ブログランキング 現在の閲覧者数: 相撲ロボット製作部(更新停止) スペシャルクリエイティブモデル4 Gファイター レビュー
FC2ブログ

相撲ロボット製作部(更新停止)

こちらのブログは更新停止しました。新ブログ「おもちゃの巣」の方でよろしくおねがいします。

最近のレビュー



PLUM ハムマン改


シルフィーあみあみイメージカラーVer.


B-321f 轟雷リミテッドモデル(シルフィーカラー)


SDガンダム クロスシルエット ガンダム


DXS08 ブラックシンカリオン


ポケモンキット フシギバナ


セリア 変形ロボットカー


ゾイドワイルド  ガノンタス・アペシュ


ゾイドワイルド ガブリゲーター・セベク


マテル インドラプトル


ホットウィール シャークバイト(レッド)


ゲキタマン ゴッドガンダム


マテル  ディープ-ダイブ・サブマリン


ホットウィール モササウルス


カプセルトイ 最強生物ミニパペット


ホットウィール  コマンダー・クロコ


ホットウィール  シャークルーザー


ゾイドワイルド ガノンタス


ゾイドワイルド ガブリゲーター


コトブキヤ 黒のライダー


マテル ブルー&オーウェン


マテル 大暴れ!T-レックス


マテル モササウルス


アニア モササウルス


アニア インドラプトル


改造 FAG 迅雷型 [ドミネイト]


ホットウィール シャークバイト


タカラ 新!仮装大賞パネル


北海道限定アニバトロン クマタイプ


ゲキタマン ウイングガンダムゼロカスタム


ゲキタマン ニューガンダム


奇譚クラブ パクパク走る!恐竜の化石


シャイング ベンザオオクワガタ


カプセルトイ つぶつぶカエル


中華トイ ヘビラジコン


 52TOYS MEGABOX エイリアン


AZONE  1/12若葉女子高校制服衣装set


ゲキタマン ゼータガンダム


デスクトップアーミー EJUバリスタ (クリアーブラック)



フリーエリア

プロフィール

Sラングレン(抜け殻)

Author:Sラングレン(抜け殻)
ガンプラ、ねんどろいど、figmaなどなど毎日何かしらレビューするサイトです

リンク

フリーエリア

banner_04.gif  人気blogランキングへ sticker51.png

 

      

フリーエリア

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

スペシャルクリエイティブモデル4 Gファイター レビュー



P9053972.jpg
スペシャルクリエイティブモデル4 Gファイターの紹介です。
こちらは2004年に発売されたプライズフィギュアになります。




P9053982.jpg
Gファイター
本体はABS(硬質プラスチック)、キャタピラや砲身は塩ビ素材が使用されています。



P9053981.jpg
後ろから。
ブースター部分など、色分けは塗装でほぼ完璧に再現されています。




P9053980.jpg
地球連邦軍の重戦闘機、ガンダムを内部に収納して輸送するために開発されたサポートメカ。前部がAパーツ、後部がBパーツと呼ばれている。
ホワイトベースに試作機2機がそのまま配備され、パイロットはセイラ・マスとスレッガー・ロウが務めた。




P9053975.jpg
コクピット部分。
クリアパーツで再現されています。



P9053989.jpg
下から。
前部Aパーツには無限軌道が付いており、地上では戦車的な運用も可能。




P9053979.jpg
主砲「ビームキャノン」
2門のビームキャノンは、そのエネルギーが「ガンダムのビームライフルの3倍は持つ」と劇中アムロ・レイが述べている。




P9053978.jpg
主砲は左右にロール可能です。
他武装として、機首のミサイルや後部下に4連装ミサイルが装備されているんですが、特にギミックはありません。




P9053986.jpg
スペシャルクリエイティブモデル4 ガンダムと一緒に。
ガンダムより一回り大きいサイズなので、Gファイター単体でもなかなかのボリュームです。




P9053987.jpg
この「S.C.M 4 ガンダム」が揃って、初めてフル活用出来るようになるのがGファイター!!
それぞれ合体分離させることで、劇中に登場した様々な形態が再現可能となっています。








P9053992.jpg
AパーツとBパーツを分離。



P9053993.jpg
ウイング部分を180°回転させます。



P9053995.jpg
裏側のキャタピラを取り外し、Bパーツのハッチを開きます。



P9053997.jpg
ガンダムの下半身を収納。



P9053998.jpg
取り外したキャタピラはガンダムのバックパックに開いた穴に接続。



P9053999.jpg
Gファイター付属のシールド、接続パーツを使用し、このようにガンダムに装備させます。



P9054000.jpg
Aパーツをガンダムの上半身に被せて・・・・



P9054001.jpg
Gアーマーの完成!!



P9054003.jpg
後ろから。




P9054002.jpg
Gアーマーは、全てのパーツを使用し、ガンダムを上に向かせた状態でGファイターの前後パーツで挟んだ重戦闘爆撃機形態。
ガンダムの腹部が剥き出しになるという設計ミスがあったため、その両脇をガンダムの両腕に装備したガンダムシールド2枚で保護するという方法が実戦運用で誕生した。




P9054004.jpg
まさに玩具を出すために用意されたような合体変形ギミック。Gファイターは最大のギミックである合体こそ全て!!
玩具といえばクローバーのガンダムを思い出させますね。






P9054005.jpg
Gスカイ
Gパーツの後部Bパーツ、ガンダムの下半身Bパーツ及びコア・ファイターを戦闘機形態のまま合体させた大型戦闘機形態。



P9054006.jpg
コア・ファイター自体は露出しているため防御性は変わらず、武装もコア・ファイターに装備されたものが基本となる為にあくまで推力・航続距離の増大のみがメリットとなり、長距離侵攻、そしてヒットアンドアウェイの戦術が基本である。
簡単にAパーツとガンダムの上半身を外した状態で、コアファイターを変形させることで完成します。




P9054007.jpg
Gブル
Gパーツの前部Aパーツ、ガンダムの上半身Aパーツ及びコア・ファイターをガンダムに格納させて合体させた、重戦車形態。




P9054008.jpg
各ドッキング・パターンの内で唯一ガンダムのコクピットから操縦可能な形態であるが、もちろんGファイター側のコクピットからも操縦可能であり、アムロ・レイによればGファイター側からのほうが火器管制は容易であるという。
キャタピラ後部にバーニアが付けられており、短時間の飛翔が可能。




P9054009.jpg
Gスカイとは違って、ガンダムの上半身+Aパーツのみの合体。コアファイター部分がむき出しになってしまったり、コクピットが2つになってしまったりと・・・少し謎が多い。
ガンダムの熱核反応炉が使えるため火力はかなり高めでビームライフルの運用も可能だそうです。






P9054021.jpg
ガンダム(MA)
ガンダムの下半身にBパーツを取り付けた状態。



P9054024.jpg
後ろから。




P9054022.jpg
テレビアニメ版第32話にてザクレロとの戦闘時に取った形態で、高速戦闘が可能な反面、AMBAC機動を使った対MS戦では不利になるため、1度しか使用されなかった。
へんてこな外見でわずと知れたガンダムの珍形態ですね。




P9054010.jpg
Gスカイイージー



P9054013.jpg
Gスカイからガンダムの下半身Bパーツを除いた、Gパーツの後部Bパーツとコア・ファイターのみを合体させた形態。
劇中ではGファイターと並んで使用頻度が多い形態でした。



P9054011.jpg
ドダイなどのサブフライトシステムとして使用可能で、アニメではマ・クベの陰謀で発射された水爆ミサイルを破壊するため、ガンダムがGスカイイージーに乗るシーンが印象的ですね。




P9054014.jpg
Gブルイージー




P9054015.jpg
Gブルからコア・ファイターを除いた、Gパーツの前部Aパーツとガンダムの上半身のみを合体させた形態。
中核になるコアファイターが無いため、こちらの場合はGファイターのコックピットを使用して操縦する。




P9054019.jpg
GブルイージーとGスカイイージー
共通パーツが無いため、一緒にディスプレイする事が出来ます。





P9054032.jpg
Gブルイージー・イージー



P9054033.jpg
こちらはガンダムを使用せず、Aパーツにシールドを取り付けただけの更なる簡易モード。
運用によって誕生した形態であるため正式な名称は存在せず、単にGブルイージーと呼ばれていた。玩具的にも副産物として再現可能です。




P9054026.jpg
ガンダム
ダブルシールド装備。2つを重ねて使っている設定です。





P9054028.jpg
                   ↑HGUC                 ↑S.C.M.4
HGUC Gファイターと比較。





P9054029.jpg
スペクリの方が少しサイズが小さめで、特にAパーツ部分の大きさが異なります。
こうして比べてみると、HGUCよりスペクリの方がアニメに近いフォルムですね。





P9054031.jpg
スペクリGファイターは、MIAと組み合わせても良し!
ガンダムのサイズは異なりますが、しっかりと内蔵可能。MIA Gファイター(Gアーマー)は日本未発売商品なので代用としての需要がありますね




P9054030.jpg
長くなりましたがこれにて「スペシャルクリエイティブモデル4 Gファイター」レビュー終了です。



人気ブログランキングへ←←







関連

  
S.C.M 2 陸戦型ガンダム                         S.C.M 3 ガンダムF91        S.C.M 4 ガンダム


S.C.M.4 Gファイター

Theme:ホビー・おもちゃ
Genre:趣味・実用

comments(0)|trackback(0)|S.C.M|2015-09-18_22:00|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。