ブログランキング 現在の閲覧者数: 相撲ロボット製作部(更新停止) レビュー HGCE フリーダムガンダム
FC2ブログ

相撲ロボット製作部(更新停止)

こちらのブログは更新停止しました。新ブログ「おもちゃの巣」の方でよろしくおねがいします。

最近のレビュー



PLUM ハムマン改


シルフィーあみあみイメージカラーVer.


B-321f 轟雷リミテッドモデル(シルフィーカラー)


SDガンダム クロスシルエット ガンダム


DXS08 ブラックシンカリオン


ポケモンキット フシギバナ


セリア 変形ロボットカー


ゾイドワイルド  ガノンタス・アペシュ


ゾイドワイルド ガブリゲーター・セベク


マテル インドラプトル


ホットウィール シャークバイト(レッド)


ゲキタマン ゴッドガンダム


マテル  ディープ-ダイブ・サブマリン


ホットウィール モササウルス


カプセルトイ 最強生物ミニパペット


ホットウィール  コマンダー・クロコ


ホットウィール  シャークルーザー


ゾイドワイルド ガノンタス


ゾイドワイルド ガブリゲーター


コトブキヤ 黒のライダー


マテル ブルー&オーウェン


マテル 大暴れ!T-レックス


マテル モササウルス


アニア モササウルス


アニア インドラプトル


改造 FAG 迅雷型 [ドミネイト]


ホットウィール シャークバイト


タカラ 新!仮装大賞パネル


北海道限定アニバトロン クマタイプ


ゲキタマン ウイングガンダムゼロカスタム


ゲキタマン ニューガンダム


奇譚クラブ パクパク走る!恐竜の化石


シャイング ベンザオオクワガタ


カプセルトイ つぶつぶカエル


中華トイ ヘビラジコン


 52TOYS MEGABOX エイリアン


AZONE  1/12若葉女子高校制服衣装set


ゲキタマン ゼータガンダム


デスクトップアーミー EJUバリスタ (クリアーブラック)



フリーエリア

プロフィール

Sラングレン(抜け殻)

Author:Sラングレン(抜け殻)
ガンプラ、ねんどろいど、figmaなどなど毎日何かしらレビューするサイトです

リンク

フリーエリア

banner_04.gif  人気blogランキングへ sticker51.png

 

      

フリーエリア

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

レビュー HGCE フリーダムガンダム


P8132698.jpg
HGCE フリーダムガンダムの紹介です。
価格1800円




P8132699.jpg
後ろ姿。





P8132701.jpg
ガンプラ生誕35周年を記念した新企画「新生‐REVIVE‐」。
ガンダムSEED放送当時にラインナップされていた「HGフリーダムガンダム」が、最新の成形技術と新規金型により、現代風のプロポーションに生まれ変わった姿で再登場!!




P8132702.jpg
バストアップ
頭部の頬のグレー部分はパーツ分割によって色分けされています。HGシリーズながら作りはRGに近い構成です。



P8132703.jpg
ツインアイ部分はREVIVEガンダム同様クリアパーツで再現されているんですが、クリアだと目立たなくなってしまうので付属のシールを貼りました。
上部と後方部のセンサーはシールによる色分け、バルカンは塗装です。





P8132704.jpg
HGCEの頭部は丸顔でメインカメラ部分の面積が大きめ。
同時期に発売されたロボット魂フリーダムや、比較的最近のRGフリーダムと比べると、これはこれでまた頭部のデザインが違うような・・・・やっぱり立体化すると頬のグレー部分とマスク、ツインアイのバランスが難しいんでしょうね。






P8132705.jpg
ボディ。
REVIVEガンキャノン、ガンダムと比べると今回は若干シールが多めですが、当時のHGフリーダムとは比べ物にならないほどパーツ分けされています。



P8132706.jpg
脚部。
膝は二重関節、サイドアーマーはビルドファイターズシリーズ同様PC002ポリキャップが使用されています。フリーダムは腹部はプラ製のボールジョイントになっているためより強度が高めです。




P8132707.jpg
バックパック。
ノズル上の黄色と赤の部分はシールでの色分け。スラスター、ノズル内部は塗装が必要です。





P8132709.jpg
脹脛の内部バーニア。
フィンは可動は無し。各内部のダクト等は塗装が必要です。





P8132710.jpg
ウイングは3枚構成でそれぞれ可動。フリーダムは立体物が多いのでどれも展開ギミック等は同じ様な感じです。
見た目で大きく変わったのがウイングバインダーの大きさ、長さですね。






P8132712.jpg
ウイングバインダー展開!
フリーダム本体がよりスリムになった事もありウイングのサイズがより引き立ち迫力満点です。





P8132711.jpg
当時のキットよりもパーツが薄く見た目の大きさの割に軽量なため、ポージングも取りやすくなっています。
遊びやすくなったRGみたいなイメージです。






P8132714.jpg
ウイングバインダーはコンピュータ制御で形状を変化させ、大気圏内では空力抵抗を制御し、宇宙空間では質量移動を行う。
デバイスには小型スラスターも内蔵されて放熱板の役割も兼ね備えており、核エネルギーをフル活用する本機の信頼性向上にも一役買っている。








P8132717.jpg

シュー・・・

ズンズンズンズンズンズンズンズン・・・・・・・・・ズンズンズンズンズンズンズンズン・・・・




P8132718.jpg

テンッ テテテン↑ テ テ テン↓ テテテン↑ テンッ テーテーテーテーテーーテーテー テテン テンテンテテテン!!(Meteor-ミーティア)




P8132726.jpg

なんだ!



あのMSは!!




P8132720.jpg
舞い降りる剣!!







P8132728.jpg
付属武器 「MA-M20 ルプス ビームライフル」
ライフルの青いラインはシールでの色分け、センサーは塗装が必要です。




P8132729.jpg
機体よりも早く完成したビームライフル。「ルプス」とはラテン語で「オオカミ」の意味。
ゲイツ改でのテストを経て採用されたもので、サーベルと同じく核エネルギー供給により既存の同類種よりも高出力を誇る。






P8132734.jpg
サイドグリップが可動するので、両手で武器を構えるポージングも出来ます。
ちなみに、ハンドパーツは握り手のみの付属となります。






P8132737.jpg
ライフルはリアアーマーにマウントすることが可能です。






P8132732.jpg
付属品 「ラミネートアンチビームシールド」





P8132731.jpg
ラミネート装甲製であるのが最大の特徴。
台形状の部位には銃眼(ガンポート)を備えており、本体だけでなくライフルそのものの銃身を防護しながらの射撃が可能。下部先端は切れ込みの入った尖角状になっている。






P8132736.jpg
シールド側面の赤い部分だけシールでの再現。
他、中央の赤いラインやダクト部分はパーツ分割による色分け。こちらも少しサイズアップしてますね。





P8132735.jpg
シールドはグリップで保持。
裏側の造形も格好いい。シールド一つ見てもほんとうに比べ物にならないほど良く出来ています。





P8132738.jpg
ビーム・サーベルラック。
サイドアーマー上部に基部がマウントされています。






P8142754.jpg
付属武器「MA-M01 ラケルタ ビームサーベル」



P8132740.jpg
もちろん左右ともサーベルを引き抜くことが出来ます。
ちょっとポロリしやすい部分なので紛失には要注意。



P8132742.jpg
ジャスティスと共通のマティウス・アーセナリー社製ビームサーベル。「ラケルタ」とはラテン語で「トカゲ」の意味。
核エネルギー供給により、既存の同類種よりも高出力かつ長刀身のビーム刃を形成する




P8132747.jpg
二刀流!
劇中では2機の敵機の間を通り抜ける瞬間に相手の頭部や腕を斬り落とすという戦い方が多く、特に二刀流を用いた戦闘シーンがかなり印象的。




P8142755.jpg
「接近すれば!!」







P8142756.jpg
「アンビデクストラス・ハルバード」





P8142757.jpg
サーベルの柄同士を連結させた双刃の薙刀のような状態。
実際にグリップを連結することで再現可能です。








P8142758.jpg
武装 「M100 バラエーナ プラズマ収束ビーム砲」
赤いラインはシールで補っています。青い部分は塗装が必要です。



P8142760.jpg
最上部に位置する2枚のウイングに内蔵されているビームキャノン。「バラエーナ」とはラテン語で「クジラ」の意味。
1門でランチャーストライカーのアグニに匹敵する威力と射程距離を誇り、本機の火器の中では最大の破壊力を有する。





P8142759.jpg
展開ギミックも忠実に再現。
砲身も長めでなかなか迫力がありますね。










P8142761.jpg
武装 「MMI-M15 クスィフィアス レール砲」
砲身、後方部のノズルの赤い部分はシールで補っています。



P8142763.jpg
パーツ差し替えなしの展開ギミック。サイドアーマーとして綺麗に折り曲がった状態で収納されています。
もちろんグリップも付いているので、しっかりと砲身を構えることが出来ます。






P8142767.jpg
腰部両脇に設置されたレール砲兼スラスター基。「クスィフィアス」 とはラテン語で「メカジキ」の意味。
デュエルアサルトシュラウドに搭載されていたシヴァと同系統の装備を発展させたもので、弾丸を高速射出することでランチャーストライク並の火力と携行弾数の多さを両立しており、多数の敵を同時攻撃可能。








P8142768.jpg
ハイマッドフルバースト!!



P8142769.jpg
以前のHGでは再現出来なかったこのポージング。
バラエーナ砲には可動軸が設けられているため、ウイングを開いた状態でも砲身を前側に引き出すことが出来ます。





P8142771.jpg
クスィフィアス砲とバラエーナ砲を同時展開する「フルバーストモード」とウイングバインダーを広角展開した「ハイマッドモード」を組み合わせた形態。
実はゲーム等でそう名付けられてるだけであって、実際の設定ではない様子。






P8142777.jpg
当時のフリーダムはもうどこかに行ってしまったので・・・かわりにプラフスキーパーティクルクリアと並べてみました。
わかりづらいけど違いは必然。






P8142772.jpg
それでも!



P8142773.jpg



P8142774.jpg
守りたい世界があるんだーッ!




P8142775.jpg
これにて「HGCE フリーダムガンダム」レビュー終了です。


人気ブログランキングへ←←







関連

 
MIA エールストライクガンダム     MIA フリーダムガンダム


AMIA フリーダムガンダム


HGCE フリーダムガンダム

Theme:ホビー・おもちゃ
Genre:趣味・実用

comments(1)|trackback(0)|ガンプラ|2015-08-14_22:50|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

ツインアイはセンサーどすえ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。