ブログランキング 現在の閲覧者数: 相撲ロボット製作部(更新停止) レビュー デジモンリブート オメガモン(スペシャルクリアカラーVer.)
FC2ブログ

相撲ロボット製作部(更新停止)

こちらのブログは更新停止しました。新ブログ「おもちゃの巣」の方でよろしくおねがいします。

最近のレビュー



PLUM ハムマン改


シルフィーあみあみイメージカラーVer.


B-321f 轟雷リミテッドモデル(シルフィーカラー)


SDガンダム クロスシルエット ガンダム


DXS08 ブラックシンカリオン


ポケモンキット フシギバナ


セリア 変形ロボットカー


ゾイドワイルド  ガノンタス・アペシュ


ゾイドワイルド ガブリゲーター・セベク


マテル インドラプトル


ホットウィール シャークバイト(レッド)


ゲキタマン ゴッドガンダム


マテル  ディープ-ダイブ・サブマリン


ホットウィール モササウルス


カプセルトイ 最強生物ミニパペット


ホットウィール  コマンダー・クロコ


ホットウィール  シャークルーザー


ゾイドワイルド ガノンタス


ゾイドワイルド ガブリゲーター


コトブキヤ 黒のライダー


マテル ブルー&オーウェン


マテル 大暴れ!T-レックス


マテル モササウルス


アニア モササウルス


アニア インドラプトル


改造 FAG 迅雷型 [ドミネイト]


ホットウィール シャークバイト


タカラ 新!仮装大賞パネル


北海道限定アニバトロン クマタイプ


ゲキタマン ウイングガンダムゼロカスタム


ゲキタマン ニューガンダム


奇譚クラブ パクパク走る!恐竜の化石


シャイング ベンザオオクワガタ


カプセルトイ つぶつぶカエル


中華トイ ヘビラジコン


 52TOYS MEGABOX エイリアン


AZONE  1/12若葉女子高校制服衣装set


ゲキタマン ゼータガンダム


デスクトップアーミー EJUバリスタ (クリアーブラック)



フリーエリア

プロフィール

Sラングレン(抜け殻)

Author:Sラングレン(抜け殻)
ガンプラ、ねんどろいど、figmaなどなど毎日何かしらレビューするサイトです

リンク

フリーエリア

banner_04.gif  人気blogランキングへ sticker51.png

 

      

フリーエリア

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

レビュー デジモンリブート オメガモン(スペシャルクリアカラーVer.)


PC209734.jpg
プレミアムバンダイ限定 デジモンリブート オメガモン(スペシャルクリアカラーVer.)の紹介です。
販売価格4,104円。





PC209731.jpg
デジモンリブート オメガモン



PC209732.jpg
後ろ姿。




PC209727.jpg
クリアラメ成形、パール成形などを採用した、煌びやかなスペシャルカラー!
こちらは2010年に発売されたプラモデルのカラバリキットとなっています。まさか5年後しに復活を果たすとは思いませんでした。





PC209737.jpg
バストアップ
本体はホワイトパーツ成型。そのままだと締りがないのでスミ入れを施してみました。




PC209738.jpg
頭部。
目はシールでの色分けになるんですが、モールドがあるので塗装して良し。




PC209740.jpg
頭部の接続はボールジョイント、首の根元が前後に可動します。
全体的な作りや使用されているポリキャップはガンプラに近い感じです。



PC209742.jpg
ボディ。
青いラインや緑の球体など色分けはほぼ付属のシールでの再現となります。



PC209743.jpg
下半身。
ツメはクリアイエローで非常に綺麗な見栄え。オメガモンはパールカラーがよく似合いますね!




PC209744.jpg
右腕はメタルガルルモンがモチーフ。
クリアブルー成型になっています。オリジナルのオメガモンと違いメタルガルルモンの瞳の部分には色があります。




PC209745.jpg
左腕はウォーグレイモンがモチーフ。
こちらはラメ入りのクリアオレンジ成型。瞳のシールは貼らないほうがオメガモンらしいとは思うんですが、せっかくシールが付属しているので。




PC209746.jpg
ガルルキャノン
氷の砲弾を放つことが出来る大砲。



PC209748.jpg
口は開閉可能で、内部には砲身があります。



PC209749.jpg
ガルルキャノン発射状態。



PC209751.jpg
こちらは砲身部分を専用パーツに差し替えることで再現。




PC209753.jpg
ブレイブシールド
左肩に付いているシールド。



PC209777.jpg
ブレイブシールドは内部にホイルシールを貼りクリアレッドのパーツで被せる感じです。
「勇気の紋章」のマークがあるんですが、こちらも大分アレンジが加わってますね。




PC209754.jpg
グレイソード。



PC209759.jpg
メタルガルルモン側と同じく口部分が開閉可能、パーツを差し替えることでソード展開時の形態が再現可能です。




PC209756.jpg
オールデリート!
刀身に描かれたデジ文字もモールドで精密に再現。との事なんですが・・・・付属のシールを全面に貼る形になるため塗装しないとモールドの意味が全くありません。




PC209762.jpg
リア
オメガモンのマントは、ウイングとしてアレンジされています。よく見るとスラスターのようなモールドが確認できますね。




PC209764.jpg
ウイングは根元で上下スイング、外側の2枚がそれぞれ左右に展開することが出来ます。




PC209766.jpg
内側は綺麗クリアレッドカラー。
通常キットとは違って厚ぼったい感じがしない所がいいですね!非常に綺麗見栄えです!!





PC209767.jpg
可動範囲
膝は二重関節、つま先も曲がるので方片膝立ちのポージングも可能。デザイン上、腰回りの可動範囲は広めです。




PC209770.jpg
腕はせいぜい90°曲げられる程度。上下の可動は左右とも肩アーマーが干渉するためあまり腕を上げることは出来ません。






PC209760.jpg
そもそも「デジモンリブート」とは一体何なのか!!







PC209768.jpg
「デジモンリブート」はアニメ、ゲームとは別で、プラモデル化をする際にオリジナルアレンジされた全く新しいジャンルのデジモンです。
機械的な画と生物的な画のどちらの性質も併せ持つデジモンならではの魅力を追求し、メカニカルなフォルムと生物的な躍動感を活かした現代風アレンジとなっています。




PC209750.jpg
プラモデルシリーズ第一弾として発売されたのがこの「オメガモン」!
デジモンの中で一番人気と言っても過言ではないキャラクターなのでまさに第一弾としてはまさにふさわしい商品だとおもいます。


しかし!



PC209772.jpg
その後のシリーズ継続は一切なく・・・・デジモンリブートはなんと第1弾が最初で最後のプラモデルキットになってしまいました。
ちなみに第2弾「デュークモン(参考出展)」第3弾「エンジェモン(イメージイラスト)」第4弾「デビモン(イメージイラスト)」と商品化の予定はちゃんとあったようです。



では、何故打ち切られてしまったのか。



PC209770.jpg
問題はキットの出来と値段。ガンプラだとMGが十分買える価格なのに、いざ箱を開けると・・・パーツ数は少なく作りもHGUC以下。
シールでの色分けも多く、グレイソードも大分大雑把。さらに目立つ肉抜き、マントや股関節などパーツが外れやすい箇所が多く、構造面での工夫は全く無し。




PC209769.jpg
オメガモン自体のデザインは非常に格好いいので悪い点ばっかりではないんですが、値段と出来を考えるともうちょっとパーツをしっかり分けて欲しかったという不満は残りますね。
当時はオメガモン自体久々の立体化だったので、期待してたのと違った・・・という裏切られた気持ちが大きかったんだとおいます。




PC209775.jpg
出来よりも物珍しさ。
再販もされていないので、現在ではプレ値が付くほど高騰しており手に入れるのが困難なキットの1つとなっています。



PC209771.jpg
そしてまさかの限定キット化!!




PC209776.jpg
「デジモンアドベンチャー」TVアニメ放映15周年と新作の「デジモンアドベンチャー tri.(トライ)」に便乗し5年越しに、このように再度リブートオメガモンの姿を拝むことが出来るようになりました。
個人的には好きなキットだったので、出来よりもシリーズが続かなかった事が一番残念だった思います。




PC209792.jpg
付属品「ARコード」
2010年より稼働していたアーケードゲーム「デジモンクロスアリーナ」のARコード。アニメ「デジモンクロスウォーズ」放送時に登場した筐体で超デジカ大戦や玩具とも連動したシリーズです。
今思うと「機動戦士ガンダムAGE」のゲイジングバトルベースに通じる物を感じますね。



PC209735.jpg
付属の説明書。
こちらは通常キットと同じものでした。





PC209778.jpg
通常キットと一緒に。




PC209780.jpg
こちらは当時作ったものなんですが、シールを一切使わずパーツ裏やダクトなど塗装をしっかりと施して完成させました。





PC209779.jpg
グレイソードの塗装にはだいぶ手を焼いた記憶があります。





PC209784.jpg
ちなみに、フィギュアーツオメガモンと並べるとこんな感じ。
サイズも大きく大分マッシブですね。





PC209736.jpg
イラスト。



PC209788.jpg
通常版パッケージイラスト。




PC209782.jpg
これにて「デジモンリブート オメガモン(スペシャルクリアカラーVer.)」レビュー終了です






おまけ。


PC209785.jpg
デジモン系ついでに、デジモン02プラモデルシリーズの01「エクスブイモン」


PC209786.jpg
こちらは2000年頃から発売されている簡易キットです。
ブラックウォーグレイモンやパイルドラモンなどラインナップは結構良かったんですよね。デジモンはプラモデルよりも玩具の方がメインなのであんまり種類が出てません。


PC209789.jpg
チビモンも付属。


PC209787.jpg
ちなみに使用されているポリキャップはBB戦士と同じもの。
プラモデルながらも筋肉質な造形がいいですね!




以上。


人気ブログランキングへ←←




関連


  
アーマー進化シリーズ フレイドラモン    EX奇跡のデジメンタル マグナモン        DX超進化 インペリアルドラモン

  
超進化シリーズ4 ガルダモン         超進化シリーズ5 アトラーカブテリモン     バンダイ デジモンアドベンチャー メモリアルグッズ


S.H.Figuarts カオスデュークモン



デジモンリブート オメガモン(スペシャルクリアカラーVer.)

Theme:ホビー・おもちゃ
Genre:趣味・実用

comments(0)|trackback(0)|デジモン|2015-12-20_17:37|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。