ブログランキング 現在の閲覧者数: 相撲ロボット製作部(更新停止) MIA ブラストインパルスガンダム レビュー
FC2ブログ

相撲ロボット製作部(更新停止)

こちらのブログは更新停止しました。新ブログ「おもちゃの巣」の方でよろしくおねがいします。

最近のレビュー



PLUM ハムマン改


シルフィーあみあみイメージカラーVer.


B-321f 轟雷リミテッドモデル(シルフィーカラー)


SDガンダム クロスシルエット ガンダム


DXS08 ブラックシンカリオン


ポケモンキット フシギバナ


セリア 変形ロボットカー


ゾイドワイルド  ガノンタス・アペシュ


ゾイドワイルド ガブリゲーター・セベク


マテル インドラプトル


ホットウィール シャークバイト(レッド)


ゲキタマン ゴッドガンダム


マテル  ディープ-ダイブ・サブマリン


ホットウィール モササウルス


カプセルトイ 最強生物ミニパペット


ホットウィール  コマンダー・クロコ


ホットウィール  シャークルーザー


ゾイドワイルド ガノンタス


ゾイドワイルド ガブリゲーター


コトブキヤ 黒のライダー


マテル ブルー&オーウェン


マテル 大暴れ!T-レックス


マテル モササウルス


アニア モササウルス


アニア インドラプトル


改造 FAG 迅雷型 [ドミネイト]


ホットウィール シャークバイト


タカラ 新!仮装大賞パネル


北海道限定アニバトロン クマタイプ


ゲキタマン ウイングガンダムゼロカスタム


ゲキタマン ニューガンダム


奇譚クラブ パクパク走る!恐竜の化石


シャイング ベンザオオクワガタ


カプセルトイ つぶつぶカエル


中華トイ ヘビラジコン


 52TOYS MEGABOX エイリアン


AZONE  1/12若葉女子高校制服衣装set


ゲキタマン ゼータガンダム


デスクトップアーミー EJUバリスタ (クリアーブラック)



フリーエリア

プロフィール

Sラングレン(抜け殻)

Author:Sラングレン(抜け殻)
ガンプラ、ねんどろいど、figmaなどなど毎日何かしらレビューするサイトです

リンク

フリーエリア

banner_04.gif  人気blogランキングへ sticker51.png

 

      

フリーエリア

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

MIA ブラストインパルスガンダム レビュー


P9017989.jpg
MOBILE SUIT IN ACTION!! MIA ブラストインパルスガンダム の紹介です。
価格1500円




P9017991.jpg
ZGMF-X56S/γ ブラストインパルス




P9017992.jpg
後ろ姿。




P9017999.jpg
発売日は2004年11月。更に可動を追求し遊びやすく進化したMIAの第3期シリーズ。
アニメ「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」の放送中に発売されたフィギュアという事で、本機の多彩なギミックはプラモデルシリーズよりも再現度が高い物となっています。




P9018001.jpg
バストアップ
塗装箇所が多い分、色の跳ねやはみ出し部分が少し目立ちます。





P9018004.jpg
頭部。
PVCなので少し丸顔に見えますが、MIAの中ではこれでもシャープな方かな。





P9018005.jpg
ボディ。
シリーズ後期のSEED DESTINY系MIAは濃いスミ入れがありません。胸部とフロントアーマーのライトグリーンの色合いが綺麗で見栄えますね。




P9018015.jpg
ブラストシルエットのスラスター部分。




P9018006.jpg
下半身。
足首の関節はボールジョイント。脛装甲は別パーツ化されており足の動きに合わせて可動、干渉を防いでいます。




P9018016.jpg
背中に接続されている長い砲身が本体の支えになってくれるので、安定感は抜群!!
はやりMIAは全体的に武器や武装が大きめですね。





P9018007.jpg
本体の造形とギミックはMIAフォースインパルス、MIAソードインパルスと全く同じ。
見るからに大ボリュームのブラストシルエットですが・・・お値段はなんと据え置きで1500円!!まずこのコスパが凄いところです。






P9018009.jpg
付属品「MMI-RG59V 機動防盾」
シールドは当時のHGシリーズよりも多くのパーツ数で構成されてるため、複雑な色分けもしっかりと再現されています。





P9018011.jpg
展開モード!
こちらは装甲パーツの差し替えでギミックが再現されています。 詳しくは MIAフォースインパルスのレビュー記事の方で。






P9018012.jpg
シールドは肘とグリップで保持。
この接続法だと安定感があるので非常にいいですね。







P9018017.jpg
背中のビーム砲。
こちらは基部からボールジョイント接続されたアームで前方へ砲身を移動させることが可能。パーツの差し替え等は一切ありません。







P9018019.jpg
サイドグリップの展開。
こちらもギミックで再現されています。






P9028020.jpg
武装 「M2000F ケルベロス高エネルギー長射程ビーム砲」






P9028023.jpg
ブラストシルエットに2門備えられた、対艦・対要塞用の大出力ビーム砲。
その威力は凄まじく、大型のスペースデブリも真っ二つに割ってしまうほどである。名称はギリシア神話に登場する冥界の番犬「ケルベロス」に由来する。





P9028024.jpg
本体に対して武装が大きめな分、無駄に迫力があります!
腕と腰の間が大分窮屈で・・・結構ギリギリな所でグリップを握らせてる感じです。








P9028029.jpg
武装「GMF39 四連装ミサイルランチャー (AGM141 ファイヤーフライ誘導ミサイル) 」





P9028027.jpg
ケルベロスと一体になっているミサイルランチャーでAGM141「ファイヤーフライ」誘導ミサイルの発射管が2門の砲身に4つずつ、計8つ備えられている。
砲口と正反対の位置に付いている為、ケルベロスとの同時発射は出来ない。






P9028030.jpg
アームを肩側に動かすことで発射位置に。
重心が後ろに寄ってしまうため、発射態勢での自立はほぼ不可能です。










P9028031.jpg
ブラストシルエット肩部ギミック。





P9028032.jpg
こちらはレール砲の砲身が展開可能です。








P9028033.jpg
武装「MMI-M16XE2 デリュージー超高初速レール砲」





P9028034.jpg
肩部に装備された2門のレールガン。
ケルベロス、もしくは4連装ミサイルランチャーと同時発射も可能。デリュージーとは「豪雨」の意味。








P9028035.jpg
ケルベロスのギミック。




P9028038.jpg
なんと、ハッチ部分の開閉ギミックが再現されています!!





P9028039.jpg
しっかりと内部まで塗装されており、こういった細かさがMIAの魅力ですよね。







P9028040.jpg
中を見ると・・・上蓋部分にジャベリンの柄が収納されています。





P9028041.jpg
もちろん柄の部分は取り外し可能。
この一連のギミックを再現した玩具は非常に少なく・・・今でのMIAとメタルマテリアルモデルぐらいだと思います。







P9028042.jpg
武装「MA-M80 デファイアントビームジャベリン」





P9028045.jpg
ジャベリン用のちょっと変わったビームエフェクト。
柄の部分はプラ製なので、長さがあっても曲がる心配はありません





P9028047.jpg
もちろんハッチの開閉とジャベリンの取り出しは左右とも可能。
砲身が長めに造形されているのは、おそらくこのギミックの影響だと思われます。





P9028048.jpg
ビームジャベリン×2




P9028050.jpg
付属品「連結グリップ」
こちらは実際に連結させてるわけではなく、連結した状態のものが別途で付属しています。





P9028049.jpg
ケルベロスの砲身に沿う様にして収納されている、柄の長いビームサーベル系兵装。
アビスのビームランスと同様、ブラストインパルスの弱点である接近戦を回避するためと、敵との間合いを取るための装備。





P9028052.jpg
インパルスの手元から離れても短時間であればビーム刃を保持する事が可能で、投擲武器としても使用可能。
「スピア」ではなく「ジャベリン」という名称が用いられているのはこのためだと思われます。デファイアントとは「挑戦的」「大胆」の意。



P9028054.jpg






P9028053.jpg
やっぱりアビスを倒すシーンが一番印象的ですよね。








P9038079.jpg
MIA インパルスガンダムのここが凄い!





P9038077.jpg
腰のサイドアーマーが開き、内部にナイフが収納されています。





P9038080.jpg
取り外しとナイフの展開。





P9038081.jpg
ギミック自体は MIAストライクガンダム と同じなんですが、使い回しではなく、ナイフの造形までしっかりとインパルスガンダムの物に変更されています。
かなり小さいんですが、よくみると刃部分まで彩色されていますね!





P9038083.jpg
武器 「M71-AAK フォールディングレイザー対装甲ナイフ」
実体剣と振動波を併用し、他の武装と比較して機体の電力を消費しないため、インパルスの最後の武器となる。ダガーLの胴体装甲を易々と貫くなど威力も決して低くない。






P9028059.jpg
背中のコアスプレンダーは取り外し可能
アニメの接続方法とは違うんですが、おもちゃのギミックとしてはかなり優秀。





P9028057.jpg
差し替え無しの完全変形!!
まあ、本体はMIAフォースインパルス、MIAソードインパルスと同じ構成なので、ギミックやナイフといった付属パーツも省かれること無くそのまま付いています。





P9028061.jpg
付属品「シルエットフライヤー」
各シルエットに合体して出撃する無人牽引機。こちらも共通パーツです。







P9038062.jpg
シルエットフライヤー(ブラストシルエット)






P9038063.jpg
後ろから。
シルエットフライヤーはブースターノズルが別パーツ化されており若干ですが動かす事ができます。






P9038065.jpg
かなりボリューミー・・・やっぱり同じ商品価格だとブラストインパルスが一番付属パーツやギミックが豊富でお得なんじゃないでしょうか!







P9038075.jpg
インパルスガンダムの比較。
黒と緑が基調のブラストインパルスの方がやっぱり色合いからして重厚なイメージ。






P9038069.jpg
シルエットフライヤー






P9038070.jpg
もちろんシルエットパーツの接続部は共通なので、こんなIF合体も楽しめます。





P9038072.jpg
玩具ならではの組み換えですね。








P9038085.jpg
付属のデータシート。




P9038086.jpg
裏面。





P9038087.jpg
チラシ。
下の方のSDガンダムフルカラーが懐かしい。



P9038088.jpg
当時のラインナップ。
「魂ウェブ」という名前はこの頃からあったんですね。







P9028055.jpg
これにて「MIA ブラストインパルスガンダム」レビュー終了です。



人気ブログランキングへ←←






関連


  
MIA デスティニーガンダム        MIA フォースインパルスガンダム        MIA ガナーザクウォーリア (ルナマリア・ホーク専用機)

 
MIA フリーダムガンダム        S.C.M.Re インパルスガンダム



MIA ブラストインパルスガンダム

Theme:ホビー・おもちゃ
Genre:趣味・実用

comments(0)|trackback(0)|MIA|2016-09-03_11:30|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。