ブログランキング 現在の閲覧者数: 相撲ロボット製作部(更新停止) MOBILE SUIT IN ACTION!! MIA ガンダムヘビーアームズ2nd レビュー
FC2ブログ

相撲ロボット製作部(更新停止)

こちらのブログは更新停止しました。新ブログ「おもちゃの巣」の方でよろしくおねがいします。

最近のレビュー



PLUM ハムマン改


シルフィーあみあみイメージカラーVer.


B-321f 轟雷リミテッドモデル(シルフィーカラー)


SDガンダム クロスシルエット ガンダム


DXS08 ブラックシンカリオン


ポケモンキット フシギバナ


セリア 変形ロボットカー


ゾイドワイルド  ガノンタス・アペシュ


ゾイドワイルド ガブリゲーター・セベク


マテル インドラプトル


ホットウィール シャークバイト(レッド)


ゲキタマン ゴッドガンダム


マテル  ディープ-ダイブ・サブマリン


ホットウィール モササウルス


カプセルトイ 最強生物ミニパペット


ホットウィール  コマンダー・クロコ


ホットウィール  シャークルーザー


ゾイドワイルド ガノンタス


ゾイドワイルド ガブリゲーター


コトブキヤ 黒のライダー


マテル ブルー&オーウェン


マテル 大暴れ!T-レックス


マテル モササウルス


アニア モササウルス


アニア インドラプトル


改造 FAG 迅雷型 [ドミネイト]


ホットウィール シャークバイト


タカラ 新!仮装大賞パネル


北海道限定アニバトロン クマタイプ


ゲキタマン ウイングガンダムゼロカスタム


ゲキタマン ニューガンダム


奇譚クラブ パクパク走る!恐竜の化石


シャイング ベンザオオクワガタ


カプセルトイ つぶつぶカエル


中華トイ ヘビラジコン


 52TOYS MEGABOX エイリアン


AZONE  1/12若葉女子高校制服衣装set


ゲキタマン ゼータガンダム


デスクトップアーミー EJUバリスタ (クリアーブラック)



フリーエリア

プロフィール

Sラングレン(抜け殻)

Author:Sラングレン(抜け殻)
ガンプラ、ねんどろいど、figmaなどなど毎日何かしらレビューするサイトです

リンク

フリーエリア

banner_04.gif  人気blogランキングへ sticker51.png

 

      

フリーエリア

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

MOBILE SUIT IN ACTION!! MIA ガンダムヘビーアームズ2nd レビュー


P5037088.jpg
MIA モビルスーツ イン アクション ガンダムヘビーアームズ2nd の紹介です。





P5037089.jpg
後ろ姿。




P5037091.jpg
ガンダムヘビーアームズ2ndはアメリカのみで発売されたMIA。
関節と造形が新たに作り直されたリメイク版で、俗に「セカンドバージョン」と呼ばれています。細かな違いは追々説明したいと思います。



P5037093.jpg
バストアップ。
日本で発売された「新機動戦記ガンダムW 」シリーズのセカンドバージョンは残念な事にMIAウイングガンダムだけ。



P5037094.jpg
頭部。
新規造形。顔が少し細く見えるようになったかな?




P5037095.jpg
胴体。
国内版とは違いスミ入れが施されてません。



P5037096.jpg
脚部。
海外版はスミ入れがない物の方が多いので見分けるポイントになりますね。




P5037097.jpg
バックパック。
新規造形。ブースター部分の成型色が異なります。




P5037098.jpg
MIAガンダムヘビーアームズ2nd(US版) と MIAガンダムヘビーアームズ(国内版)の比較。
一見同じようにみえるんですが・・・




P5037100.jpg
          2nd(US版)↑             (国内版)↑
成型色と塗装箇所の違い。2ndの方が色が明るく光沢があります。




P5037099.jpg
      2nd(US版)↑                          (国内版)↑
塗装箇所も2ndの方が細かく色分けされています。顔の造形も並べて比べると違いがわかりやすいですね。




P5037101.jpg
           2nd(US版)↑                (国内版)↑
バックパックの違い。






P5037103.jpg
              2nd(US版)↑               (国内版)↑
肘が二重関節に変更されています。それにともなって腕の造形も新しいものに。





P5037102.jpg
並べて分かる可動域!!
一目瞭然ですね・・・・腕の曲がり方が全然違います。





P5037104.jpg
武器「ビームガトリング」



P5037107.jpg
シールドと一体化した大型ガトリング砲で、左腕の肘から先を収納させる形で装備する。
攻防2つの機能をまとめたため重量が増加しており、左側に重心が偏り機体挙動が不安定となるのが欠点。






P5037106.jpg
アニメでは全く印象に残らないサイドグリップも設定通りに再現。
ハンドパーツはグー手と握り手の2種類が左右とも付属。







P5037108.jpg
武器も新規造形となっています。






P5037110.jpg
ビームガトリングは少しサイズアップ。
サイドグリップも長くなってるかな。






P5037111.jpg
           2nd(US版)↑                   (国内版)↑
比較





P5037112.jpg
腕カバーがかなり大きくなってますね。
配色も増え重塗装版みたいな感じになっちゃってます。






P5037113.jpg
ガトリングの長さもこの通り。









P5037117.jpg
ビームガトリングのマウント。
実はこれファーストバージョンでは再現されなかったギミック。バックパックが新しくなったのはマウントギミックの追加の影響ですね。




P5037116.jpg
武器「アーミーナイフ」






P5037118.jpg
右前腕に固定装備されたガンダニュウム合金製ナイフ。







P5037119.jpg
基本的に弾切れ時や敵機に接近を許した場合に使用される予備武装だが、トロワの技量をもってすればエアリーズを両断するほどの充分に強力な攻撃手段となり得る。








P5037120.jpg
             2nd(US版)↑               (国内版)↑
展開ギミックはそのままで武器がサイズアップ。よく見ると刃の向きが違います。







P5037122.jpg
武装「ホーミングミサイル」
ホーミングミサイルは両肩アーマーに内蔵。標的の熱紋、電磁波を探知しこれを自動的に追尾する。








P5037123.jpg
武装「胸部ガトリング砲」
胸部の開閉式装甲カバー下に隠されたガトリング砲。
口径は頭部バルカンと肩部マシンキャノンの中間に位置し、ガトリング砲なので砲門数の多さによる高速連射で総合的な威力を高めている。







P5037127.jpg
劇中通りの開閉ギミックが再現されています。
ガトリングの砲身やハッチの裏部分などモールドがほど細かに再現されてますね。









P5037124.jpg
こちらは双方とも殆ど変わりません。
塗装箇所の違いくらいですね。










P5037128.jpg
足のミサイルコンテナ。






P5037129.jpg
こちらもハッチの開閉が可能となっています。












P5037133.jpg
武装「マイクロミサイル」
両脚ランチャーポッドに、に内蔵された小型ミサイル。こちらは追尾機能は無く、複数目標に対し飽和攻撃を仕掛ける「面の制圧」を目的とする。








P5037134.jpg
            2nd(US版)↑             (国内版)↑
国内版は開閉ギミックがなく、脚と一体になっています。





P5037131.jpg
ハッチフルオープン!!
これでようやく念願のフルオープン姿に・・・US版買わないとこの姿が拝めないなんて・・・







P5037136.jpg
武器「2連装ビームガトリング」








P5037137.jpg
シールドと一体化した大型の2連装式ガトリング砲。
砲身が2種類付属しており、パーツを換装する事でヘビーアームズ改として楽しむ事ができます。




P5037139.jpg
ビームガトリング同様、サイドグリップが付いています。








P5037142.jpg
ガンダムヘビーアームズ改は、ピースミリオンに収容されたヘビーアームズをハワード博士が改修した姿。
バックパックや腰周りのスラスター類が換装・増設され、宇宙空間での機動性が強化されているが武装は2連装となったビームガトリングを除きほぼ手が加えられていない。




P5037143.jpg
2連装ビームガトリングの比較
ファーストバージョンにはサイドグリップがありません。




P5037144.jpg
全弾発射!!






P5037145.jpg
これにて「MIA ガンダムヘビーアームズ2nd」レビュー終了です。



人気ブログランキングへ←←






関連

 
MIA ガンダムデスサイズ             MIA ガンダムサンドロック

 
ROBOT魂リーオー                 ROBOT魂 リーオー オプションセット

 
ROBOT魂 エアリーズ               HGAC ウィングガンダム


MIA ガンダムヘビーアームズ


MIA ガンダムヘビーアームズ2nd

Theme:ホビー・おもちゃ
Genre:趣味・実用

comments(0)|trackback(0)|MIA|2015-05-19_21:30|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。