ブログランキング 現在の閲覧者数: 相撲ロボット製作部 HGUCバーザム レビュー

相撲ロボット製作部

主にフィギュア、プラモのレビューとアニメの感想を毎日更新を目指して頑張ってるブログです。ねんどろいど、figma、武装神姫、ライダー玩具

最近のレビュー



MIA ガンダムMk-II 特別プレミアムフィギュア


MIA 高機動型ザク マサヤ・ナカガワ機


HGUC バーザム


NECA シン・ゴジラ


アドベンチャータイム ジェイク  フィギュア セット


アクションフィギュアコレクション ラクス・クライン


ダイキャストクリエイティブ シン・マツナガ高機動型ザク


組立式MSヘッドディスプレイコレクション2 Zガンダム


バンプレスト 機動戦士ガンダム ディスプレイモデル RX-78 Ver.Ka


メガミデバイス WISM・ソルジャー スナイプ/グラップル


ハッピーセット べジータのアッパーカット


コトブキヤ ウドラ立体ボールペン


ガメラ スタンディングフリクション


バンプレストプライズ SQ 島風 鎮守府の四季


セガプライズ SPM Z1 (レーベレヒト・マース)


タイトープライズ 天津風 準備中 


SPAWN REBORN2 マンガ・シースポーン


SPAWN 10 マンガサムライスポーン


KERORO BOX FIGURATION 2 パワード夏美パック


コトブキヤ ウドラ ソフビ人形


FAG イノセンティア


AGP いまどきのムスメカ 御坂美琴


ハッピーセットドラゴンボール超 放て!ゴテンクス


FAG イノセンティア・ストライクエリート


FAG イノセンティア・ゾンビストライク


バンダイ Voice I-doll ラクス・クライン


True Heroesパワードスーツセット


中華トイ 萌车家族 方方鹿


香港トイ タイタニックボット


アプリアライズアクション AA-11 エンタモン


アプリアライズアクション AA-10 オウジャモン


Schleich   動物レスキュー隊セット


ケナー スワームエイリアン


ハリウッド版 GODZILLAフィンガーパペット


Animal Friction Motorcycle ゼブラ


LBX イカロス・ゼロ リミテッドクリアVer. 


LBX 鬼クノイチ


タカラ チョロQ グラディオン 特製メッキバージョン


BeastBOX BB01 DIO ポリスカラー


FW GUNDAM CONVERGE ♯6 シスクード


Schleich シュライヒ 洞窟プレイセット


Schleich シュライヒ サバンナの川


ねんどろいどこ~で 速水ヒロ


奇譚クラブ ネオ民藝 マスコット


BeastBOX BB01 DIO 通常カラー


BeastBOX BB02 ゴーストドッグ


仮面ライダーエグゼイド シミュレーションゲーマ


SDEXスタンダード 闇の騎士デスサイズ


ガシャポン戦士f(フォルテ)02


トランスフォーマーレジェンズ レオプライム


セガプライズ SPM アサシン 謎のヒロインX


SDGUNDAM ACTION FIGURE V2バスターガンダム


ダッシュ変形ガンダム スーパーガンダム


SD GUNDAM EX-STANDARD ガンダムデスサイズヘルEW


チープトイ オンダ DINOダッシュカー


アメトイ ロボコップ エアコマンド


台湾版プリチケパック


 シルフィー 寒冷地仕様セット

フリーエリア

プロフィール

Sラングレン

Author:Sラングレン
ガンプラ、ねんどろいど、figmaなどなど毎日何かしらレビューするサイトです

リンク

フリーエリア

banner_04.gif  人気blogランキングへ sticker51.png

 

      

フリーエリア

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

HGUCバーザム レビュー

P5281196.jpg
HGUC 1/144 バーザム の紹介です。
価格1,620円



P5241034.jpg
RMS-154 バーザム



P5241035.jpg
後ろ姿。






P5241036.jpg
「機動戦士Zガンダム」よりティターンズ最後の量産型MS「バーザム」が つ い に キ ッ ト 化 ! !
アニメで見た野良ぼったい姿ではなく、現代風アレンジによって当時のイメージを崩さない程度にスタイリッシュかつ格好いい姿でプラモ化されています。






P5241040.jpg
バストアップ。
ランナーはもちろん完全新規造形、関節可動の構造など最新HGUCシリーズ同様のフォーマットによって構成されています。
簡単に付属のホイルシールを使用し、部分的な塗装とスミ入れで仕上げててみました。






P5241043.jpg
頭部。
一昔前のキットならホイルシールたった一枚で仕上がってしまう部分だと思うんですが、今回はなんとモノアイ部分のみクリアパーツで分割成型されています。
モノアイの可動はありませんが、モノアイレールの緻密なディテールや組み上がった時の立体感には驚きを感じました。







P5241041.jpg
バーザムはモノアイと大きなトサカ状のアンテナが特徴的。
こちらはティターンズのエンブレムや象徴である「イーグル」がモチーフになっていると思われます。カラーリングといい、ひと目でティターンズMSと分かるデザインになっている所が実に面白いですよね。







P5241046.jpg
胴体、腰、バックパックが一体化されており、ティターンズ系の可変MSのような歪な体型になっています。
腿や胴のフレームから見えるシリンダー部はゴールドとシルバーで塗装してみました。





P5241049.jpg
物議を醸しだしたバーザムの股間パーツ。
こちらは、メガ粒子砲の発射口のような「窪みがあるタイプ」ではなく、アニメ設定画稿の「蓋とプラグがあるタイプ」が採用されています。





P5241047.jpg
下半身。
踵のヒール構造や膝部のスラスターなど、脚部もかなり個性的。後付の設定ですが、「ガンダムTR-1[アドバンスド・ヘイズル]」のテストデータが活かされた形となっています。







P5241054.jpg
肩の可動






P5251055.jpg
関節を左右に引き出すことが可能。
これにより腕部が前後左右に大きく動かせるようになります。






P5241050.jpg
肘は二重関節。
二の腕のロールと手首が可動します。肘の関節がかなり薄いので破損には要注意。





P5241051.jpg
足の可動。
膝の二重関節と足首、つま先が可動。






P5281143.jpg
股関節。
脅威の可動範囲!!足を大きく横に広くことが可能なので無駄によく動きます。関節がかなり白化しやすい所がちょっと気になりますね・・・





P5241052.jpg
バックパック。
本来なら胴体と一体になっているという設定なんですが・・・・なんとバックパック部分のみ取り外すことが出来ます。






P5241053.jpg
背中にはビルドファイターズ系と同じ接続穴が空いているので、他のガンプラのバックパックを無改造で取付け可能。
また「HGUC REVIVE ガンダムMk-II」のバックパックを取付けられる専用ジョイント穴が親切に設けられています。





P5251057.jpg
バーザムはティターンズの一般兵向けに開発された汎用量産型モビルスーツ。
ジムⅡやハイザックに代わる新しい主力として生産されグリプス戦役ではエゥーゴとの攻防戦に投入されています。






P5251056.jpg
ガンダムMk-Ⅱや「TR計画」に於いて使用された技術が多数投入されており、基本性能は高く、コストパフォーマンスや汎用性にも優れた機体として仕上がっています。
劇中では「新しい雑魚キャラ」のような扱いなので、ビームサーベルでZガンダムと拮抗したくらいしか目立った活躍がありません。






P5251059.jpg
独特なプロポーションと股間部を含めた曖昧な設定からカルト的人気を誇るバーザム。
「立体化には恵まれてるけど、頑なにプラモ化されない。」というのが1つの持ちネタとして扱われていた機体ですが、ついにHGUC化。




ファンの声が届いたのか、バンダイ側がついに折れたのか・・・







P5251060.jpg
付属武器「ビームライフル」




P5251064.jpg
先には鉤爪のような物が付いており、一般的なビームライフルとは大きく異るデザインが特徴。
センサー部はホイルシールを使用しています。






P5251062.jpg
腕部への固定ではなく、グリップを握らせることで保持。
グリップは上下に可動。







P5251061.jpg






P5251067.jpg
ケーブルパーツ。
こちらはパーツを差し替えることで伸ばした状態にすることが出来ます。




P5251068.jpg
付け根はポリキャップ接続になっているので、肘の可動と連動して曲がります。







P5251066.jpg
バーザムのビームライフルにはマラサイやハイザックが使用しているEパックが無いため、おそらくケーブルを使って本体からエネルギーを供給するタイプだと思われます。







P5251070.jpg
左肩にも接続可能。
ちなみに、ハンドパーツは平手と武器持ち手の2種類となります。







P5281144.jpg
腕部に収納されたビームサーベル。






P5281145.jpg
パーツ内側にグリップが収納されているんですが、こちらはサーベルエフェクトを差し込む穴が空いてません。
腕部の可動ギミックと取り外しのアクションが楽しめます。






P5281148.jpg
付属武器「ビームサーベル」





P5281150.jpg
エフェクトはクリアイエローカラー。
腕部に収納されてる基部とは別途に付属しています。





P5281152.jpg



P5281153.jpg



P5281151.jpg



P5281154.jpg
ビームサーベルは2本付属。










P5281156.jpg
付属武器「バルカン・ポッド・システム」






P5281159.jpg
頭部横のスリッドに差し込む感じで取り付けます。






P5281158.jpg
デザインは異なりますがガンダムMk-Ⅱと同等の装備。
残念ながら劇中ではバルカンを発射してる描写が一切ありません。











P5281165.jpg
ROBOT魂(Ka signature) バーザムと一緒に。






P5281163.jpg
ROBOT魂の方が一回りサイズが大きめ。
同じバーザムですが比べるとプロポーションの差がよくわかると思います。HGUCの方が小顔でスタイリッシュにアレンジされていますね。






P5281166.jpg
後ろ姿。
バックパックや脚部のデザインがそれぞれ異なります。







P5281167.jpg
ROBOT魂KaSignatureバーザム改と一緒に。
バーザムとバーザム改は頭部が似てるだけでボディは全く別のMS。






P5281169.jpg
いろんなバーザム。





P5281172.jpg
女の子にもなっちゃうバーザム。
ここまで色んなブランドで揃うとは・・・・やはり次を目指すなら1/100サイズですね。













P5221025.jpg
バーザムで遊ぼう!!
っというわけ、パーツを盛ったりすげ替えたりして遊んでみましょう。(写真はガンコレのバーザム)








P5281174.jpg
スーパーバーザム。





P5281176.jpg
ロボ魂のGディフェンサーを背負わせてみたんですが、接続穴が異なるのでただ被せてるだけ。
もちろんHGUCシリーズなら無改造で取り付けることが出来ると思います。








P5281185.jpg
舞い降りる翼





P5281184.jpg
やっぱりプラモデルなので、ちょっとパーツを変えるだけで駄コラのようなバーザムが簡単に作れます。







P5281189.jpg
Zバーザム




P5281179.jpg
バーザムダブルオーライザー






P5281180.jpg







P5281182.jpg
AGE-2バーザム







P5281187.jpg
アビスバーザム
意外としっくり来るアビスとの組み合わせ








P5281188.jpg
なんだか味のあるMSが生まれてしまった。








P5281190.jpg
魔改造バーザム。






P5281191.jpg
バーザムTR-1[ヘイズル改]




P5281193.jpg
やっぱりAOZシリーズのと組み合わせが一番いいような・・・なんてったって終着点がバーザムですもんね。







P5221028.jpg
ネオバーザム




P5221026.jpg
バーザムinバーザムという新しい可能性。







P5281194.jpg
おまたせ。




P5281195.jpg
コトブキヤのキットということで首のジョイント経が異なるんですが・・・・うん、色合い的に違和感がない。












P5221020.jpg
パチ組。
イエローラインのパーツ分けが本当に凄い。わざわざ塗らなくても十分な出来ですよね。







P5221030.jpg
付属のシール





P5281170.jpg
以上「HGUC バーザム」レビューでした。



人気ブログランキングへ←←




関連

 
G.F.F. ガンダムMk-Ⅱ / バーザム改

 
ROBOT魂バーザム           ROBOT魂 バーザム改

 
AGP ガンダムMk-II(ティターンズ仕様)  AGP  ガンダムMk-II(ティターンズ仕様)オプションセット


ガシャポン戦士NEXTプレミア02


HGUC バーザム

Theme:ホビー・おもちゃ
Genre:趣味・実用

comments(1)|trackback(0)|ガンプラ|2017-05-28_22:15|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
機数だけは有るみたいだな