ブログランキング 現在の閲覧者数: 相撲ロボット製作部(更新停止) マジンボーン BFドラゴンボーン  レビュー
FC2ブログ

相撲ロボット製作部(更新停止)

こちらのブログは更新停止しました。新ブログ「おもちゃの巣」の方でよろしくおねがいします。

最近のレビュー



PLUM ハムマン改


シルフィーあみあみイメージカラーVer.


B-321f 轟雷リミテッドモデル(シルフィーカラー)


SDガンダム クロスシルエット ガンダム


DXS08 ブラックシンカリオン


ポケモンキット フシギバナ


セリア 変形ロボットカー


ゾイドワイルド  ガノンタス・アペシュ


ゾイドワイルド ガブリゲーター・セベク


マテル インドラプトル


ホットウィール シャークバイト(レッド)


ゲキタマン ゴッドガンダム


マテル  ディープ-ダイブ・サブマリン


ホットウィール モササウルス


カプセルトイ 最強生物ミニパペット


ホットウィール  コマンダー・クロコ


ホットウィール  シャークルーザー


ゾイドワイルド ガノンタス


ゾイドワイルド ガブリゲーター


コトブキヤ 黒のライダー


マテル ブルー&オーウェン


マテル 大暴れ!T-レックス


マテル モササウルス


アニア モササウルス


アニア インドラプトル


改造 FAG 迅雷型 [ドミネイト]


ホットウィール シャークバイト


タカラ 新!仮装大賞パネル


北海道限定アニバトロン クマタイプ


ゲキタマン ウイングガンダムゼロカスタム


ゲキタマン ニューガンダム


奇譚クラブ パクパク走る!恐竜の化石


シャイング ベンザオオクワガタ


カプセルトイ つぶつぶカエル


中華トイ ヘビラジコン


 52TOYS MEGABOX エイリアン


AZONE  1/12若葉女子高校制服衣装set


ゲキタマン ゼータガンダム


デスクトップアーミー EJUバリスタ (クリアーブラック)



フリーエリア

プロフィール

Sラングレン(抜け殻)

Author:Sラングレン(抜け殻)
ガンプラ、ねんどろいど、figmaなどなど毎日何かしらレビューするサイトです

リンク

フリーエリア

banner_04.gif  人気blogランキングへ sticker51.png

 

      

フリーエリア

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

マジンボーン BFドラゴンボーン  レビュー

RIMG1721_201405311236555b9.jpg
バンダイ マジンボーン マジンボーン01 「BFドラゴンボーン 」の紹介です。
放送中のアニメ「マジンボーン」からプラモデルシリーズが新発売!価格は1000円。



RIMG1673_201405310303124db.jpg
ドラゴンボーン





RIMG1674_20140531030314240.jpg
後ろ姿。









RIMG1665_20140531030401da4.jpg
マジンボーンシリーズは子供向けの簡易なプラモデルキットで、手でもパーツがもぎ取れる「タッチゲート方式」となっています
とりあえず、そのまま組んで付属のシールを貼るとこんな感じ。







RIMG1675_20140531030400dc4.jpg
ガンプラやダンボール戦機のキットより簡単で組みやすい反面、パーツ数が少ないため、色分けはほとんどシールでの処理となっています。
難易度的には、[ HGUC>ダンボール戦機 >マジンボーン>ポケプラ >妖怪ウォッチ ] な感じかな。









RIMG1676_201405310303583ec.jpg
プラモデルなのにスリムでアクションフィギュアに負けないほどのスタイルの良さ。
同じくバンダイのプラモシリーズ「Figure-rise 6」に似てるような気もするんですが、作りは完全に別物。








RIMG1677_20140531032143184.jpg
可動範囲。
首、肩、肘、腰のスイング、前後の反り、股、膝、足首とかなり可動箇所が多く設けられており、劇中でのポージングが再現可能。








RIMG1678_20140531032146089.jpg
ハイキックもできる!
足首に関節があるおかげで接地もよく、ほぼアクションフィギュア感覚で不自由なく遊べると思います。














RIMG1679_20140531032147b39.jpg
顔のバイザー部分はクリアパーツ。
クリアパーツ越しにシールを貼る感じ、ガンプラのジム系でよくあるタイプです。









RIMG1680_20140531032145c77.jpg
エフェクトパーツ。
無地のクリアパーツで、足に付けることで補助スタンドとして使用することができます。









RIMG1682_20140531034643c8c.jpg
これがシリーズ共通になる素体フレーム。「ランナーロック方式」が採用された新設計です。
ランナーロック方式は昔、BB戦士とか1/144Vガンダム系キットなどで使用されていた、ランナーを貼り合わせて一気にパーツを作っていくといった方式です。
あの当時のキットとは比べ物にならないほど精度が良く、ランナーのバリもキレイに取れるので安心。










RIMG1683_2014053103464026e.jpg
ぶっちゃけ、非装備のこのフレーム状態が一番よく動くんですが・・・。
共通規格ということで、ボーン同士パーツを付替えてオリジナルのマジンボーンを作るといった遊び要素も用意されています。










RIMG1681_20140531034642884.jpg
というわけで、マジンボーンシリーズ。
シリーズ化が既に決定しているんですが、アニメの売れ行き次第で今後の商品化が大きく左右されてきそうな予感がします。ダンボール戦機みたいに長く続けばいいんですが・・・
















RIMG1685_20140531124138b66.jpg
シールに頼りながらも、足りない部分の塗装とスミ入れをして仕上げてみました。








RIMG1701_2014053112413059c.jpg
ドラゴンボーン
主人公である「竜神 翔悟」が装着するボーン。龍の意匠をしており属性は炎。そのため攻撃は炎をまとったものが多い。









RIMG1702_20140531124132c81.jpg
バイザー部分はクリアパーツの内側から塗装してみました。
この方がはっきり見えるかな。








RIMG1686_20140531124132e69.jpg
翔悟は幼い頃から空手を習ってるということで、パンチやキックと言ったポージングが良く似合います。








RIMG1689_20140531124605e33.jpg
足の二重関節構造のおかげで膝立ちも可能。








RIMG1707_20140531124911d3d.jpg
ポーズを安定させるために使用するエフェクトパーツ。









RIMG1705_20140531124912cee.jpg
足にはめ込む溝があるんですが、ちょっと台座として使うには安定感が足りないかな。
エフェクトはクリアオレンジで塗装してみました。










RIMG1709_20140531124909aa5.jpg
適当にサイズ比較。
ガンプラよりも少し等身が高め。フィギュアで言うと1/12サイズですね。









RIMG1692_20140531125719913.jpg
アクション!





RIMG1694_20140531125717b0a.jpg



RIMG1688_20140531125458ade.jpg



RIMG1695_20140531125553051.jpg



RIMG1696_20140531125548bac.jpg
レジェンドディスボーン






RIMG1690_201405311258485d4.jpg
必殺技「炎龍拳」
ライトアームは龍を象った形状になっています。








RIMG1703_201405311258472b9.jpg
背中にはバンダイの「アクションベース2」に対応した差し込み穴が用意されています。












RIMG1718_2014053113020701b.jpg
付属のデータカードダス
初期生産版にのみプロモーションカードが封入されています。









RIMG1720_20140531130209f58.jpg
裏はこんな感じ。













RIMG1667_20140531130351ce7.jpg
バンドを組んだぜ!バンドを組んだぜ!バンドを組んだぜ!バンドを組んだぜ!
仲間を揃えてバンドを組もう!




RIMG1670_20140531130353952.jpg
バンドマンは味噌汁なんて食っていいのかい?









RIMG1672_201405311305550c7.jpg
ガンダム!?
バンダイのプラモデルなので、一部ガンプラと同じ3mm軸やボールジョイント型のポリキャップが使用されています。











RIMG1711_2014053113055251b.jpg
タイタスボーン!!







RIMG1712_201405311305540b3.jpg
ガンダムAGE1-ドラゴンボーン









RIMG1714_201405311305504a3.jpg
ガンプラだと特にAGE系キットとの相性が抜群!
ゲイジングシステムが未だに健在だとは・・・












RIMG1671_20140531130941104.jpg
チームコアテック!
翔悟はチェイスと同じKENNさん!









RIMG1716_20140531130940b04.jpg
バンダイのディスクウォーズアベンジャーズもよろしく!
同時期に始まった玩具売りのアニメということで・・・テンカイナイトも並べたい感じですね。









RIMG1666_20140531130942ddb.jpg
レーネボーンの誕生なのです!










RIMG1699_2014053112460357e.jpg
これにて「マジンボーン BFドラゴンボーン」レビュー終了です。



人気ブログランキングへ←←










マジンボーン BFドラゴンボーン


Theme:ホビー・おもちゃ
Genre:趣味・実用

comments(3)|trackback(0)|マジンボーン|2014-05-31_13:30|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
今期は変身ヒーローのアニメが多い中、このマジンボーンは一番期待しています
プラモもデキが良さそうですね
No title
このスケールでタッチゲート方式ってすごいですね。

それと素体だから別パーツとかパーツセットとか販売しそうですね。
No title
タッチゲート&ランナーロックなどすごいですね。昔のBB戦士思い出しました。よく動いてカッコええ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。