ブログランキング 現在の閲覧者数: 相撲ロボット製作部(更新停止) MOBILE SUIT IN ACTION!! MIA ガンダムEz-8 レビュー
FC2ブログ

相撲ロボット製作部(更新停止)

こちらのブログは更新停止しました。新ブログ「おもちゃの巣」の方でよろしくおねがいします。

最近のレビュー



PLUM ハムマン改


シルフィーあみあみイメージカラーVer.


B-321f 轟雷リミテッドモデル(シルフィーカラー)


SDガンダム クロスシルエット ガンダム


DXS08 ブラックシンカリオン


ポケモンキット フシギバナ


セリア 変形ロボットカー


ゾイドワイルド  ガノンタス・アペシュ


ゾイドワイルド ガブリゲーター・セベク


マテル インドラプトル


ホットウィール シャークバイト(レッド)


ゲキタマン ゴッドガンダム


マテル  ディープ-ダイブ・サブマリン


ホットウィール モササウルス


カプセルトイ 最強生物ミニパペット


ホットウィール  コマンダー・クロコ


ホットウィール  シャークルーザー


ゾイドワイルド ガノンタス


ゾイドワイルド ガブリゲーター


コトブキヤ 黒のライダー


マテル ブルー&オーウェン


マテル 大暴れ!T-レックス


マテル モササウルス


アニア モササウルス


アニア インドラプトル


改造 FAG 迅雷型 [ドミネイト]


ホットウィール シャークバイト


タカラ 新!仮装大賞パネル


北海道限定アニバトロン クマタイプ


ゲキタマン ウイングガンダムゼロカスタム


ゲキタマン ニューガンダム


奇譚クラブ パクパク走る!恐竜の化石


シャイング ベンザオオクワガタ


カプセルトイ つぶつぶカエル


中華トイ ヘビラジコン


 52TOYS MEGABOX エイリアン


AZONE  1/12若葉女子高校制服衣装set


ゲキタマン ゼータガンダム


デスクトップアーミー EJUバリスタ (クリアーブラック)



フリーエリア

プロフィール

Sラングレン(抜け殻)

Author:Sラングレン(抜け殻)
ガンプラ、ねんどろいど、figmaなどなど毎日何かしらレビューするサイトです

リンク

フリーエリア

banner_04.gif  人気blogランキングへ sticker51.png

 

      

フリーエリア

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

MOBILE SUIT IN ACTION!! MIA ガンダムEz-8 レビュー


P7020190.jpg
MIA モビルスーツ イン アクション ガンダムEz-8の紹介です。
価格1200円




P7020191.jpg
後ろ姿。





P7020194.jpg
発売日は2001年11月。可動範囲を追加し国内販売を前提に制作されたMIAの第二期シリーズとなります。
アニメで見せるチーム戦、やっぱり玩具でも第08MS小隊を揃えて遊びたい・・・コレクション性が高いMIAシリーズではまさにその夢を叶えてくれる一歩踏み込んだラインナップとなっています。




P7020196.jpg
バストアップ
パーツはMIA陸戦型ガンダムの一部流用で構成されているんですが、ほぼ新規造形です。




P7020198.jpg
頭部
ブレードアンテナがなく、口が前方に飛び出した特徴的な形状。PVC素材だとちょっと再現しにくい部分だと思います。




P7020200.jpg
上半身。
ボディへのスミ入れはグレー。





P7020199.jpg
胸と肩には所属小隊番号と連邦軍のレンブレムがマーキングされています。






P7020202.jpg
バックパック
ブースター部分はボールジョイントで少しだけ可動。ノズル内部はしっかりと塗装されています。







P7020201.jpg
下半身
サーベルラック等のギミックはありません。






P7020203.jpg
足の裏のモールド。
陸戦型ジムや陸戦型ガンダムと同じ造形。






P7020204.jpg
Ez8は「Extra-Zero-8」の略。アプサラスIIとの戦闘により中破したシロー・アマダ少尉の陸戦型ガンダムを大規模改修したMS。
現地改修機の一つであり、破損部の補修だけでなく、陸戦型ガンダムの運用により浮上した問題点をフィードバックし固定武装の変更も行われている。



P7020205.jpg
「8小隊出るぞ!」
特徴的なのはガンダムのV型アンテナを廃止し、ロッドアンテナを用いている。ロッドアンテナを採用した理由として、密林での戦闘の際、V型アンテナの破損率が高かったためといわれている。
また吸気口や首関節部への被弾や密林での使用による異物の進入を抑えるため、チンガードなどの増設が行われている。




P7020207.jpg
胸部装甲板には撃破したザクIIのシールド2枚を利用。膝アーマーは射撃の際地面に突き刺し機体を安定することができるものに変更されている。
改修により材質のグレードが低下している箇所もあるが、装甲形状の単純化により軽量化と対弾性、整備性の向上が図られている。




P7020206.jpg
胸の装甲は取り外し可能ですが、内部のメカディテールはありません。
ちなみにMIAよりもサイズ小さいハイコンプロでは再現されています。




P7020210.jpg
付属武器「100mmマシンガン」





P7020213.jpg
マシンガンは陸戦型ガンダム、陸戦型ジムの主武装。
小型で取り回しが良い上に、陸戦型ザクIIの胴体を貫通する威力がある。劇中では陸戦型ガンダムが100mmマシンガンで多数のザクIIを撃破している。






P7020214.jpg
マシンガンはマガジン部分の取り外しが可能です。
サイドアーマーにマウントされたマガジンも取り外し可能で、付け替えて遊ぶことも出来ます。






P7020211.jpg
「集中攻撃をかける!」
MIA陸戦型ガンダム、MIA陸戦型ジムに付属している物と共通です。




P7020208.jpg
付属武器「シールド」
ガンダムのものに比べ、取り回しを考慮した小型化されています。シールド先端は攻撃にも使用できる他、塹壕を掘ることも可能。




P7020215.jpg
小隊番号を表すシールドの番号は「08」
もちろん第08小隊仕様です。MIA陸戦型ジムが「06」、MIAジムスナイパーが「09」となっています。






P7020216.jpg
付属武器「ビームサーベル」





P7020219.jpg
「守ったら負ける。攻めろ! 」
外観はガンダムが装備している物と違いますが性能に大差はありません。脚部の内蔵型サーベルラックにビーム・サーベルを装備しています。
完全に内蔵するタイプのため収納中にサーベル本体を破損しにくく、装備位置の低い地上高によって整備が容易という長所があります。




P7020220.jpg
ビームサーベルは2本付属してるんですが、ハンドパーツはライフル専用の握り手しか付属してないためしっかりと持たせることがで来ません。




P7020223.jpg
付属武器「ビーム・ライフル」




P7020227.jpg
「ビームのエネルギーはもつのか!?」
当時のビーム・ライフルはまだ量産体制が整っていなかったことから配備が遅れ、劇中では第6話から第08小隊に配備されている。
望遠モードならば10km離れた場所からの狙撃も可能だが、精度は極めて低く、命中には経験と腕が必要だった。





P7020229.jpg
付属武器「ロケットランチャー」




P7020231.jpg
陸戦型ジムとの共通武装。ロケットランチャーは密林での取り回しも考慮され、砲身が短いものとなっています。
こちらはMIAガンダムEz-8のみの付属パーツとなっています。





P7020232.jpg
マガジン部分は取り外し可能。




P7020235.jpg
「撃て!撃ち続けろ!銃身が焼け付くまで撃ち続けるんだ!」
価格が安いのにこの付属品の数!MIAのコスパはほんと凄いですよね。




P7020236.jpg
付属品「コンテナ」
バックパックのパーツを差し替えることで再現されています。




P7020237.jpg
背部にはウェポンラックという予備兵装用のコンテナを装備することが可能で、コンテナ内部にはユニット化した180mmキャノンやミサイルランチャーなどの大型火器を作戦に応じて分解し収納、携行が可能。
地上戦では補給線が延び切ることも多く、MS単独で運用する際に役立った。




P7020243.jpg
コンテナパーツとウェポンラックの取り外しも可能。




P7020244.jpg
さらに、コンテナの開閉ギミックまで!!
作りこまれた内部モールドにも注目です。




P7020245.jpg
ちなみにロケットランチャーは5パーツ構成で分解することでコンテナに収納することが出来ます。








P7020246.jpg
付属品「ホバートラック」
第08MS小隊、コロニーの落ちた地で…、機動戦士ガンダム戦記など様々な作品に登場するサポートメカ。MIAのホバートラックは当時ではかなり貴重な立体物でしたね!





P7020247.jpg
後ろから。




P7030249.jpg
「20mmガトリング砲」
本体上部のターレットに装備された唯一の武器。砲弾は対軽装甲用の徹甲弾と対人、対空用の榴弾を状況によって使い分けいて使用する
こちらは砲塔が回転します。




P7030248.jpg
車体横の「アンダーグラウンドソナー」。
ソナーやアウトリガーの可動はありませんが、立体化されただけでも十分です。





P7030250.jpg
車体底部
4基のホバーユニット。





P7030251.jpg
実際にはトラックというより軽装甲車。MS1個小隊ごとに1両配属され、管制と索敵、哨戒を担当、戦闘能力はほぼ皆無だが情報戦に欠かせない。
ホバーユニットにより湿地帯や荒地、水上などあらゆる地形に対応が可能であり、MSの進軍速度にに追従できる走破性を持つ。






P7030252.jpg
08のマーキングもしっかりされており、PVCながらも非常にしっかりとした作り。
立体化が非常に少ないんですが、MIAの他、プラモデルでは「HGUCHG陸戦型ガンダム 地上戦セット」「HGUCジム・スナイパーII(ホワイト・ディンゴ隊仕様)」にホバートラックが付属しています。





P7030254.jpg
ホバートラック含めてようやく08小隊が揃います!!
MSだけではなくしっかりとサポートメカまでラインナップに加えてくる所がMIAシリーズの凄い所!!作品ファンにも嬉しいですよね。







P7030268.jpg
07小隊の皆さんとジムスナイパー。








P7030255.jpg
揃えて遊ぼうMIAシリーズ。
各フィギュアそれぞれ付属する武器やサポートメカが異なります。






P7030259.jpg
180mmキャノン
MIA陸戦型ガンダムに付属しています。




P7030260.jpg
MIAの可動域だと膝足立ちのポージングが厳しい・・・。







P7030262.jpg
大型ミサイルランチャー
こちらはMIA陸戦型ジムに付属。






P7030264.jpg
P7030263.jpg
もちろんEZ8のロケットランチャーを他のMIAにもたせてもOK!!
武装まで網羅しているとは・・・・






P7020241.jpg

「倍返しだぁぁぁー!!」






P7040274.jpg
「俺は生きる!」



P7040273.jpg
「生きて・・・・」




P7040270.jpg
「アイナと添い遂げる!!」





P7030267.jpg
これにて「MIA ガンダムEz-8」レビュー終了です。



人気ブログランキングへ←←







関連


MIA ジムスナイパー         MIA 陸戦型ジム


MIA 陸戦型ガンダム        MIA 旧ザク   


MIA ジオン軍地球侵攻作戦


MIA ガンダムEz-8

Theme:ホビー・おもちゃ
Genre:趣味・実用

comments(0)|trackback(0)|MIA|2015-07-05_22:50|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。