ブログランキング 現在の閲覧者数: 相撲ロボット製作部 HGBF ういにんぐふみな レビュー

相撲ロボット製作部

昔は無数に存在していた玩具レビューブログの生き残り。趣味で集めている国内の玩具やアメトイ、中国のパチモンなど一風変わったおもちゃも視野に入れて紹介しております。新旧問わず広い分野で世の中に情報を提供出来るように頑張ります。

最近のレビュー



ゾイドワイルド ガノンタス


ゾイドワイルド ガブリゲーター


コトブキヤ 黒のライダー


マテル ブルー&オーウェン


マテル 大暴れ!T-レックス


マテル モササウルス


アニア モササウルス


アニア インドラプトル


改造 FAG 迅雷型 [ドミネイト]


ホットウィール シャークバイト


タカラ 新!仮装大賞パネル


北海道限定アニバトロン クマタイプ


ゲキタマン ウイングガンダムゼロカスタム


ゲキタマン ニューガンダム


奇譚クラブ パクパク走る!恐竜の化石


シャイング ベンザオオクワガタ


カプセルトイ つぶつぶカエル


中華トイ ヘビラジコン


 52TOYS MEGABOX エイリアン


AZONE  1/12若葉女子高校制服衣装set


ゲキタマン ゼータガンダム


デスクトップアーミー EJUバリスタ (クリアーブラック)


デスクトップアーミー BMPウィザード (クリアーブラック)


海洋堂 カプセルQ かぷせるフレンズ-Vol.1


フックトイ 閃光丸シュリケーン


フックトイ ギャオブラスター


光る!鳴る!ニワトリキーホルダー


ダイソー 光るコマ


ゲキタマン シャアザク


NECA タシット・ローニン


ランペイジ 巨獣大乱闘 ビッグシティブロウル リジー


HGBD モモカプル


ゲキタマン ガンダム 



フリーエリア

プロフィール

Sラングレン

Author:Sラングレン
ガンプラ、ねんどろいど、figmaなどなど毎日何かしらレビューするサイトです

リンク

フリーエリア

banner_04.gif  人気blogランキングへ sticker51.png

 

      

フリーエリア

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

HGBF ういにんぐふみな レビュー

PA136792.jpg
HGBF 1/144 ういにんぐふみな の紹介です。
価格2,592円





PA086706.jpg
WF-01 ういにんぐふみな




PA086707.jpg
後ろ姿。





PA096724.jpg
「すべてのものに勝利を約束するういにんぐふみな!」
ビルドファイターズバトローグより第3話ふみなとギャン子の大冒険」に登場した「ういにんぐふみな」が配信に先駆けてプラモデル化!
「HGBF チナッガイ」や前月発売された「HGBF はいぱーギャン子」と同じ規格で設計されており、見た目だけではなくキット的にも以前の「すーぱーふみな」よりパワーアップしています。






PA086709.jpg
バストアップ。
今回もパチ組ではなくボディや頬にチークを追加し、一部塗装を施した完成品となります。




PA086710.jpg
頭部。
基本的な作りは「HGBF はいぱーギャン子」と同様で、フェイス部分は好みによってシールやパーツ構成を変更することが出来ます。




PA086713.jpg
もちろん「目のレンズ」をフェイスに組み込んだパターンの組み立ても可能ですが、今回は普通に「目のシールのみ」を使用して製作してみました。
正直、レンズを使用しないほうがアニメやビジュアルイラストの雰囲気に近い感じですよね。






PA086712.jpg
うしろ髪はボールジョイント接続になっているので動きに合わせて自由に可動。
前髪とフェイス部のバランスが変更され すーぱーふみな よりも可愛らしくなっています。





PA016496.jpg
ホイルシール
瞳が数パターン付属。今回は武装分のシールが若干多め。






PA086714.jpg
今までのヒロイン系キットよりも肌の露出面積が多くかなりセクシーな姿。
ウェストにチークを加えると、ボディラインの造形が更に強調されるのでオススメです。






PA086715.jpg
腰回り。すーぱーふみな や チナッガイではフリル部分は軟質素材が使用されていましたが今回はプラ製。
ギリギリのスカート丈がまたセクシーですね。






PA086716.jpg
脚部
装甲は前後のパーツで足を挟む感じで取り付け。足はヒール状ですが、割りとバランスよく自立してくれます。






PA086717.jpg
バックパック
鞄のようなディテールや可愛らしい猫のマークが特徴的。ブースター部は一体造形になっています。






PA086718.jpg
ディスプレイスタンド
最近よく標準で付属しているランナーレスタイプ。





PA096719.jpg
サカイ・ミナトが製作したすーぱーふみなの後継機で「スターウイニングガンダム」をモチーフとしたコスチュームになっています。
クリアグリーンのエフェクトパーツが色鮮やかで綺麗ですね。







PA096721.jpg
ハンドパーツは平手と握り手の2種類が付属。





PA096723.jpg
チナッガイ や はいぱーギャン子と同じポリキャップレス関節なので基本的な可動範囲は変わりません。
手足のデザインがシンプルな分、他のプラモよりも若干動きの幅が広いと言った感じです。





PA096725.jpg
肩は引き出し関節で前後にスイング、接続部はボールジョイントになっています。
アーマーと肩が干渉するため腕はあまり上がりません。





PA096727.jpg
肩、首、手首などのボールジョイント部や太股の接続が緩く、パーツが抜け落ちやすい箇所が多々あります。
組む際に各関節を接着剤で太らせるなどして、軸の調整することをおすすめします。





PA096729.jpg
付属武器「ビームマシンガン」




PA096734.jpg
スターウイニングガンダムのガンビットに似た形状、2パーツ貼り合わせで構成されています。
ブラックの成型色だけだと味気ないので、自分なりに色を付け加えてみました。






PA096731.jpg
バトローグ第3話はビルドファイーズの世界観とはけ離れたメタでメルヘンなお話。
ういにんぐふみなはサカイミナトのガンプラではなく、 ふみなとギャン子の二人の力でパワーアップした姿として描かれています。







PA106736.jpg
武装「スタークロス」
ういにんぐふみなの両肩にマウントされているジェネレーターを内蔵した小型シールド。





PA106737.jpg
ホーリングスターレインボー!
プラフスキー粒子のビームで形成されたスターエフェクトを発生させ巨大な手裏剣のよう投げ飛ばしたり遠隔操作で操ることが可能。








PA106739.jpg
一応グリップがついているので、このように手に持たせることも出来ます。





PA096735.jpg
本編では変身バンクと必殺技(浄化技)のみの活躍だったので、マシンガンやスタークロスといった武装は特に使用していません。
ファンタジーもいいけど、本来の設定に沿ったガンプラバトルも見てみたかったかも。









PA106740.jpg
スタークロスとスターエフェクトの取り外し。




PA106741.jpg
武器「スターバスターソード」





PA106742.jpg
こちらはビームマシンガン、スタークロス、エフェクトを合体させることで完成。





PA106744_20171013011853bac.jpg
ビームマシンガンに全てのスタークロスを組み合わせた大型剣。
剣先から大出力の星型ビームを連射することも可能な、本機の絶対的ウイニングロードである。








PA116745.jpg
武装パーツの取り外し。
バックパック及び肩はもちろん、今回はちゃんと腰回りのアーマーも取り外すことが可能です。





PA116748.jpg
そして、取り外した武装をそれぞれ組み合わせることで、SDガンダム風のサポートメカを作ることが出来ます。
合体、分離という おもちゃ的なギミックが実にいいですね。








PA116754.jpg
SDすたーういにんぐがんだむ






PA116756.jpg
後ろ姿。




PA116757.jpg
本家のスターウイニングガンダムは胴と顔が大きい「元祖SD」のような体型でしたが、こちらはどちらかと言うと一昔前のBB戦士のような感じ。
サポートメカ的なポジションとは言え、ういにんぐふみなの武装だけで組み上がってるとは思えないほどよく出来ています。






PA116765.jpg
バストアップ。
目のシールは「瞳あり」「瞳なし」の選択式。




PA116758.jpg
可動は肩の軸と腕と足の付け根のボールジョイントのみ。






PA116759.jpg
頭部とボディは基本的に固定されているので、この状態でのポージング幅はあまり広くありません。






PA116760.jpg
ビームマシンガン!



PA126767.jpg
武装「ガンビット」
ふみなの足となる装甲部は遠隔操作式の高出力ビームキャノンになっています。ういにんぐふみな時でも使用可能。







PA126769.jpg
一応この状態でも必殺技である「スターバスターソード」を組むことが可能です。










PA126770.jpg
ふみな




PA126772.jpg
強化装甲(コスチュームアーマー)を分離した姿。
今まで発売されたヒロインキャラキットの中では一番シンプルで、所謂「素体」に近いデザインになっています。







PA126773.jpg
やはり注目は下半身でしょうか。
アーマーが外れたことでスポーティなパンツが露わに。




PA126774.jpg
おしり。




PA126775.jpg
なんと布のシワまで造形されています。
チナッガイにもおへそやウエストがありましたが、更にシワやクビレといった凹凸がしっかりと表現されているのでプラモデルなのに実に生々しい外見です。






PA126776.jpg
もちろん装甲が外れた分、腕、腰、股の可動域は広くなっています。






PA126778.jpg
これが一般販売で誰でも買えるガンプラなんですよ・・・信じられますか!?






PA126780.jpg
分離することで1機のパワー分けるのではなく、2機の連携で戦術性を高め、更にパワーを上げるといった効果があるそうです。
必殺技は2機から放つ「ういにんぐびーむ」







PA126783.jpg
すーぱーふみなと一緒に。
やっぱりスタイルがかなり良くなってますね。腰や胸の位置も全然違います。






PA126784.jpg
以外にも顔のサイズはそれほど変わってない感じ。
前髪のボリューム感や眉のデザインがアニメのふみなにより近い雰囲気に。





PA126785.jpg
首の軸がだいたい同じなので、今回のういにんぐふみなのヘッドパーツをそのまますーぱーふみなボディ側に取り付けることが出来ます。





PA126786.jpg
二人はガンプラ!
ということでギャン子と一緒に。







PA126787.jpg
劇中では新コスチュームの「こまんどふみな」「リックドギャン子」がお披露目。
いや、まさかこの場に及んでまたキットのバリエーションが増えるとは・・・。






PA126779.jpg
FAG、武装神姫と大きさ比較。
より人間らしい細身な体型になったとは言え、実際に比べてみると結構なサイズ差がありますね。






PA126791.jpg
為にし1/12スケールの服を着せてみたんですが、胴体幅が広いため服がパッツンパッツンになってしまいました。
ういにんぐふみなのスケールに合いそうな衣装はなかなかないと思うので、やっぱりこの手の遊びには向いてないですね。








PA016490.jpg
パチ組の状態。



PA016491.jpg


PA016493.jpg



PA016495.jpg




PA126782.jpg
以上「HGBF ういにんぐふみな」レビューでした。


人気ブログランキングへ←←





関連

 
HGPG プチッガイ きゃらっがい フミナ  HGPG プチッガイ きゃらっがい ギャン子

 
HGBF すーぱーふみな         HGBF すーぱーふみな [ガンダムベースカラー]

 
HGBF チナッガイ           HGBF はいぱーギャン子


HGBF ういにんぐふみな

Theme:ホビー・おもちゃ
Genre:趣味・実用

comments(3)|trackback(0)|ガンプラ|2017-10-13_22:43|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
すーぱーふみなからすごい進化しましたね。プレバンのこまんどふみなも楽しみです
HGBFういにんぐふみなレビュー
HGBFういにんぐふみなめちゃくちゃ可愛く作ってますね。
いろんなサイトで完成品レビュー見てきましたが1番キュートだと思います。
普通に売ってもらいたいレベルです(笑)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます