ブログランキング 現在の閲覧者数: 相撲ロボット製作部(更新停止) MIA ジム&ボール レビュー
FC2ブログ

相撲ロボット製作部(更新停止)

こちらのブログは更新停止しました。新ブログ「おもちゃの巣」の方でよろしくおねがいします。

最近のレビュー



PLUM ハムマン改


シルフィーあみあみイメージカラーVer.


B-321f 轟雷リミテッドモデル(シルフィーカラー)


SDガンダム クロスシルエット ガンダム


DXS08 ブラックシンカリオン


ポケモンキット フシギバナ


セリア 変形ロボットカー


ゾイドワイルド  ガノンタス・アペシュ


ゾイドワイルド ガブリゲーター・セベク


マテル インドラプトル


ホットウィール シャークバイト(レッド)


ゲキタマン ゴッドガンダム


マテル  ディープ-ダイブ・サブマリン


ホットウィール モササウルス


カプセルトイ 最強生物ミニパペット


ホットウィール  コマンダー・クロコ


ホットウィール  シャークルーザー


ゾイドワイルド ガノンタス


ゾイドワイルド ガブリゲーター


コトブキヤ 黒のライダー


マテル ブルー&オーウェン


マテル 大暴れ!T-レックス


マテル モササウルス


アニア モササウルス


アニア インドラプトル


改造 FAG 迅雷型 [ドミネイト]


ホットウィール シャークバイト


タカラ 新!仮装大賞パネル


北海道限定アニバトロン クマタイプ


ゲキタマン ウイングガンダムゼロカスタム


ゲキタマン ニューガンダム


奇譚クラブ パクパク走る!恐竜の化石


シャイング ベンザオオクワガタ


カプセルトイ つぶつぶカエル


中華トイ ヘビラジコン


 52TOYS MEGABOX エイリアン


AZONE  1/12若葉女子高校制服衣装set


ゲキタマン ゼータガンダム


デスクトップアーミー EJUバリスタ (クリアーブラック)



フリーエリア

プロフィール

Sラングレン(抜け殻)

Author:Sラングレン(抜け殻)
ガンプラ、ねんどろいど、figmaなどなど毎日何かしらレビューするサイトです

リンク

フリーエリア

banner_04.gif  人気blogランキングへ sticker51.png

 

      

フリーエリア

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

MIA ジム&ボール レビュー


PC163406.jpg
MOBILE SUIT IN ACTION!! ジム&ボール の紹介です。
価格1260円



PC163408.jpg
RGM-79 ジム




PC163409.jpg
後ろ姿。





PC163476.jpg
発売は2000年8月、MIAシリーズ初期頃にリリースされた商品となります。
なんといってもこの商品最大魅力は、連邦軍の量産機「ジム」「ボール」がセットになっているという所だと思います。特に完成品のボールは当時はかなり貴重な存在でしたね。





PC163412_201612170158082ed.jpg
バストアップ
こちらのジムは、一番最初に発売された「MIA ガンダム」がベースになっているため、一部同じパーツが使用されています。




PC163415.jpg
頭部。
センサー類は明るい色合いのグリーンカラーで塗装されています。




PC163410.jpg
メインカメラ部分は頭部に対して少し小さめな造形。
当時発売されていたガンプラ「HGUCジム」よりも全体的にスリムな体型で、ボディ各部ディテールにはMIAシリーズ独特のアレンジが加えられています。




PC163416.jpg
頭部はボールジョイント接続。
MIAガンダムがベースに使用されているとは言え、可動範囲の方は少しだけ改善されています。





PC163417.jpg
ボディ。
成型色部分は若干グリーンが混ざったようなホワイトカラーで、ジム独特の色合いが見事再現されています。





PC163418.jpg
脚部
細くて長いといった印象。レッドの塗装部分が大分厚塗りでテカテカしています。






PC163421.jpg
個人的によく出来てるなーっと思う部分がこの肩の付け根のボディ側。
本来なら肩アーマーと腕部の接続でボディ側の造形が隠れてしまうんですが、見えない部分までグレーで彩色されており手間ながらも商品のこだわりを感じました。







PC163422.jpg
足の裏の造形
この部分もMSごとに造形や塗装が異なるので、非常にこだわり抜いてる箇所だと思いますね。





PC163420.jpg
バックパック
ブースターノズルが上下に可動します。ノズル内も配色済み。





PC163423.jpg
バックパックの右側に注目!
なんとバズーカラックの造形があります。実際にバズーカの懸架はできませんが、これも珍しいんじゃないでしょうか。






PC163424.jpg
リアアーマー部分。
ハイパーバズーカ懸架用のマウント穴なんですが、MIAジムにはバズーカの付属はないのでMIAガンダムのものを代わりに取り付けることが可能です。





PC163426.jpg
可動範囲は初期シリーズなのであまり良いとはいえませんが、頭部が大きく上下左右に動かせるのでポージングはそこそこ決まる感じです。
腰もちゃんとロール可動するので、初期の中では比較的マシな部類かな。






PC163428.jpg
難点として、肩のアーマーと腕のパーツが非常に外れやすく、武器をもたせただけでもポロリと肩のボールジョイントから抜け落ちそうになるくらい保持力に問題があります。
久々に遊びづらいと感じました。






PC163429.jpg
付属品「シールド」




PC163430.jpg
シールドはグリップを持たせることで保持。
MIAガンダムに付属しているものと同じ造形になっています。





PC163431.jpg
こちらもガンダム同様バックパックにマウントすることが可能です。
シールドの淵の部分が、ジムのボディカラーとあっていない所が若干気になりますね。






PC163434.jpg
付属品「ビームスプレーガン」





PC163436.jpg
専用のハンドパーツにグリップを握らせることで保持。
こちらは右手のみの付属となります。





PC163439.jpg
ビームスプレーガン 型式番号BOWA BR-M79C-1
ジム等に採用された、拳銃型の小型ビーム携帯火器。ガンダムに採用されたビームライフルは、破壊力を向上させるために収束率を高めていることから命中範囲が狭いうえ、当時の技術では安定した量産が困難であったために代替品として開発された。
収束率を落としたためにビームは拡散するが、速射性が高く、近距離での装甲貫通力は充分とされる。






PC163445.jpg
バックパックのビームサーベル。
柄に手を掛けることが可能です。(肩関節が抜け落ちやすくなりますが)





PC163446.jpg
サーベル基部を引き抜くとこのような感じに。
ビームエフェクトを差し込むといった作りにはなっていません。






PC163454.jpg
付属品「ビームサーベル」




PC163452.jpg
型式番号THI BSjG01
隊長クラスの士官等が搭乗する一部の機体では2基装備していたケースもあるが、標準的な仕様では左側に1基だけ。性能はガンダムのものと同じとされています。





PC163449.jpg
一本のみ付属。
クリアパーツ成型されたパーツに基部部分だけ塗装が施された感じで、これもMIAガンダムに付属しているサーベルと同じです。







PC163455.jpg
付属品「90mmマシンガン」




PC163458.jpg
アニメでは装備している錨鎖はないんですが、ボーナスパーツ的な感じで付属しています。
MIAはこういったマニア心を少しくすぐるような付属品をしれっと付けてくる所が上手いですよね。






PC163457.jpg
マシンガンはセンサー部分のみ塗装が施されています。
後に発売されたMIAジムカスタム、ジムキャノンⅡにも同じものがそのまま付属しています。























PC163460.jpg
RB-79 ボール





PC163461.jpg
後ろ姿





PC163459.jpg
当時は旧キットくらいしか発売されてなかったので、サイズ的にも非常に重宝されましたね。
今はHGUCシリーズで「ボールツインセット」が発売されていますが、プラではなく完成品のフィギュアになると、このボールに変わる存在はまだないんじゃないかなっと思います。






PC163467.jpg
下部ブースターノズルや背部のスラスター造形。






PC163463.jpg
180mm低反動キャノン砲
こちらは砲身の上下可動の他、





PC163464.jpg
接続部分からの360度回転が可能。








PC163471.jpg
マニピュレータ部分
3箇所に可動ポイントが設けられています。







PC163469.jpg
各ジョイント部で曲げ可動。
アーム部分の開閉も再現されています。





PC163470.jpg
更にアームの接続基部はボールジョイントになっているので、アーム根元からグリグリと動かすことが出来ます。







PC163474.jpg
思ったよりも自由に表情が付けられるので、ちょっとおちゃめなポージングも可能です。







PC163473.jpg
アームは足にもなる??







PC163466.jpg
可動箇所はほぼ完璧!
造形、塗装含めてもかなり完成度が高い!ボールがメインとまではいいませんがこれは買って損なし!いや、むしろジムセットならかなりお得だと思います。







PC163475.jpg
ジム&ボール
価格もお手頃でまさに複数買い推奨な商品。3セットくらい買って並べるだけでも十分絵になりそうですね。















PC163479.jpg
ボールは友達!






PC163482.jpg









PC163484.jpg
ボールを相手のジムにシュート!!!








PC163485.jpg
ジオンの謎のストライカー









PC173486.jpg
MIA ガンダムと比較





PC173487.jpg
先程も書きましたが、ガンダムに付属するバズーカをジムに取り付けるとこんな感じです。






PC173488.jpg
ジム + バズーカ








PC173489.jpg
アムロ「やめろ、迂闊に近付くんじゃない!」





PC173490.jpg



PC173491.jpg




PC173492.jpg
ジャブローに散る!





PC173494.jpg
残念ながらMIAズゴックの可動範囲ではポージングが再現できず。。




PC173495.jpg
アムロ「ま、間違いない。奴だ、奴が来たんだ・・・」











PC163442.jpg
これにて「MIA ジム&ボール」レビュー終了です


人気ブログランキングへ←←







関連

 
MIA 陸戦型ジム                  MIA ジムスナイパー

 
MIA ジムキャノンⅡ                 MIA ジムカスタム


HGUC シャア専用ズゴックVSジム Ver.GFT 


MIA ジム&ボール 

Theme:ホビー・おもちゃ
Genre:趣味・実用

comments(0)|trackback(0)|MIA|2016-12-17_21:33|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。