ブログランキング 現在の閲覧者数: 相撲ロボット製作部(更新停止) 1/144 モビルフラット レビュー
FC2ブログ

相撲ロボット製作部(更新停止)

こちらのブログは更新停止しました。新ブログ「おもちゃの巣」の方でよろしくおねがいします。

最近のレビュー



PLUM ハムマン改


シルフィーあみあみイメージカラーVer.


B-321f 轟雷リミテッドモデル(シルフィーカラー)


SDガンダム クロスシルエット ガンダム


DXS08 ブラックシンカリオン


ポケモンキット フシギバナ


セリア 変形ロボットカー


ゾイドワイルド  ガノンタス・アペシュ


ゾイドワイルド ガブリゲーター・セベク


マテル インドラプトル


ホットウィール シャークバイト(レッド)


ゲキタマン ゴッドガンダム


マテル  ディープ-ダイブ・サブマリン


ホットウィール モササウルス


カプセルトイ 最強生物ミニパペット


ホットウィール  コマンダー・クロコ


ホットウィール  シャークルーザー


ゾイドワイルド ガノンタス


ゾイドワイルド ガブリゲーター


コトブキヤ 黒のライダー


マテル ブルー&オーウェン


マテル 大暴れ!T-レックス


マテル モササウルス


アニア モササウルス


アニア インドラプトル


改造 FAG 迅雷型 [ドミネイト]


ホットウィール シャークバイト


タカラ 新!仮装大賞パネル


北海道限定アニバトロン クマタイプ


ゲキタマン ウイングガンダムゼロカスタム


ゲキタマン ニューガンダム


奇譚クラブ パクパク走る!恐竜の化石


シャイング ベンザオオクワガタ


カプセルトイ つぶつぶカエル


中華トイ ヘビラジコン


 52TOYS MEGABOX エイリアン


AZONE  1/12若葉女子高校制服衣装set


ゲキタマン ゼータガンダム


デスクトップアーミー EJUバリスタ (クリアーブラック)



フリーエリア

プロフィール

Sラングレン(抜け殻)

Author:Sラングレン(抜け殻)
ガンプラ、ねんどろいど、figmaなどなど毎日何かしらレビューするサイトです

リンク

フリーエリア

banner_04.gif  人気blogランキングへ sticker51.png

 

      

フリーエリア

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

1/144 モビルフラット レビュー

RIMG0156_2014050600343823d.jpg
1/144 モビルフラットの紹介です。
価格は500円




RIMG0157_2014050600343564d.jpg
後ろ姿。







RIMG0158_2014050600343641d.jpg
ターンエーガンダム放送当時の1999年に発売されていた簡易キット。
「HGCCターンエーガンダム」発売と共に再販されたので制作してみました。








RIMG0160_20140506004010816.jpg
バストアップ
3ランナー+ポリキャップと非常に簡単な作りのキットなので、30分もしないうちに組みあがります。カメラ部分、手足の関節の塗装とスミ入れを施して完成!








RIMG0165_20140506004014661.jpg
ターンエーガンダムやスモーよりも独特なこの外見!!
「スパイン」と呼ばれる背骨、細身でフレームのようなボディが特徴的ですね。







RIMG0162_20140506004011354.jpg
ヘッドユニット
首はポリキャップで上下左右可動。






RIMG0164_20140506004012625.jpg
ボディ
下半身と上半身を繋ぐ腰の部分のパーツがだいぶ細く薄いので破損には要注意!デザイン上ちゃんと強度を考えたキット化は難しそう。






RIMG0167_20140506004009ba0.jpg
アームユニット。
この時代の簡易キットはポリキャップ化されたハンドパーツが良く使用されてるんですが、さすがにプラ製で新規造形のものが使われています。





RIMG0169_201405060106159a1.jpg
だいぶヘンテコな形をしていますが腕は90度可動。
手首はボールジョイントになっています。





RIMG0171_20140506010617e6b.jpg
レッグユニット
簡易キットながらもシド・ミード氏のデザインが上手く再現されていてディテールしっかりと作りこまれていますね。







RIMG0179_2014050601061445e.jpg
足裏のかかと部分。
ハイヒール状になっていることから、ミリシャ側からはそのまま「ハイヒール」と呼ばれています。








RIMG0172_20140506010619e70.jpg
フラットはディアナ・カウンターの大気圏突入能力を持つ可変MS。
おそらく当時発売していた1/144ターンエー系の中では一番可動範囲が広いキットかもしれませんね。







RIMG0174_20140506010613725.jpg
名称は「Flexible Ladder Actuater Technology(柔軟な梯子状の駆動装置技術)」の頭文字をとり「FLAT(フラット)」と呼称される様になったとされている。
機体は「スパインシステム」と呼ばれる独特のフレームで構成され、その名の通り背骨を中心にして胴体や手足が接続されている。





RIMG0178_201405060112438e8.jpg
ソニックブラスト!!
表層に張り巡らされたマイクロマシンの鱗状の振動素子を作動させることにより、低周波を発生させる事が出来る。
装甲全体に極超音速を超える振動を発生させ、「ソニック・シールド」として運用する事も可能。






RIMG0183_20140506011532ffa.jpg
付属武器「ボックスビームライフル」





RIMG0185_20140506011533a31.jpg
唯一の付属武器。
可変式の武器でアニメではボックスバズーカ、ボックスミサイルランチャーなど多数の武装バリエーションがあります。






RIMG0187_2014050601153040c.jpg
銃の持ち手は残念ながら右手のみ。







RIMG0196_201405060136065ed.jpg
降下形態





RIMG0198_20140506013602377.jpg
ロラン・セアック達が月から地球へと帰還する際に使用した形態。
変形させる際はかかとパーツを外す必要がありますが、折りたたみのギミックはキットでも上手く再現さています。





RIMG0200_2014050601360332b.jpg
ちなみにフラットとは「平べったい」という意味合いもあるらしい。






RIMG0202_201405060136046da.jpg
劇中では降下用可変MSとして使用されているが、機体単体での航宙能力は持っていない。
そのため大気圏突入の際には専用のキャリアで輸送される。






RIMG0189_20140506014603840.jpg
HGCCターンエーガンダムと一緒に。




RIMG0192_20140506014605a8e.jpg
サイズ比が同じ1/144なので並べてもまったくもって違和感なし。
ロボット魂等のフィギュアでもフラットは発売してないので、並べて遊ぶには結構貴重なキットだと思います。





RIMG0191_201405060146044b9.jpg
ミリシャ側で使用された赤いフラット「ハイヒール」や偽ターンエーとして大暴れした「ヒゲ付きフラット」、さらにターンエーのコアファイターを接続したフラットなど劇中では様々な姿で登場します。
このキットの改造次第おそらく、全部再現できると思うので試してみても面白いかもしれませんね!






RIMG0194_20140506014607942.jpg
これにて「1/144 モビルフラット」レビュー終了です


人気ブログランキングへ←←







関連

 
HGCC ターンエーガンダム            1/144 ゴールドスモー

 
MIA ∀ガンダム                  1/144 モビルカプル


1/144 モビルフラット

Theme:ホビー・おもちゃ
Genre:趣味・実用

comments(0)|trackback(0)|ガンプラ|2014-05-12_22:20|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。