ブログランキング 現在の閲覧者数: 相撲ロボット製作部(更新停止) レビュー HG ガンタンク初期型 
FC2ブログ

相撲ロボット製作部(更新停止)

こちらのブログは更新停止しました。新ブログ「おもちゃの巣」の方でよろしくおねがいします。

最近のレビュー



PLUM ハムマン改


シルフィーあみあみイメージカラーVer.


B-321f 轟雷リミテッドモデル(シルフィーカラー)


SDガンダム クロスシルエット ガンダム


DXS08 ブラックシンカリオン


セリア 変形ロボットカー


ゾイドワイルド  ガノンタス・アペシュ


ゾイドワイルド ガブリゲーター・セベク


ホットウィール シャークバイト(レッド)


ゲキタマン ゴッドガンダム


カプセルトイ 最強生物ミニパペット


ホットウィール  コマンダー・クロコ


ホットウィール  シャークルーザー


ゾイドワイルド ガノンタス


ゾイドワイルド ガブリゲーター


コトブキヤ 黒のライダー


改造 FAG 迅雷型 [ドミネイト]


ホットウィール シャークバイト


タカラ 新!仮装大賞パネル


北海道限定アニバトロン クマタイプ


ゲキタマン ウイングガンダムゼロカスタム


ゲキタマン ニューガンダム


奇譚クラブ パクパク走る!恐竜の化石


シャイング ベンザオオクワガタ


カプセルトイ つぶつぶカエル


中華トイ ヘビラジコン


 52TOYS MEGABOX エイリアン


AZONE  1/12若葉女子高校制服衣装set


ゲキタマン ゼータガンダム


デスクトップアーミー EJUバリスタ (クリアーブラック)


フリーエリア

プロフィール

Sラングレン(抜け殻)

Author:Sラングレン(抜け殻)
ガンプラ、ねんどろいど、figmaなどなど毎日何かしらレビューするサイトです

リンク

フリーエリア

banner_04.gif  人気blogランキングへ sticker51.png

 

      

フリーエリア

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

レビュー HG ガンタンク初期型 


P5197912.jpg
HG 1/144 RTX-65 ガンタンク初期型の紹介です。




P5197913.jpg
後ろ姿。





P5197915.jpg
OVA「機動戦士ガンダム THE ORIGIN I 青い瞳のキャスバル」に登場したガンタンク初期型がHGとなって登場。
機動戦士ガンダムに登場したあのガンタンクとは全く異なるフォルムでより戦闘車両らしいビジュアルとなっています。






P5197917.jpg
ほぼグレーカラーでまさに戦車キットのような印象。今回付属しているシールは車体に貼る「マーキングシール」のみとなっています。
塗装箇所も少なめで、スミ入れと頭部のアンテナや各センサー部の部分的な塗装くらいです。




P5197920.jpg
頭部。
コクピット部分はクリアパーツが使用されています。コクピットの内部モールドまでは再現されてません。




P5197919.jpg
少しボディにめり込んだ形になっているんですが、通常のガンプラと同じくボールジョイントになっているので上下左右可動します。




P5197922.jpg
重厚なボディ。
胸部サイドには「スモークディスチャージャー」が取り付けられています。




P5197929.jpg
バックユニット
こちらは排煙ダクト。通常のガンタンクとは違い大きな筒状のものが背中に1つ付いています。




P5197923.jpg
車両部分
大きなキャタピラとボディの精密なディテールはより兵器らしさが感じられるデザイン。
ちょっと面倒な部分もあるんですが、スミ入れを施すだけで十分かっこよく仕上がると思います。




P5197924.jpg
前方には「3連装機銃」「コクピットハッチ」




P5197925.jpg
左側のコクピットハッチは開閉可能。
空洞になっているので、1/144スケールのジオラマフィギュアを入れることも出来そうです。




P5197926.jpg
横から。
履帯ユニットは駆動部分や内部ホイールのディテールまで再現。パーツ分割だけで完璧に色分けされています。



P5197928.jpg
履帯部分
通常のガンタンクはゴム製でしたが、今回の初期型はプラスチック製になっています。よく見ると、キャタピラのたるみまで表現されてるという手の込みよう。




P5197930.jpg
車両部後方のダクトやパネル。
放熱スリットの開口部分はディテールで再現されています。




P5197934.jpg
腕の可動
肘が二重関節になっているので、ここ最近のガンプラと同じようによく動きます。





P5197932.jpg
武装「4連装機関砲」




P5197931.jpg
近距離戦、対地、対空戦闘に有効な装備。
こちらも塗装いらずで、銃身部分もしっかりとパーツ分けされています。





P5197933.jpg
ガンタンク初期型は、U.C.0065年に地球連邦軍が制式採用した大型戦闘車両。
これまでの戦車の概念を大きく飛躍した発想から誕生した同機は、大型戦車という新機軸により、各コロニーに配備された当初から威圧的な存在感を発揮。治安維持として活用される。




P5197944.jpg
武装「大口径砲」




P5197945.jpg
ガンタンク初期型の主武装で長砲身から実弾を撃ちだす。威力が大きいため機体が受ける反動もすさまじい。
背部には排煙ダクトがあり、砲撃時に発生する熱や煙を排出する。



P5197946.jpg
P5197947.jpg
砲身は上下に可動。
動かすと同時にシリンダー部分が連動して動きます。




P5197948.jpg
装備されているスモークディスチャージャー」は主に防御戦闘に移行した際に使用し、敵の視界を一時的に奪うため発射し煙幕を張る。
車両部の前面右側に配置された「3連装機銃」はコクピット側から操作可能で、暴動鎮圧など生身の人間に対して発射するには十分の威力があります。





P5197949.jpg
キャスバル「撃てるんだ・・・ここからでも。」
セイラ「やめて、お兄ちゃん!!」




P5197939.jpg
履帯ユニットのギミック




P5197938.jpg
左右の履帯ユニットは本体とは個別に可動。
キャタピラは前後「ハの字」に開くことができます。




P5197940.jpg
障害物に乗り上げた場合に機体を水平に保ったり、砲撃時の反動を軽減するためのクッションとして効果があります。
MGガンタンクにも同じような可動ギミックが採用されていましたね。




P5197941.jpg
新しく始まるHGUC「REVIVEシリーズ」でガンタンクが発表されたら・・・この構成が参考にされそう。




P5197943.jpg
ガンタンクなのにこんなによく動く!!
アグレッシブすぎます。タンク型は珍しいのでキャタピラ部分や車体は改造パーツとしても重宝されそうです。











P5197953.jpg
ガンダム!!
機動戦士ガンダムジ・オリジンのアクションフィギュアと一緒に。






P5197959.jpg
2002年に発売された物なんですが・・・13年の時を経てようやく隣に並べることが出来ました。






P5197956.jpg
プラモデルシリーズはOVAに登場するMS+MSVを中心にキット化される予定みたいですね。
この際だからオリジン版ガンダム、ガンキャノンもしっかりと発売して欲しいところです。




P5197955.jpg
ガン・タンク(ジ・オリジン)




P5197952.jpg
これにて「HG ガンタンク初期型」レビュー終了です。




おまけ。


P3013759.jpgP3013760.jpgP3013761.jpgP3013762.jpgP3013763.jpgP3013764.jpg
SDガンダムフルカラーシリーズのジ・オリジン。
ガンタンクは大分紫が濃いカラーリングですね。やっぱりこっちの色のほうが印象が強いかも



人気ブログランキングへ←←







関連


 
ジ・オリジン ザク            ジ・オリジン シャア専用ザクⅡ


HG ガンタンク初期型

Theme:ホビー・おもちゃ
Genre:趣味・実用

comments(0)|trackback(0)|ガンプラ|2015-05-20_23:40|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント