ的な感じです。
付属シールもなく白一色なので塗装必須。






RIMG0678_20140416225136edf.jpg
裏側はこんな感じ。
バンダイプラモデルアクションベース2に対応した差し込み用の溝があります。










RIMG0680_201404162303149c4.jpg
HGCCと1/144キットの比較
1/144キットは放送当時に発売されていた物です。サイズはだいたい同じくらですが、成型色がだいぶ違いますね。







RIMG0683_20140416230313f40.jpg
後ろ姿。
スラスターベーンの色分けは旧キットの方でもよく再現されています。当時はこれで十分満足してたんですけどね・・・






RIMG0681_201404162303151bc.jpg
実は顔も結構不細工・・・・。
でも500円キットで、ライフル、サーベル、シールド、マルチパーパスサイロ開放パーツが付いてるのを考えれば十分過ぎるクオリティかな。







RIMG0687_20140416231716a5e.jpg
ついでに1/144ハリースモーと一緒に。
並べても違和感なし!






RIMG0691_20140416231718b68.jpg
フラットやカプルといった一風変わったMSも発売しているので、この際1/144キットを作って新しいターンエーと絡めて遊んでみても面白いかもしれませんね!


















おまけ。





RIMG0693_20140416232214332.jpg
武器「ハンマー」
マウンテンサイクルから出土した武器。





RIMG0694_201404162322163fb.jpg
「HGUCガンダム30th」に付属しているハンマーをそのまま持たせてみました。
劇中ではブースト機能が搭載されてるので、ガンダムハンマーではなくゴッグに使用したハイパーハンマーとされています。








RIMG0695_20140416232216a08.jpg
野蛮な武器!
雰囲気だけでも楽しめるかな?





RIMG0697_2014041623275586f.jpg
ターンエーの風が吹いた。

これにて「HGCC ターンエーガンダム」レビュー終了です。




人気ブログランキングへ←←











関連


 
HGUC ガンダムF91               HGAC ウィングガンダム 


HGCC ターンエーガンダム

Theme:ホビー・おもちゃ
Genre:趣味・実用

comments(0)|trackback(0)|ガンプラ|2014-04-17_21:57|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。