ブログランキング 現在の閲覧者数: 相撲ロボット製作部(更新停止) G.F.F. GP04 ガーベラ / ガーベラテトラ改 レビュー
FC2ブログ

相撲ロボット製作部(更新停止)

こちらのブログは更新停止しました。新ブログ「おもちゃの巣」の方でよろしくおねがいします。

最近のレビュー



PLUM ハムマン改


シルフィーあみあみイメージカラーVer.


B-321f 轟雷リミテッドモデル(シルフィーカラー)


SDガンダム クロスシルエット ガンダム


DXS08 ブラックシンカリオン


ポケモンキット フシギバナ


セリア 変形ロボットカー


ゾイドワイルド  ガノンタス・アペシュ


ゾイドワイルド ガブリゲーター・セベク


マテル インドラプトル


ホットウィール シャークバイト(レッド)


ゲキタマン ゴッドガンダム


マテル  ディープ-ダイブ・サブマリン


ホットウィール モササウルス


カプセルトイ 最強生物ミニパペット


ホットウィール  コマンダー・クロコ


ホットウィール  シャークルーザー


ゾイドワイルド ガノンタス


ゾイドワイルド ガブリゲーター


コトブキヤ 黒のライダー


マテル ブルー&オーウェン


マテル 大暴れ!T-レックス


マテル モササウルス


アニア モササウルス


アニア インドラプトル


改造 FAG 迅雷型 [ドミネイト]


ホットウィール シャークバイト


タカラ 新!仮装大賞パネル


北海道限定アニバトロン クマタイプ


ゲキタマン ウイングガンダムゼロカスタム


ゲキタマン ニューガンダム


奇譚クラブ パクパク走る!恐竜の化石


シャイング ベンザオオクワガタ


カプセルトイ つぶつぶカエル


中華トイ ヘビラジコン


 52TOYS MEGABOX エイリアン


AZONE  1/12若葉女子高校制服衣装set


ゲキタマン ゼータガンダム


デスクトップアーミー EJUバリスタ (クリアーブラック)



フリーエリア

プロフィール

Sラングレン(抜け殻)

Author:Sラングレン(抜け殻)
ガンプラ、ねんどろいど、figmaなどなど毎日何かしらレビューするサイトです

リンク

フリーエリア

banner_04.gif  人気blogランキングへ sticker51.png

 

      

フリーエリア

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

G.F.F. GP04 ガーベラ / ガーベラテトラ改 レビュー


P5016780.jpg
GUNDAM FIX FIGURATION  #0010 GP-04G ガーベラ の紹介です。
価格:3,864円




P5016782.jpg
ガンダム試作4号機 (ガーベラ)




P5016783.jpg
後ろ姿。




P5016785.jpg
バストアップ
GUNDAM FIX FIGURATION(通称 G.F.F.)シリーズは、2001年よりスタートしたガンダムフィギュアの新ブランド。デザイナー「カトキハジメ氏」プロデュースによる精密なディテール、多彩なマーキングなど細かな部分までこだわり尽くされた大人向けのハイクオリティフィギュアです。
現在でも、GUNDAM FIX FIGURATION METAL COMPOSITE(ガンダム・フィックス・フィギュレーション・メタル・コンポジット)GUNDAM FIX FIGURATION NEXT GENERATION(ガンダム・フィックス・フィギュレーション・ネクスト・ジェネレーション)として細々とシリーズが引き継がれています。



P5016784.jpg
発売日は2002年09月01日。
0083に登場するガーベラテトラと、設定のみ存在したガンダムGP04とのコンバーチブルモデル。1号機、2号機、3号機とGFFではGPシリーズがひと通りラインナップされています。






P5016786.jpg
頭部
メインカメラ部分の造形が小さめで、横から見てもツインアイが見えづらい所がすこし気になります。アンテナ部分は破損を防ぐため軟質素材が使用されています。






P5016789.jpg
ボディ
所々にオリジナルアレンジのマーキングがプリントされています。GFFのハイクオリティな造型にも注目です。






P5016788.jpg
RX-78 GP04 GERBERA



P5016787.jpg
AE ANAHEIM ELECTRONICS GUNDAM PROJECT 04
アナハイムが進めていたガンダム開発計画で製造されたガンダム試作4号機を意味しています。




P5016790.jpg
脚部




P5016791.jpg
主な素材はPVC樹脂。当時主力玩具だったMIAと比べるとだいぶガッチリと作られてる感じです。





P5016792.jpg
バックパック。




P5016793.jpg
脹脛、各スラスター部分。




P5016794.jpg
足の裏の造形




P5016796.jpg
可動範囲。
胴体が一体造形なっているため腰は一切動きません。アクション向けではなく、飾って楽しむフィギュアなので可動域は極めて狭い感じになっています。





P5016797.jpg
「機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY」に設定上存在する機体で地球連邦軍にて、突撃・強襲・白兵戦用というコンセプトの元に計画されていたMS。コードネームは「ガーベラ」
実際にはガンダム試作1号機フルバーニアンとコンセプトが重複してしまったため、「ガンダム開発計画」から外され、基本フレームが完成した段階で開発が中止された。






P5016799.jpg
付属品「ビームサーベル」





P5016800.jpg
サーベルはエフェクト部分と一体成型になっています。
専用のハンドパーツが左右に付属。






P5016801.jpg
0083に登場するビームサーベルにはちゃんと型式が設定されているんですが・・・GP04のサーベルは一切不明。
もしかしたらGP03と同じ物かも知れません。






P5016805.jpg
ビームサーベルラック。
バックパックにボールジョイントで接続されているため、グリグリと可動します。



P5016803.jpg
サーベルの引き抜きも可能ですが、付属するビームサーベルは一体式という・・・。




P5016806.jpg
ビーム・サーベルは2本付属しています。





P5016808.jpg
付属品「シールド」




P5016810.jpg
シールドはGP01が装備している物と似たタイプ。
最近発売された「RE/100 RX-78GP04G ガンダム試作4号機 ガーベラ」に付属するシールドとは造形が異なります。




P5016813.jpg
シールド裏の造形。
グリップパーツと肘のハードポイントで接続されているため、しっかりと保持できます。




P5016812.jpg
シールドの伸縮ギミック
差し替えで再現。






P5016814.jpg
シュツルムブースター装備。






P5016815.jpg
後ろ姿
バックパックのパーツを一部外すことで3つの大きなプロペラントタンクを装着可能。不意にも三点立ちになるためディスプレイする際の安定性もアップ。






P5016816.jpg
背中に3本のシュツルム・ブースターは空間戦闘における高機動を生み出す追加推進装置で、緊急時には切り離すこともできる。
フルバーニアンのユニバーサル・ブースト・ポッドと異なり、どちらかと言うとプロペラントタンク的な運用が一番表現が近い。




P5016817.jpg
付属品「ロングレンジライフル」




P5016818.jpg
ロングレンジライフル、ロングライフル、ロングビームライフル、専用ライフルなど元々非公式だったMSなので名称は様々。
メカメカしい造形です。



P5016822.jpg
ライフルはスコープ部分、フォアグリップが可動します。




P5016823.jpg
ルンガ沖砲撃戦で試作1号機フルバーニアンが使用した長銃身の高出力ビーム・ライフル「Blash・XBR-L-83d」は、ガーベラ用に設計されていたとも言われています。
GP01のビームライフルにも装備されていた格闘武器「ビームジュッテ」も内蔵。






P5016821.jpg
可動範囲がかなり狭いので、せっかくのフォアグリップもうまく握ることが出来ず・・・






P5016827.jpg
ライフルのエネルギーパック着脱可能




P5016824.jpg
「RE/100 ガンダム試作4号機 ガーベラ」との違いはシールドだけではなく、額のパーツの配色や付属する武器が一部異なります。
SDガンダム世界では設定が活かされ優遇させれいる機体・・・なんだか急にGジェネキットのSDGP04ガーベラが組みたくなってくました。




P5016828.jpg
GP04 ガーベラはこれにて終了。
立体化されただけでも奇跡なMSなので、動かなくても武器を持たせて立たせるだけで十分満足です。








P5016830.jpg
では換装。
外装のパーツを外し、共通フレームに。








P5016839.jpg
ガーベラ・テトラ改



P5016840.jpg
後ろ姿。



P5016838.jpg
ガーベラ・テトラはガンダム開発計画にて開発されていたガンダム試作4号機の外装を変更した機体。シーマ艦隊との裏取引の事実を隠すために擬装されたとも言われています。
ガーベラ・テトラ改はその強化型として位置付けられていますが、もちろん本編には登場していないため詳細はあまり語られていません。



P5016837.jpg
バストアップ
ボディにはジオンのエンブレム。そもそもGP04の開発には元ジオニック社の技術者が多く開発に携わっていたと設定されています。




P5016841.jpg
頭部。
まるごと挿げ替え。見えづらいんですがちゃんとモノアイがプリントされています。



P5016842.jpg
ボディ
ところどころの緑色のパイプがジオン系らしくていいですね。



P5016843.jpg
脚部
基本的にはGP04にパーツを被せて装着する形です。チラリと見える元のガンダム姿・・・




P5016836.jpg
大型スラスター
MAのような丸みを帯びたスタイルがかっこよくも美しい。




P5016844.jpg
迫力満点のブースター。





P5016846.jpg
スラスターの増強、バックパックへのバインダー搭載によって強襲用機体としてもMSとても非常に高い性能を誇るが、その性能をフルに発揮するにはパイロットに高い技量が要求される。






P5016845.jpg
武装「110mm機関砲」
両腕に二門ずつ内蔵されている実弾兵器。ガンダムやジムの頭部バルカン砲より遥かに威力が高い上、速射性にも優れるため中~近距離ならばMSを十分に破壊できる。





P5016847.jpg
付属品「ビームマシンガン」





P5016849.jpg
パルス状に圧縮されたメガ粒子を断続的に発射する本機の主兵装で、エネルギーパックを含めたほとんどの部品は連邦の規格品を使用している。
試作のため強力な冷却機能を備えており、触媒となる冷媒ガスが切れた場合はリミッターによって後部の放熱機構を作動させて強制的に使用不可とする。






P5016851.jpg
ガーベラ・テトラ改の装備するビームマシンガンは改良が加えられているとのこと。
ちなみにハンドパーツはGP04と共通です。




P5016852.jpg
ただでさえ可動範囲が狭いGP04をベースに追加装甲のようにパーツを纏わせるため、ガーベラ・テトラ改は殆ど動きません。
無理な換装なのでパーツも取れやすく・・・GFF特有の遊びにくさを久々に味わいました。




P5016853.jpg
エネルギーパック着脱可能
ロングレンジライフルと共通のデザインとなっています。



P5016854.jpg
付属品「ビーム・サーベル」
こちらも共有。




P5016856.jpg
ガーベラテトラ改 + ロングレンジライフル
ゲームで登場したのは「SDガンダム Gジェネレーションオーバーワールド」くらいかな。



P5016857.jpg
ガーベラテトラ改はGFFが初の立体化。
遊び悪さもありますが、フレームを残して機体を換装するといった設定を元にしたギミックは面白いですね。




P5016859.jpg
これにて「G.F.F. GP04 ガーベラ / ガーベラテトラ改」レビュー終了です。



人気ブログランキングへ←←





関連

  
G.F.F. パーフェクトガンダム      G.F.F. フルアーマーガンダム      G.F.F. GP01 ゼフィランサス

  
G.F.F. ガンダムMk-Ⅱ バーザム改    G.F.F. ZⅡ(ゼッツー)       G.F.F. 百式 / 百式改 /  フルアーマー百式改

 
MIA ガンダム試作1号機        MIAリリーマルレーン(海外版)







G.F.F. GP04 ガーベラ / ガーベラテトラ改

Theme:ホビー・おもちゃ
Genre:趣味・実用

comments(0)|trackback(0)|GFF|2015-05-01_22:10|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。