ブログランキング 現在の閲覧者数: 相撲ロボット製作部 タカラトミーアーツ 不思議生物大百科 深淵の居住者 深海生物 レビュー

相撲ロボット製作部

玩具レビューサイトへようこそ。日本の玩具だけではなく、新旧う問わず幅広い分野でおもちゃを紹介しています。是非見ていってくださいね!

最近のレビュー



ガシャポン戦士f 04


HGBF ういにんぐふみな


FW SDガンダムNEO 03


ケナー スコーピオン・エイリアン


THE INCREDIBLE HULK OUTCASTS TWO-HEAD


ハズブロ G.I.ジョー ニンジャ・コマンドー4×4


SPAWN The Movie バイオレーターDX


SPAWN1 バイオレーター


ハズブロ 猿の惑星 エイプ・コマンダー


トイザらス限定 Schleich シュライヒ ジェフリー


トイザらス  メガバリュージャングルプレイセット


中華トイ 一発変形するトーマスロボ


ダイソー コンテナペーパーボックス


HGUC イフリート改


HGBF はいぱーギャン子


S.H.Figuarts ロケット&ベビー・グルート


ドライブヘッド02 MKII ブレイブバックドラフト


ヘキサギア ガバナー アーマータイプ:ポーンA1 


ネクスエッジスタイル エックス


食玩 機動戦士ガンダム MSイマジネーション


フィギュアライズバスト 初音ミク


LEGENDBB 武者號斗丸(最終決戦Ver.) 


SPAWN 8 カース・オブ・ザ・スポーン


SPAWN3 ホワイト・バーティブレイカー


SPAWN レッド・バイオレーター


ここたまドール  四葉こころ


セリア ドクロのオブジェ(ハロウィン用)


けものフレンズ 特製アクリルスタンド


セガプライズ  フランドール・スカーレット


HGBFすーぱーふみな ガンダムベースカラー


LEGENDBBスペリオルドラゴン クリアカラー


HGPGプチッガイ ゴールドトップ


HGPGプチッガイ シルバースパークル


ガシャポン戦士f ペーネロペー


アゾン 1/12チアリーダーset  


キューブリック スポーン


HGBF チナッガイ


ドライブヘッド ブリッツフォーミュラ


ROBOT魂 ザク・キャノン 


Superior Defender Gundam ガンダムエピオン


HGUCジム・スナイパー


デジモン カプセルマスコットコレクション


1/144 デスティニー ストライクフリーダム クリアver.


フリュー ちょびるめぷち けものフレンズ


BeastBOX JOJO ネオンブルーカラーVer. 


BEASTBOX  DIO さくらVer.


ザ・アクセス ぷるぷるあひる


SPAWN 9 マンガニンジャスポーン2nd ver.


バンダイ 青眼の究極竜


中華トイ 車に変形するアイアンマン



フリーエリア

プロフィール

Sラングレン

Author:Sラングレン
ガンプラ、ねんどろいど、figmaなどなど毎日何かしらレビューするサイトです

リンク

フリーエリア

banner_04.gif  人気blogランキングへ sticker51.png

 

      

フリーエリア

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

タカラトミーアーツ 不思議生物大百科 深淵の居住者 深海生物 レビュー



P8303690.jpg
タカラトミーアーツのカプセルトイ 深海生物の紹介です。



P8303704.jpg
食虫植物や微生物、サメや深海魚などマニアックな商品展開が人気の「不思議生物大百」シリーズ。新作は近年ちょっとしたブームも「深海生物」がテーマとなっています。
価格は1回200円、シークレットを含めた全7種類です。







P8303705.jpg
ダイオウグソクムシ




P8303707.jpg
後ろから。






P8303708.jpg
去年辺りから注目されるようになった今一番メジャーな深海生物!ぬいぐるみやフィギュアなどのグッズ化も多く、まさに深海生物界の新生アイドル!
近年になってその生体や飼育法が徐々に明らかになったらしく、実際に飼育し展示している水族館も増えてきていますね。






P8303706.jpg
ダイオウグソクムシは海の掃除屋と呼ばれ、海底に沈んだ大型魚類やクジラの死骸、弱った生き物を主に食します。
等脚類としては世界最大で、最大50センチメートルに達する個体まで存在しています。





P8303711.jpg
グソクムシといえば・・・衝撃的な裏側。
口や足の付け根の造形、尾ヒレの塗装など非常に細かな仕上がりになっており、裏表のギャップがよく再現されています。いい意味でとっても気持ち悪い出来です!!





P8303712.jpg
フィギュアにはそれぞれクリアカラーの台座が付属しています。






P8303714.jpg
サイズは約60mm。
200円のカプセルトイシリーズとしては十分すぎる大きさ。むしろもっと小さいタイプのフィギュアかと思ってました。






P8303733.jpg
光に当ててみよう。
フィギュアは全身うっすらとクリアな感じになっています。ダイオウグソクムシはがっつり塗装されているため、光が透ける感じはないかな。




P8303776.jpg
他メーカーのダイオウグソクムシ、オオグソクムシ。











P8303716.jpg
オオクラゲダコ




P8303719.jpg
後ろから。





P8303718.jpg
大きなヒレを羽ばたかせて泳ぐ姿から「ダンボオクトパス」とも呼ばれています。
タコの仲間ですが、墨を吐くことはなく、同じ種でもサイズは様々で生体の方はほとんど分かっていないみたいです。




P8303717.jpg
小動物的なこじんまりとした可愛さがオオクラゲダコの魅力!食べ物で例えるなら・・・ひよこまんじゅう?
オオクラゲダコよりもメジャーな「メンダコ」に似てるなっと思って調べてみたら、どちらも「メンダコ科」に属する種だそうで。




P8303720.jpg
吸盤と口の造形もちゃんとあります。




P8303722.jpg
2つも当たってしまったので。
そのままゲームに出てきてもおかしくないようなファンタジーな魅力がありますね。




P8303724.jpg
艦娘とオオクラゲダコ
おしゃれな帽子じゃないぞ!





P8303725.jpg
光を当ててみよう!













P8303734.jpg
センジュナマコ
ふくよかな外見と、うっすらとしたピンク色からSea pig(海豚)とも呼ばれています。




P8303736.jpg
後ろから
どっちが前でどっちが後ろ・・??




P8303735.jpg
触手が多いほうが前!センジュナマコは口元にある触手を使って泥をかき回すことで、泥の中にある餌を探し、クジラの死骸等を好んで食べます。
10~14本のチューブ状の脚は水圧により太さが変わり、それを利用して移動する。背中に生えた触覚のようなものも脚と同様の構造をしているが、用途は分かっていない。






P8303738.jpg
クリア素材を存分に活かしたフィギュアとなっており、体の中の臓器的な器官が薄っすらと透けて見えます。
外見だけではなく中身まで再現されているとなると相当凝った仕上がりですよね。現存するセンジュナマコのフィギュアの中で一番のクオリティだと思います。





P8303739.jpg
艦娘と深海生物
ナマコなので害はないんですが・・・足がたくさん生えた生物はやっぱり気持ち悪い。ナマコも形状が様々なのでもっと変な奴もたくさんいます。




P8303730.jpg
光を当ててみよう。
曲線とテカリが神秘的・・・!














P8303741.jpg
オオグチボヤ




P8303743.jpg
後ろから




P8303744.jpg
白く半透明で、パックリと口を開け異様な姿をしていますが、その名の通りボラの仲間。
大きな口に見える入水孔から海水を吸い込み、含まれるプランクトン等を濾して食べる。小さい身体だがちゃんと脳、胃、ちょう、肛門があるとされています。



P8303747.jpg
口をゆっくりとパクパクさせる仕草、マリオのパックンフラワーのような外見・・・なんでしょう、ずーっと眺めていても飽きないような無機質な可愛らしさを感じます。
え、可愛くない? 普通のボラとは比べ物にならないくらいかわいいですよ。





P8303750.jpg
艦娘と深海生物







P8303729.jpg
光を当ててみよう。











P8303753.jpg
ハダカカメガイ



P8303755.jpg
後ろから



P8303754.jpg
巻き貝の仲間であるが、成長すると完全に貝殻を失う。
「クリオネ」という呼び名は学名からくる通称である。



P8303756.jpg
ハダカカメガイと言われると何だかさっぱりわかりませんが・・・この容姿を見ればピンときますよね!そうです、数年前に一大ブームになった深海生物「クリオネ」です!
赤ピンクのクリア素材と透けて見える中身が非常によく再現されています。クリオネだけスタンド軸が付属しています。



P8303727.jpg
光を当ててみよう!!
・・・綺麗だ。





P8303728.jpg
一瞬、本物と見間違えるくらいの美しさ・・・・これが200円で手に入るなんて、素敵すぎます!!





P8303757.jpg
艦娘と深海生物
そういえば昔、海洋堂が深海生物のボトルキャップフィギュアをリリースしてましたよね。ちゃんと取っておけばよかった。。






P8303758.jpg
ハダカカメガイ(捕食時)




P8303762.jpg
後ろから。



P8303759.jpg
バッカルコーン!!
こちらがこのシリーズのシークレットとなります!クリオネの可愛いビジュアルからは想像できないこの捕食時の姿・・・映像で見るともっと衝撃的ですよね。



P8303764.jpg
胴体部分は通常のものとまったく同じで、頭部部分の造形だけ変更されています。




P8303731.jpg
光を当ててみよう!
本物っぽい!




P8303765.jpg
クリオネはもしかしたら当たりやすい??
一番馴染み深い生物だし、このシリーズの中ではクオリティも高いので一番お勧めかな。次にダイオウグソクムシ。





P8303766.jpg
艦娘と深海生物



P8303770.jpg
       加賀「あ、赤城さん。」              赤城「・・・・・。」





P8303771.jpg
バッカルコーン!!!



ガブッ!!











P8303772.jpg
加賀「赤城さんのバッカルコーン・・・・。」








P8303701.jpg
ヒカリジュウモンジダコ
全7種類中・・・これだけ当たりませんでした。。残念。








P8303774.jpg
これにて「タカラトミーアーツ 不思議生物大百科 深淵の居住者 深海生物」レビュー終了です。






人気ブログランキングへ←←






関連

 
奇譚クラブ グソクムシウインナーマスコット   奇譚クラブ グソクムシのケース

 
いきもん ダイオウグソクムシとオオグソクムシ  リーメント 深海魚寿司


タカラトミーアーツ 深海生物

Theme:ホビー・おもちゃ
Genre:趣味・実用

comments(0)|trackback(0)|カプセルトイ 食玩|2015-08-31_22:00|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント