ブログランキング 現在の閲覧者数: 相撲ロボット製作部(更新停止) Superior Defender Gundam ガンダムエピオン レビュー
FC2ブログ

相撲ロボット製作部(更新停止)

こちらのブログは更新停止しました。新ブログ「おもちゃの巣」の方でよろしくおねがいします。

最近のレビュー



PLUM ハムマン改


シルフィーあみあみイメージカラーVer.


B-321f 轟雷リミテッドモデル(シルフィーカラー)


SDガンダム クロスシルエット ガンダム


DXS08 ブラックシンカリオン


ポケモンキット フシギバナ


セリア 変形ロボットカー


ゾイドワイルド  ガノンタス・アペシュ


ゾイドワイルド ガブリゲーター・セベク


マテル インドラプトル


ホットウィール シャークバイト(レッド)


ゲキタマン ゴッドガンダム


マテル  ディープ-ダイブ・サブマリン


ホットウィール モササウルス


カプセルトイ 最強生物ミニパペット


ホットウィール  コマンダー・クロコ


ホットウィール  シャークルーザー


ゾイドワイルド ガノンタス


ゾイドワイルド ガブリゲーター


コトブキヤ 黒のライダー


マテル ブルー&オーウェン


マテル 大暴れ!T-レックス


マテル モササウルス


アニア モササウルス


アニア インドラプトル


改造 FAG 迅雷型 [ドミネイト]


ホットウィール シャークバイト


タカラ 新!仮装大賞パネル


北海道限定アニバトロン クマタイプ


ゲキタマン ウイングガンダムゼロカスタム


ゲキタマン ニューガンダム


奇譚クラブ パクパク走る!恐竜の化石


シャイング ベンザオオクワガタ


カプセルトイ つぶつぶカエル


中華トイ ヘビラジコン


 52TOYS MEGABOX エイリアン


AZONE  1/12若葉女子高校制服衣装set


ゲキタマン ゼータガンダム


デスクトップアーミー EJUバリスタ (クリアーブラック)



フリーエリア

プロフィール

Sラングレン(抜け殻)

Author:Sラングレン(抜け殻)
ガンプラ、ねんどろいど、figmaなどなど毎日何かしらレビューするサイトです

リンク

フリーエリア

banner_04.gif  人気blogランキングへ sticker51.png

 

      

フリーエリア

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

Superior Defender Gundam ガンダムエピオン レビュー

P8074012.jpg
Superior Defender Gundam ガンダムエピオン の紹介です。





P8074016.jpg
OZ-13MS ガンダムエピオン




P8074024.jpg
後ろ姿。






P8074018.jpg
「Superior Defender Gundam (スーパーデフォルメガンダム)」 はアメリカバンダイがリリースしている玩具シリーズ。
後にアジアバンダイから「SDGUNDAM ACTION FIGURE」としてリメイクされています。






P8074024.jpg
こちらのガンダムエピオンは国内未発売。
日本では「SDアーカイブ」シリーズとして8種類ほど発売されたんですが、残念ながらアメリカ版にあったギミックが一部オミットされています。







P8074020.jpg
バストアップ。
発売日は2003年頃。等身が高い分、顔は縦長で日本で発売されているBB戦士やGジェネキットよりもリアル寄りの造形です。







P8074025.jpg
ツインアイやセンサー部分はメタリック塗装で再現。
アジア版はツインアイ部分が大きく異なり、内部ディテールが彫り込まれたクリアパーツへと変更されています。





P8074026.jpg
ボディ。
残念ながら首と腰部の可動が一切ありません。




P8074030.jpg
腕部
肩の手首がロール可動。肘関節はあまり曲げることが出来ません。






P8074027.jpg
脚部
エピオンの足は結構複雑な造形になっているんですが、塗装箇所も多く非常によくSDフィギュアとしてデザインがまとめられている感じ。




P8074028.jpg
背中のウイング
フィギュアの素材はほぼPVCが使用されているため、全体的に柔らかな触り心地。






P8074029.jpg
ウィングは上下可動、付け根の軸部分が横スイングします。
フィギュアのバランスが悪いため、ウィングを地面につけることで自立させています。






P8074031.jpg
少し足が長く作られているため通常のSDアーカイブよりも股を大きく開くことが出来ます。
しかし、頭部と胴が全く動かないためポージングはかなり厳しい感じですね・・・・







P8074033.jpg
付属品「ヒートロッド」




P8074034.jpg
鞭部分は1つ1つパーツがボールジョイント接続されているためフレキシブルに可動します。
見た感じ武器サイズはかなり大きめですね。




P8074035.jpg
エピオンシールド先端に接続された鞭状の打撃武器。使用時は表面が灼熱化し、ガンダニュウム合金を熔断する威力を発揮する。
また、単純な打撃や敵の捕獲、武装の奪取などにも使用される。
ビームサーベル以上の間合いと、変則的な攻撃軌道による動きの読み辛さが強みだが、使いこなすには相応の技量が求められる。




P8084061.jpg
鞭部分のみの取り外しも可能です。








P8074040.jpg
付属品「ビームソード」




P8074037.jpg
ジェネレーター直結ギミック。
ビームソードは下部からビニール製のチューブで腰へと接続。後に発売されたアジア版はビニールから紐へと素材が変更されています。




P8074039.jpg
ビームエフェクト部分はもちろんクリアパーツ成型で、大出力のビーム刃が迫力ある造形で再現されています。







P8074041.jpg
背部に注目。
バックパックのちょうど中央部にボタンがあり・・・・



押すことで、



P8074043.jpg
ゼロシステム起動!
エピオンの胸の部分が光ります。





P8074046.jpg
オンオフのスイッチではないため、ボタンから手を離すとライトが消えてしまう所がすこしネック。
アジア版では発光ギミックがオミットされています。










P8074052.jpg
変形ギミック。
まずは下半身。




P8074053.jpg
足をひっぱりパーツをスライドさせることで、膝下部分を伸ばします。





P8074054.jpg
リアアーマー部。





P8074055.jpg
こちらは中央から開き、パーツを側面に。







P8074056.jpg
うつ伏せ体勢に。





P8074057.jpg
この状態から下半身を背中方向へと折り曲げます。





P8074059.jpg
このように背中に足をくっつけたら、大体変形完了。
後は手の位置の調整と、ヒートロッドを装着するだけ。








P8074048.jpg
モビルアーマー形態




P8074050.jpg
後ろから
武器の取り外しはありますが、本体は完全変形!やっぱり足を伸ばすギミックが一風変わっていて面白いですね。





P8074049.jpg
足のメインカメラ(?)部分もしっかりと塗装されています。







P8074051.jpg
下から見ると・・・








P8074047.jpg
高速移動用の飛行形態。
内装機器の配置を組み換えることでエネルギー効率を向上させ、長時間の巡航を可能とする。変形時は両脚が股間ブロックごと背部に折り畳まれるのが最大の特徴で、その配置から双首竜を思わせる形状となる。






P8084064.jpg





P8084062.jpg






P8084065.jpg






P8084066.jpg





P8074013.jpg
パッケージ裏のラインナップ。
ガンダムフォースシリーズもなんですが、アメリカ版は光るギミックを採用してるものが多いですね。





P8074060.jpg
以上「Superior Defender Gundam ガンダムエピオン」レビューでした。



人気ブログランキングへ←←






関連

 
SDGUNDAM ACTION FIGURE シェンロンガンダム [EW版]
SDGUNDAM ACTION FIGURE ガンダムデスサイズ [EW版]

 
SDGUNDAM ACTION FIGURE ガンダムサンドロック [EW版]
SDGUNDAM ACTION FIGURE V2バスターガンダム


Superior Defender Gundam ガンダムエピオン

Theme:ホビー・おもちゃ
Genre:趣味・実用

comments(0)|trackback(0)|SDガンダム関連|2017-08-11_22:00|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。