ブログランキング 現在の閲覧者数: 相撲ロボット製作部 HGBF スクランブルガンダム レビュー

相撲ロボット製作部

主にフィギュア、プラモのレビューとアニメの感想を毎日更新を目指して頑張ってるブログです。ねんどろいど、figma、武装神姫、ライダー玩具

最近のレビュー



メガミデバイス WISM アサルトメイド


フィギュアライズバスト ラクス・クライン


ROBOT魂 ユニコーンガンダム(結晶体Ver.) 


ガシャポン戦士フォルテ 01


EXCEED MODEL ZAKU HEAD


ねんどろいど レム


中華トイ 自動変形するトーマスロボ


カプセルトイ 廃船コレクション ザ・サルガッソー


アプリアライズアクション AA-07 タイムモン


MIA フルアーマーガンダム


ビックスケールMIA マスターガンダム


シャークパペット


セリア ミニチュアレンガ


アメトイ トイ・ストーリー ノックダウン ウッディ 


セガプライズ スーパープレミアムフィギュア 瑞鳳改


バンプレスト 百式 ヘッドディスプレイ アニメカラー


マクファーレントイズ スポーン ウォーゾーン


チープトイ 変形昆虫ロボ


NECA ゴリラ・エイリアン


NECA マンティス・エイリアン


タイムボカン24 ボカンメカ オケドリラー


タイムボカン24 ボカンメカ ホタルジャイロ


プライマルレイジ ディアブロ


Sonic Heli Marine オスプレイ


バンダイ ヘボット! ガシャプラシリーズ vol.1 


システムサービス くり返し使える くす玉


カバヤ 変身昆虫カブトクワガタ!新種捕獲


FAG バーゼラルド 黒兎


セリア 組立ロボット


セガプライズ Fate/Grand Orderセイバー/沖田総司


タイトープライズ 艦これ 山城 ”休日” 


マクファーレントイズ スポーン グレー・サンダー


SD-FLEXTiON 06 ザコソルジャー (韓国版)


チープトイ 変形ロボ 天空神


中華パチモントイ ドラえ◯ん


中華トイ 光って回るコマ


カプセルトイ2000円生き物福袋


WISM・ソルジャー アサルト/スカウト


ソフビトイボックス 003 ジャイアントパンダ


カプセルOne 刀剣乱舞 -ONLINE- 立体胸像


セガプライズ プリパラ  南みれぃ 風紀委員長Ver.


タイムボカン24 DXクワガッタン


ねんどろいど アクア


HGPG プチッガイ(ストレイブラック&キャットコス)


フィギュアライズバスト ホシノ・フミナ


オトモンソフビシリーズ ティガレックス


アプリアライズアクション AA-06 レイドラモン


バンダイ 藤岡弘、コーヒーカップ探検隊



フリーエリア

プロフィール

Sラングレン

Author:Sラングレン
ガンプラ、ねんどろいど、figmaなどなど毎日何かしらレビューするサイトです

リンク

フリーエリア

banner_04.gif  人気blogランキングへ sticker51.png

 

      

フリーエリア

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

HGBF スクランブルガンダム レビュー


P9118654.jpg
HGBF スクランブルガンダム の紹介です。
価格2,376円





P9118596.jpg
BN-876 スクランブルガンダム




P9118597.jpg
後ろ姿。





P9118614.jpg
8月にスペシャル放送された「ビルドファイターズトライ アイランド・ウォーズ」より、未知の可能性を秘めたガンプラ「スクランブルガンダム」がHGシリーズでキット化!
ガンダム作品では久々の「大河原邦男」氏デザインでZガンダムがベースになっています。






P9118599.jpg
バストアップ
ライトニングZ、ZⅡ、ゼータプラスなど・・・Zガンダムに近い機体は多くキット化されているんですが、今回のスクランブルガンダムはパーツの使い回し等は一切なく、新規金型による造形となっています。





P9118601.jpg
頭部
アンテナや頭部の形状など、見た目はZガンダムと同じ様なデザイン。ツインアイ部分はクリアパーツが使用されているんですが、付属のホイルシールを貼りました。





P9118604.jpg
マスク部分をよく見るとゼータ系では非常に珍しい「への字のスリット」のディテールがあります。
アニメではあんまり気にならなかったんですが、このマスク部分が実に個性的。不思議とガンダムF91の様な印象も感じさせますね。






P9118605.jpg
ボディ
鮮やかなオレンジとホワイトを基調としたボディカラー、機体の随所にはクリアブルーパーツが使用されており綺麗な色合いです。





P9118608.jpg
プラフスキー粒子のキラキラをイメージして、クリアパーツ内部に100円ショップで購入したラメシールを貼ってみました。





P9118607.jpg
クリアパーツ内部に貼るシルバーのホイルシール等は今回付属していないので・・・普通に組むとちょっと味気ないかも。
ラメ入りマニキュアやラメ入りグルーをクリアパーツ裏に塗るという案もいいかと思います。





P9118606.jpg
下半身
こちらもZガンダムがベース。






P9118628.jpg
足のパーツは一部追加装甲のような作りになっており、取り外しが可能です。






P9118630.jpg
脚部の形状は左右対称になっている為、このように装甲部分を左右に取り付ける事もできます。
結構大胆なパーツ構成ですね。






P9118609.jpg
背面のウイング
本体との接続部は共通規格になっているため、ここ最近発売されたHGBFシリーズのバックパックと付け替えが可能です。





P9118610.jpg
背部ウイングユニット展開
基部と外側の大ウイングが可動します。






P9118611.jpg
バックパックとウイングの連結部分には回転軸が設けられており、立体的な展開が可能。
デスティニーガンダムやストライクフリーダムと同様のギミックですが、最低限のパーツで簡易化されたような構成です。






P9118612.jpg
ニールセン・ラボが新しいプラフスキー粒子のテスト用に開発した試作機。
Ζガンダムをベースとした可変機で、デスティニーガンダムの要素を付加した背部ウイングが特徴。






P9118613.jpg
各所には新型粒子コントロール用の青いクリアパーツが内蔵されており、強固な防御フィールドを形成が可能。
テストでは従来のガンプラをしのぐ性能と操縦性を示すが、謎の少女が新型バトルシステムに介入したことで暴走し、新粒子の結晶を取り込んでラボ全体を結晶化させる大騒動を起こす





P9118655.jpg
ちなみに、暴走時はクリアパーツ部分が紫色に変化し禍々しい色合いに。





P9118616.jpg
元のデザインイラストよりも全体的にスリムにアレンジされているような気がします。
もしかしたら、HGUCZガンダムREVIVEの発売を視野に入れたパーツ構成になってるのかもしれませんね。





P9118617.jpg
スクランブルガンダムは、ガンダムゲーム30周年のキーとなるMSとされており、ビルドファイターズだけではなく今後のゲームにも関連するオリジナルの機体が登場するようです。
ちなみにスクランブルという名前も1986年に発売されたファミコンソフト「機動戦士Zガンダム ホットスクランブル」が関係してると思われます。






P9118619.jpg
付属武器「ビームサーベル」





P9118620.jpg
サイドアーマー部分に基部が内蔵されており、脱着可能です。





P9118622.jpg
格闘戦で使用される武器。
新粒子の効果により切断能力が飛躍的に高められている。






P9118625.jpg
ビームサーベルエフェクトは2本付属。







P9118626.jpg
明るめのオレンジカラーがどことなくハイネ専用デスティニーガンダムを彷彿させますね






P9118623.jpg
ダサかっこいい。





P9118633.jpg
付属武器「ビームライフル」






P9118635.jpg
接続部をクリアパーツに挟み込むように取り付けています。
近年稀に見ない大胆な接続法ですね・・・






P9118634.jpg
シールドとしても使用可能。






P9118637.jpg
ビームライフルは接続部からロール可動。
回転し前方へと展開します。







P9118639.jpg
高い攻撃力と長い射程を誇る攻防一体のビームライフル。
腕に取り付けているため、サーベルとの連携が可能。







P9118640.jpg
この手の武器を見ると、ギャプランのシールドを連想させますね。








P9118641.jpg
主な攻撃は、謎ゲートと結晶。
Zのハイパーメガランチャーやデスティニーのアロンダイトビームソードのような大型武器が装備されてないので、実際にキット化されると付属内容がちょっと地味かな。












P9118651.jpg
スクランブルガンダム 飛行形態






P9118649.jpg
後ろから








P9118648.jpg
変形機構は実にシンプル。
腰を180度回転させるところを見ると、ZガンダムのウェーブライダーよりもウイングガンダムやセイバーガンダムのMA形態に近い感じです。







P9118650.jpg
下から見ると頭部が・・・・拳パーツも付けっぱなしにするのがデフォルトです。
正直言って、MA形態と言うには結構雑な姿。








P9118653.jpg
変形機構を持つガンプラは構造の複雑化により耐久性が低くなる傾向にあるが、本機はシンプルな変形を採用することで迅速な形態変化と高い耐久性を現実している。
飛行形態では、機首のビームライフルがメイン武装だが、高速移動による体当たりも高い破壊力を持っています。







P9118645.jpg
凝りに凝ったハンドメイドのカスタム機ではなく、ミキシングされたガンプラのような外見が逆に斬新なスクランブルガンダム。
これが本来のビルドファイターズらしさなんじゃないでしょうか。








P9118586.jpg
素組み。






P9118642.jpg
これにて「HGBF スクランブルガンダム」レビュー終了です。






人気ブログランキングへ←←








関連

  
HG ガンダムキマリス                 HG グレイズアイン                 HG ガンダムアスタロト

 
HG 高機動試作型ザク                HGUC ガーベラ・テトラ(ロールアウトver.)

 
HGPG 1/144 パンダッガイ              HGBF ガーベラ・テトラ (キララ専用機)


HGBFガンダムダブルオーシアクアンタ


HGBF スクランブルガンダム

Theme:ホビー・おもちゃ
Genre:趣味・実用

comments(0)|trackback(0)|ガンプラ|2016-09-12_21:44|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント