ブログランキング 現在の閲覧者数: 相撲ロボット製作部 G.F.F. クスィーガンダム / ペーネロペー レビュー

相撲ロボット製作部

主にフィギュア、プラモのレビューとアニメの感想を毎日更新を目指して頑張ってるブログです。ねんどろいど、figma、武装神姫、ライダー玩具

最近のレビュー



NECA ゴリラ・エイリアン


NECA マンティス・エイリアン


タイムボカン24 ボカンメカ オケドリラー


タイムボカン24 ボカンメカ ホタルジャイロ


プライマルレイジ ディアブロ


Sonic Heli Marine オスプレイ


バンダイ ヘボット! ガシャプラシリーズ vol.1 


システムサービス くり返し使える くす玉


カバヤ 変身昆虫カブトクワガタ!新種捕獲


FAG バーゼラルド 黒兎


セリア 組立ロボット


セガプライズ Fate/Grand Orderセイバー/沖田総司


タイトープライズ 艦これ 山城 ”休日” 


マクファーレントイズ スポーン グレー・サンダー


SD-FLEXTiON 06 ザコソルジャー (韓国版)


チープトイ 変形ロボ 天空神


中華パチモントイ ドラえ◯ん


中華トイ 光って回るコマ


カプセルトイ2000円生き物福袋


WISM・ソルジャー アサルト/スカウト


ソフビトイボックス 003 ジャイアントパンダ


カプセルOne 刀剣乱舞 -ONLINE- 立体胸像


セガプライズ プリパラ  南みれぃ 風紀委員長Ver.


タイムボカン24 DXクワガッタン


ねんどろいど アクア


HGPG プチッガイ(ストレイブラック&キャットコス)


フィギュアライズバスト ホシノ・フミナ


オトモンソフビシリーズ ティガレックス


アプリアライズアクション AA-06 レイドラモン


バンダイ 藤岡弘、コーヒーカップ探検隊



フリーエリア

プロフィール

Sラングレン

Author:Sラングレン
ガンプラ、ねんどろいど、figmaなどなど毎日何かしらレビューするサイトです

リンク

フリーエリア

banner_04.gif  人気blogランキングへ sticker51.png

 

      

フリーエリア

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

G.F.F. クスィーガンダム / ペーネロペー レビュー


P3140538.jpg
GUNDAM FIX FIGURATION #0025 クスィーガンダム / ペーネロペー の紹介です。
価格:5,775円


P3140542.jpg
RX-105 Ξガンダム




P3140543.jpg
後ろ姿




P3150567.jpg
バストアップ
GUNDAM FIX FIGURATION(通称 G.F.F.)シリーズは、2001年よりスタートしたガンダムフィギュアの新ブランド。デザイナー「カトキハジメ氏」プロデュースによる精密なディテール、多彩なマーキングなど細かな部分までこだわり尽くされた大人向けのハイクオリティフィギュアです。




P3150552.jpg
現在でも、GUNDAM FIX FIGURATION METAL COMPOSITE(ガンダム・フィックス・フィギュレーション・メタル・コンポジット)GUNDAM FIX FIGURATION NEXT GENERATION(ガンダム・フィックス・フィギュレーション・ネクスト・ジェネレーション)としてシリーズが引き継がれています。
ロボット魂のKa signatureシリーズも延長線と言えるでしょう。




P3150561.jpg
発売日は2005年05月01日。
小説「閃光のハサウェイ」に登場したモビルスーツ「クスィーガンダム」「ペーネロペー」のコンバーチブルモデル。今ではロボット魂が発売されていますが、GFFシリーズが初の立体化になります。




P3140549.jpg
頭部
GFFクスィーガンダムの頭部は個体差が激しくツインアイ部分が歪んでいたり、接着がずれていたりといった問題が多く報告されています。
今(2016年)ではなかなか新品状態で手に入れる事が難しいと思うんですが、購入時には顔のズレを一番に注意しましょう。




P3140547.jpg
横顔のほうが見栄えがよく見えますね。
頭部はデザイン上、首を左右に動かすことがで出来ません。




P3150553.jpg
ボディ
所々にオリジナルアレンジのマーキングがプリントされています。GFFのハイクオリティな造型にも注目です。




P3150554.jpg
ボディはびっしりと装甲パーツで覆われており、見た目のボリュームも満点!
使われてるパーツ数が多い分、ポロリしやすい箇所も多く、可動範囲も極端に狭くなっています。




P3150556.jpg
ミノフスキー・クラフトユニット
所々ブルーでスミ入れが施されています。




P3150559.jpg
後ろ側。



P3150565.jpg
ブースター部分等の可動はなし。




P3150568.jpg
ミノフスキー・クラフトユニットの間にビーム・サーベルが2本マウントされています。





P3150558.jpg
長く伸びたスタビライザー。




P3150574.jpg
こちらは上下に可動します。





P3150562.jpg
腰は左右にスイング可能なんですが、ほんの少しだけしか動きません。




P3150557.jpg
脚部
びっしりと埋め尽くされたマーキング!見た目の情報量が凄いです。




P3150563.jpg
主な素材はPVC樹脂。
当時主力玩具だったMIAと比べるとだいぶガッチリと作られてる感じです。




P3150560.jpg
脹脛、各スラスター部分。





P3150588.jpg
膝のシリンダー部分。





P3150577.jpg
肘と膝は90度曲がりますが、それ以外はほぼ動かすことが出来ません。
フィギュアの可動に関してはあんまり考えられておらず・・・デザインのほうを優先に作られてる感じです。ディスプレイモデルとしてみたほうが正しいでしょう。





P3150573.jpg
宇宙世紀0104年、「マフティー」が同組織の象徴としてアナハイム・エレクトロニクス社に極秘裏に発注した、当時最新鋭の第5世代モビルスーツ。
Ξ(クスィー)という名称は、同じアナハイム社製で「アムロ・レイ」の最後の乗機であるνガンダムの意思を継ぐという意味を込め、「ν」の次のギリシア文字であることから命名された。
パイロットはマフティー・ナビーユ・エリン(ハサウェイ・ノア)





P3150570.jpg
両肩を覆う裃状のミノフスキー・クラフトユニットが最大の特徴で、サブフライトシステムや変形機構に頼らない、機体単独での大気圏内飛行を可能としている。
ミノフスキー・クラフトのモビルスーツ本体への搭載は機体の大型化を余儀なくされ、30m級の大型機として完成させるに至った。






P3150580.jpg
付属品「シールド」





P3150581.jpg
シールドは腕の装甲を一部取り外して装着。
接続部はシールド裏のレールに沿って前後に可動します。




P3150582.jpg
最近のゲームやロボット魂Ξガンダムが装備しているシールドは、もっとカラフルな色合いですね。




P3150583.jpg
付属品「ビームライフル」




P3150585.jpg
携行型射撃用ビーム兵装。
ビームの高出力化によって旧来品の倍近くの初速を誇る。




P3150584.jpg
ライフル本体には特にギミックはありません。
専用のハンドパーツが付属しています。




P3150586.jpg
ハサウェイ「人の犯した過ちは、マフティーが粛清する! 」
Ξガンダムのミノフスキー・クラフトは機体本体に搭載されており、またペーネロペーよりも後発の機体であった事からビーム・バリアの性能も向上しており、機体の完成度に関してはペーネロペーよりも高い。





P3150589.jpg
付属品「ビーム・サーベル」




P3150592.jpg
バックパックに装備されている格闘用ビーム兵装。
基部にマウントされた状態でも稼動可能であり、手に持たずとも敵機を両断することが出来る。




P3150591.jpg
サーベルラックから取り外し可能なんですが、こちらの基部とは別にエフェクト展開時のビーム・サーベルが付属しています。



P3150593.jpg
ビーム・サーベルは2本分付属。
また、サーベルを握らせる専用のハンドパーツも左右用意されています。





P3160663.jpg
ミノフスキークラフトユニット展開。




P3160664.jpg
肩アーマー等を一度取り外して、差し替えることで再現可能です。





P3160665.jpg
「これ以上はやらせない!一気に畳み掛ける!」
飛行形態にすると更にパーツの取れやすさがアップ・・・・正直、遊ぶのが嫌になるほどぽろぽろと抜け落ちます。。





P3160668.jpg
付属品「ファンネルミサイル」




P3160666.jpg
2つ付属。
専用のスタンド等が付属してないため、Ξガンダムと一緒にディスプレイ出来ない所が難点。





P3160671.jpg
ハサウェイ「行け!ファンネル!!」
サイコミュを用いた遠隔操作端末「ファンネル」の応用兵器で、発射後のミサイルをパイロットの思念で誘導することが可能。





P3170672.jpg
付属品「専用台座」
GFFシリーズ共通のデザイン。





P3170674.jpg
では、Ξガンダムからペーネロペーへと換装です。







P3170675.jpg
こちらが共通素体となります。
思ったよりもパーツがそのまま残っていますね。
























P3190722.jpg
RX-104FF ペーネロペー




P3190723.jpg
後ろ姿。




P3190724.jpg
元となるオデュッセウスガンダムの全身にフライトユニットを装着した姿。
その姿はクスィーガンダムよりも一回り程大きく、縦も横もボリュームも満点!!立体化するだけでも凄いのによくコンパチモデルとして商品化したなーっと感心します。





P3190737.jpg
バストアップ。
GFFシリーズ屈指のパーツ数・・・換装させるまでに結構な時間がかかりました。





P3190733.jpg
頭部。
上部のパーツに挟まれているため、頭部はほぼ固定されてしまいます。




P3190732.jpg
正面から見るとこんな感じ。
赤く鋭いツインアイ・・・・結構な悪人面ですね。クスィーガンダムよりもこっちの方が頭部の造形は良く出来てると思います。





P3190727.jpg
ボディ
ところどころ塗装のはみ出し部分があるんですが、全塗装で商品化されていることに驚きを隠せません・・・




P3190725.jpg
最近ロボット魂の方でも発売されましたが、その商品の違いを楽しんでもらえると幸いです





P3190728.jpg
所々のブルー部分などロボット魂よりもGFFの方が全体的に明るめの色合いですね。




P3190731.jpg
頭上のセンサーユニットには一部クリアパーツが使用されています。




P3190738.jpg
胸部の突き出したユニット。




P3190740.jpg
肩のフライトユニット
裏側のフィンは多層構造になっています。



P3190741.jpg
シールド
ディティールが細かく、パーツ一つ一つの情報量が凄い。



P3190744.jpg
テールスタビレーター
特に可動ギミックはありません。




P3190742.jpg
フロントスカート
パーツの付け外しには注意し、慎重に取り扱わないとないと接続部がすぐ折れます。




P3190745.jpg
脚部フライトユニット
パーツ外れ易さはもはや言うまでもなく・・・少し触れただけでパーツが抜け落ちる程。




P3190743.jpg
脚部。
ライディングギアのようなユニットは可動します。





P3190746.jpg
小説「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」に登場する、地球連邦軍の試作モビルスーツ。
実質的にΞガンダムの試作機ともいえるが、ミノフスキークラフトは外付けのオプションパーツとなっており、空気抵抗軽減用ビームバリアの完成度も低い。
そのため、空戦専用に開発されたΞガンダムと違い、高速巡航時は専用の「フライトフォーム」へと変形する必要があります。




P3190748.jpg
付属武器「ビーム・ライフル」





P3190749.jpg
クスィーガンダムと形状が異るビームライフル。
可動ギミック等はありません。





P3190747.jpg
ハンドパーツはクスィーガンダムと共有です。






P3190751.jpg
レーン・エイム「この戦いは、理屈ではないのさッ!」





P3190752.jpg
付属武器「ビーム・サーベル」




P3190754.jpg
腕部に取り付けられたシールドに付属のエフェクトを差し込みます。




P3190755.jpg
腕部のシールドは複合ユニットとなっており、ビーム・サーベル発生のほか、メガ粒子砲も発射可能。




P3190756.jpg
レーン・エイム「退避などさせん!!」
ファンネルミサイルもクスィーガンダムと共有なので、2つのみ付属です。










P3190757.jpg
フライトユニットの取り外し。




P3190769.jpg
RX-104 オデュッセウスガンダム




P3190770.jpg
後ろ姿。




P3190762.jpg
バストアップ。
アナハイム製ガンダム20周年を記念して開発された試作機。完成後は地球連邦軍に納品され、キルケー部隊のレーン・エイムの乗機となりました。




P3190760.jpg
ただパーツを取り外しただけではなく、背中のスラスター部分等は丸ごとパーツを交換します。




P3190763_201603200010583de.jpg
ボディ
ペーネロペーが大分ガンダムらしい姿に。




P3190768.jpg
脚部。
オデュッセウス時は足のライディングギアパーツを上げた形になります。




P3190767.jpg
劇中ではガンダムかどうかは不明確でペーネロペーとしか呼称されていなかったが、のちにガンダムタイプのMSにオプションである「ペーネロペー・ユニット 」を装備した状態の呼称と設定され、ユニットを装着していない素体としてオデュッセウスガンダムが発表された。
ユニットはペーネロペー・ユニット以外にも複数が検討されていた。






P3190771.jpg
ペーネロペー・ユニット



P3190774.jpg
後ろから。




P3190772.jpg
実質ペーネロペーの余剰パーツで組み上げられている感じです。





P3190773.jpg
合体、分離ギミックを再現している点は玩具的には非常にポイントが高い部分ですね!





P3190775.jpg
オデュッセウスガンダム と ペーネロペー・ユニット





P3190776.jpg
完全分離なので並べて飾ることも可能。






P3190779.jpg
やっぱりΞガンダムとペーネロペーを一緒に飾れないもどかしさが拭えない・・・せっかくのコンパチモデルですが、2体購入して換装できないようにパーツを接着してしまうのが一番だと思います。
出来はともかく定価6000円という価格設定でここまでよく再現出来たなーっとただ感心するばかりです。











おまけ。



P3190777.jpg
P3190778.jpg
「GUNDAM FIXギャルーション」
GUNDAM FIX FIGURATIONの関連企画でスタートしたMS少女シリーズ。イラスト集から抜粋。



P3200788.jpg
P3200787.jpg
P3200789.jpg

小説の設定イラスト。




7bbd43a3.jpg
bf4db079 - コピー (2)
bf4db079 - コピー (3)
bf4db079 - コピー
ガンダムビルドファイターズトライ第25話に登場したΞガンダム







P3190782.jpg
これにて「G.F.F. クスィーガンダム / ペーネロペー」レビュー終了です。


人気ブログランキングへ←←







関連

  
G.F.F. パーフェクトガンダム        G.F.F. フルアーマーガンダム       G.F.F. ガンダムMk-Ⅱ(ティターンズ) / バーザム改

  
G.F.F. GP01 ゼフィランサス      G.F.F. GP04 ガーベラ / ガーベラテトラ改  G.F.F. GP02A サイサリス

  
G.F.F. ZⅡ(ゼッツー)          G.F.F. ウィングガンダム[アーリータイプ]   G.F.F. 百式 / 百式改 / 量産型百式改 / フルアーマー百式改



G.F.F. クスィーガンダム / ペーネロペー

Theme:ホビー・おもちゃ
Genre:趣味・実用

comments(0)|trackback(0)|GFF|2016-03-23_22:00|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント