ブログランキング 現在の閲覧者数: 相撲ロボット製作部 G.F.F. スーパーガンダム / フルアーマー・ガンダム Mk-II レビュー

相撲ロボット製作部

主にフィギュア、プラモのレビューとアニメの感想を毎日更新を目指して頑張ってるブログです。ねんどろいど、figma、武装神姫、ライダー玩具

最近のレビュー



MIA ガンダムMk-II 特別プレミアムフィギュア


MIA 高機動型ザク マサヤ・ナカガワ機


HGUC バーザム


NECA シン・ゴジラ


アドベンチャータイム ジェイク  フィギュア セット


アクションフィギュアコレクション ラクス・クライン


ダイキャストクリエイティブ シン・マツナガ高機動型ザク


組立式MSヘッドディスプレイコレクション2 Zガンダム


バンプレスト 機動戦士ガンダム ディスプレイモデル RX-78 Ver.Ka


メガミデバイス WISM・ソルジャー スナイプ/グラップル


ハッピーセット べジータのアッパーカット


コトブキヤ ウドラ立体ボールペン


ガメラ スタンディングフリクション


バンプレストプライズ SQ 島風 鎮守府の四季


セガプライズ SPM Z1 (レーベレヒト・マース)


タイトープライズ 天津風 準備中 


SPAWN REBORN2 マンガ・シースポーン


SPAWN 10 マンガサムライスポーン


KERORO BOX FIGURATION 2 パワード夏美パック


コトブキヤ ウドラ ソフビ人形


FAG イノセンティア


AGP いまどきのムスメカ 御坂美琴


ハッピーセットドラゴンボール超 放て!ゴテンクス


FAG イノセンティア・ストライクエリート


FAG イノセンティア・ゾンビストライク


バンダイ Voice I-doll ラクス・クライン


True Heroesパワードスーツセット


中華トイ 萌车家族 方方鹿


香港トイ タイタニックボット


アプリアライズアクション AA-11 エンタモン


アプリアライズアクション AA-10 オウジャモン


Schleich   動物レスキュー隊セット


ケナー スワームエイリアン


ハリウッド版 GODZILLAフィンガーパペット


Animal Friction Motorcycle ゼブラ


LBX イカロス・ゼロ リミテッドクリアVer. 


LBX 鬼クノイチ


タカラ チョロQ グラディオン 特製メッキバージョン


BeastBOX BB01 DIO ポリスカラー


FW GUNDAM CONVERGE ♯6 シスクード


Schleich シュライヒ 洞窟プレイセット


Schleich シュライヒ サバンナの川


ねんどろいどこ~で 速水ヒロ


奇譚クラブ ネオ民藝 マスコット


BeastBOX BB01 DIO 通常カラー


BeastBOX BB02 ゴーストドッグ


仮面ライダーエグゼイド シミュレーションゲーマ


SDEXスタンダード 闇の騎士デスサイズ


ガシャポン戦士f(フォルテ)02


トランスフォーマーレジェンズ レオプライム


セガプライズ SPM アサシン 謎のヒロインX


SDGUNDAM ACTION FIGURE V2バスターガンダム


ダッシュ変形ガンダム スーパーガンダム


SD GUNDAM EX-STANDARD ガンダムデスサイズヘルEW


チープトイ オンダ DINOダッシュカー


アメトイ ロボコップ エアコマンド


台湾版プリチケパック


 シルフィー 寒冷地仕様セット

フリーエリア

プロフィール

Sラングレン

Author:Sラングレン
ガンプラ、ねんどろいど、figmaなどなど毎日何かしらレビューするサイトです

リンク

フリーエリア

banner_04.gif  人気blogランキングへ sticker51.png

 

      

フリーエリア

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

G.F.F. スーパーガンダム / フルアーマー・ガンダム Mk-II レビュー


P3231053.jpg
GUNDAM FIX FIGURATION #0019 スーパーガンダム & フルアーマー・ガンダム Mk-II」の紹介です。
価格は4,725円。 





P3231054.jpg
RX-178 ガンダムMK-Ⅱ





P3231055.jpg
後ろ姿。






P3231058.jpg
バストアップ
GUNDAM FIX FIGURATION(通称 G.F.F.)シリーズは、2001年よりスタートしたガンダムフィギュアの新ブランド。デザイナー「カトキハジメ氏」プロデュースによる精密なディテール、多彩なマーキングなど細かな部分までこだわり尽くされた大人向けのハイクオリティフィギュアです。
現在でも、GUNDAM FIX FIGURATION METAL COMPOSITEやGUNDAM FIX FIGURATION NEXT GENERATIO、ロボット魂Ka signatureとしてシリーズが引き継がれています。






P3231070.jpg
発売は2004年02月01日。GFF #0012 「ガンダムMk-Ⅱ(ティターンズ)」の発売から約1年・・・待望のエゥーゴカラーになって再登場!
今回はGディフェンサーとフルアーマーの2バージョンが楽しめる豪華仕様となっています。







P3231061.jpg
頭部。
ガンダムMk-Ⅱ本体はティターンズカラーと同じ造形。






P3231060.jpg
若干塗装のはみ出し部分がありますが、特にパーツのズレや接着ミスもなく品質はいい感じ。
やっぱり全塗装されているという所が凄いですよね。







P3231062.jpg
ボディ
各部のマーキングはタンポ印刷で再現。





P3231063.jpg
フロントアーマー、サイドアーマー。
ガンダムMk-Ⅱは腰が一体造形になっているため一切可動しません。





P3231065.jpg
脚部
どちらかと言うと、太めでどっしりとした感じ。





P3231066.jpg
脹脛、各スラスター部分。





P3231068.jpg
足の裏の造形。





P3231067.jpg
シリンダー部。
シリンダーの可動ギミックはありませんが、ガンダムMk-Ⅱの特徴である「ムーバブルフレーム」の造形もしっかりと再現されています。





P3231064.jpg
バックパック。
サーベルラックは前後に可動します。






P3231071.jpg
地球連邦軍特殊部隊「ティターンズ」の試作型ガンダムタイプモビルスーツだが、反地球連邦組織「エゥーゴ」に奪取され、カミーユ・ビダンの搭乗機となる。
劇中後半でカミーユがΖガンダムに乗り換えてからは、エマ・シーンがパイロットを引き継ぐ。「ガンダムΖΖ」では、ガンダム・チームの一人エル・ビアンノがメインパイロットを務める。






P3231076.jpg
武装「頭部バルカンポッド」






P3231078.jpg
ガンダムの頭部に内装されていたバルカン砲を装弾数向上のためオプション化。銃口は左側に2門有し、右側はマガジンおよびバランサーとしての機能を有しています。
頭部横の接続溝に取り付けるんですが、接続が若干緩めでしっかりと固定ができません。






P3231079.jpg
サーベルラックのビームサーベルは引き抜き可能。







P3241086.jpg
武器「ビームサーベル」




P3241085.jpg
出力は0.45MWで、当時のビームサーベルとしては高出力の部類に入ります。
サーベルラックに搭載されているサーベルの他に、ビーム刃が展開された基部が付属しています。





P3241087.jpg
ビームサーベル×2





P3241090.jpg
武器「ビームライフル」、「シールド」





P3241094.jpg
Eパック方式を採用したビームライフル。
出力の変更が可能で、通常出力で7発、最大出力で3発の射撃が可能。






P3241091.jpg
ちなみにカミーユ・ビダンが強奪し白く塗られた機体は「03」のマーキングが施された「ガンダムMk-Ⅱ3号」









P3241095.jpg
パーツを差し替えることでフォアグリップの展開が再現できます。







P3241096.jpg
ギミックとしてエネルギーパックが着脱可能。







P3241098.jpg
ビームライフルはサイドアーマーのラッチにマウントすることができます。







P3241099.jpg
シールドは両腕に設けられた溝に取り付け可能。
パーツの嵌まりが浅く、かなり取れやすい部分なので扱いにくいです。






P3241101.jpg
パーツの付替えで伸縮ギミックが再現できます。
伸縮機能はGP01で試験採用されたという設定になっています。







P3241102.jpg
シールド裏にはエネルギーパック。
取り外してビームライフルに装着することも可能です。





P3241104.jpg
武器「ハイパーバズーカ」





P3241105.jpg
通常弾と散弾の撃ち分けが可能となっています。





P3241107.jpg
バズーカ保持用のハンドパーツは、手首に角度が付いており持たせた際にポージングしやすいような配慮がされてます。








P3241110.jpg
バズーカ用のマガジンは取り外し可能。
こちらもサイドアーマーに取り付けることができます。





P3241111.jpg
マガジン内部に注目!!
ちゃんと弾頭が造形されており、しっかりと塗装まで施されています。




P3241108.jpg
バズーカの懸架。
パーツの差し替えでリアアーマーにラッチを付けることができ、バズーカをマウント可能。



















P3241112.jpg
FXA-05D Gディフェンサー




P3241113.jpg
後ろから。





P3241114.jpg
GディフェンサーはガンダムMk-Ⅱがティターンズの最新鋭機等に対して優位性を失いつつある状況を鑑みて開発された支援機であり、ガンダムのGファイターを参考に開発されています。
パイロットは、カツ・コバヤシ。







P3241115.jpg
コクピット部分。
無数のマーキングが細かくタンポ印刷されています。造形面では大分アレンジされてますね。





P3241116.jpg
後部。
ガンダムMk-Ⅱとの合体ギミックは再現されているんですが、それ以外の可動は省かれている感じです。







P3241122.jpg
武装「ロングライフル」




P3241117.jpg
ロングライフルはケーブルを介してMk-II本体に接続することで威力を増強することが出来、Ζガンダムのハイパーメガランチャーに匹敵する威力を持つ。
Gディフェンサーと切り離した状態での使用も可能です。






P3241118.jpg
左右バインダーのギミック。
ミサイルコンテナのハッチが開閉します。



P3241120.jpg
武装「14連装ミサイルポッド」
ミサイル部の造形や内部の塗装もしっかりと再現。見栄えだけならロボット魂以上のクオリティです。







P3241126.jpg
コクピット部分の分離。







P3241127.jpg
後方部のブースターが上下に可動。





P3241129.jpg
コックピットブロック自体はコア・ファイターとして分離するが、それ自体の戦闘能力は低い為単独での戦闘には不向きとなる。
防御用としてレーザー砲を2門装備されています。









P3241124.jpg
ガンダムMK-Ⅱ と Gディフェンサー






それでは合体です!






















P3241135.jpg
RX-178+FXA-05D スーパーガンダム





P3241131.jpg
後ろ姿。




P3241134.jpg
ガンダムMk-Ⅱとその支援機であるGディフェンサーが合体した形態。 正式名称は「Mk-Ⅱディフェンサー」
Gディフェンサーとの合体により、火力・防御力・航続距離など、Mk-Ⅱの弱点として問題視されていた欠点が解決され、第3世代のMS相手にも優位に立ち回ることができるようになった。







P3241133.jpg
ロング・ライフル
GFFの可動域だと取り回しが非常に難しく・・・大分窮屈なポージングになってしまいます。







P3241132.jpg
ロングライフルは肘の接続部とグリップで保持。
大きな武器ですがしっかりと持たせることができるので安心です。







P3241137.jpg
下部グリップの展開。
ロングライフルには上下にグリップが付いており、選んで持たせ替えることが出来ます。







P3241136.jpg
14連装ミサイルポッド発射!!
















P3241139.jpg
Gフライヤー





P3241140.jpg
スーパーガンダムの航行形態。
Gディフェンサー側のパーツを大幅に差し替えることで再現されているんですが、横姿は若干厚みがあり・・・大分無理してる感じ。





P3241142.jpg
合体後にガンダムの太腿を支えるサポートアームや下部のランディングギアなど変形後の特徴的な部分をしっかりと捉えてます。







P3241141.jpg
艦首下部のカバーも展開可能。






P3241143.jpg
Gディフェンサーからの合体、変形といったギミックがしっかりと再現されており、これだけでも十分遊べる商品だと思います。
弄って遊ぶとなると、GFFシリーズは接続部の緩さに問題があるため・・・写真を撮ったりディスプレイモデルとして飾るほうがいいかな。









P3241138.jpg
付属品「スタンド」
GFFシリーズ共通のデザイン。








それではお待ちかねの・・・・



P3241144.jpg
FAパーツ装着!!


























P3251147.jpg
FA-178 フルアーマーガンダムMk-II





P3251148.jpg
後ろ姿。






P3251150.jpg
バストアップ。
大本命のフルアーマーパーツ!リアル体型での立体化はB-CLUBのガレージキットくらいで今となってもなかなか貴重な商品化!





P3251154.jpg
頭部。
バルカンポッドは本来のガンダムMk-IIが装備しているものよりも小型なタイプに変更されています。







P3251155.jpgP3251156.jpg
全身にはエゥーゴのマーキング。
カトキハジメ氏のアレンジが非常に強く加えられており、元のデザインイラストよりも大分派手な外見です。







P3251157.jpg
ボディ。





P3251153.jpg
バックパック部分
一部パーツが追加されています。





P3251158.jpg
下半身
レッグパーツも強化され一回り大きなサイズに。








P3251151.jpg
「Ζ-MSV」に登場。
装甲にガンダリウム合金を用いておらず防御力の脆弱性を指摘されていたガンダムMk-IIにガンダリウム合金製の追加装甲「FXA-03」を装着し、火力と装甲を強化する案。








P3251152.jpg
スラスター増設による推力向上が重量増加をカバーできる程ではなく、早くから機動性の低下を指摘されていたが・・・
結局、Gディフェンサーによる強化案(スーパーガンダム)が採用され、本機のプランは実現しなかった。









P3251149.jpg
足のブースターユニットとリアアーマーはケーブルで繋がれた造形になっているんですが・・・






P3251162.jpg
足を曲げたり、少しでも動かすとケーブル部が抜けてしまいます。
この部分がちょっと気になるところですね・・・








P3251161.jpg
武装「2連装ビーム・ライフル」






P3251163.jpg
左腕とハンドパーツで保持。
武装の方もフルアーマーガンダムを意識した構成になっています。ペーパープランなので実際に性能は謎なんですよね・・・









P3251169.jpg
武装「追加装甲シールド」
ギャプランのような縦長の大きなシールド。肩アーマーに接続されており、ボールジョイントで可動します。







P3251160.jpg
シールド裏にはビームライフルをマウントすることが出来ます。










P3251165.jpg
武装「グレネードランチャー」





P3251168.jpg
右腕に装備されています。
Zガンダムの腕部グレネードランチャーに近い感じですね。









P3251172.jpg
武装「ビーム・サーベル」






P3251174.jpg
こちらはMKⅡが装備しているものと同じ。















P3251176.jpg
スーパーフルアーマーガンダムMK-Ⅱ
フルアーマー状態でもバックパックのパーツを一部外せば、Gディフェンサーを取り付けることが可能です。






P3251177.jpg
装甲、火力、スピードを得た夢の最強形態!?
こういった遊びが楽しめるのもGFFならではというか・・・これが1セット丸々付属しているプレイバリューの高さがやっぱり凄いですね。













P3261191.jpg
HGUCガンダムMK-Ⅱと並べてみました。
1/144スケールよりも若干小さめに造形されているので、フルアーマーパーツ等の流用は難しそうですね。







P3261192.jpg
いろんなガンダムMk-Ⅱ
GFFと一番サイズが近いのはS.C.M Z1 ガンダムMK-Ⅱかな。体型も結構似てますね。








P3251178.jpg
G.F.F. ガンダムMk-Ⅱ(ティターンズ)と一緒に。
ティターンズカラーのほうが先に発売しているんですが、股関節部分と腕に開いたシールド穴が若干変更されています。








P3251180.jpg
フルアーマーガンダムMk-Ⅱ(ティターンズ)
組み替えて遊べます。






P3251179.jpg
フルアーマーパーツはティターンズカラー側にも取り付け可能なんですが、腕のグレネード、ビームライフル部の接続が若干浮き気味になってしまいます。
あまり見かけた事ない組み合わせということでなかなか新鮮ですね











P3251185.jpg
フルアーマーバーザム改





P3251186.jpg
バーザム用のパーツは形状が異なるため、フルアーマーパーツは装着不可能。
ボディはMk-II、頭部だけバーザム改に挿げ替えています。









P3251184.jpg
今後発売される「ROBOT魂バーザム改」「ROBOT魂フルアーマーガンダムMk-Ⅱ」にも連動ギミックとしてフルアーマーパーツの付け替えが楽しめるということなんですが、なんとGFFが先駆けになっています。
遊び要素がそのまま現行の玩具へ引き継がれるというところは注目したいですね!














P3261189.jpg
Z-MSV





P3261190.jpg
GFFシリーズはZ-MSVからのラインナップが豊富。
こうして一緒に並べられるる事が出来るのも現時点ではGFFが唯一のシリーズだと思います。






P3261188.jpg
これにて「G.F.F. スーパーガンダム / フルアーマー・ガンダム Mk-II 」レビュー終了です。




人気ブログランキングへ←←













関連


  
G.F.F. ZⅡ(ゼッツー)      G.F.F. ガンダムMk-Ⅱ(ティターンズ) / バーザム改   G.F.F. 百式 / 百式改 / 量産型百式改 / フルアーマー百式改

  
ROBOT魂 Gディフェンサー        ROBOT魂バーザム          AGP MS少女 ガンダムMk-II(ティターンズ仕様)

 
ガシャポン戦士DASH 01        SDフルアーマーオペレーション フルアーマーガンダムMk‐II



G.F.F. スーパーガンダム / フルアーマー・ガンダム Mk-II

Theme:ホビー・おもちゃ
Genre:趣味・実用

comments(0)|trackback(0)|GFF|2016-03-30_23:00|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント