ブログランキング 現在の閲覧者数: 相撲ロボット製作部(更新停止) マクファーレントイズ SPAWN12 ザ・ヒープ レビュー
FC2ブログ

相撲ロボット製作部(更新停止)

こちらのブログは更新停止しました。新ブログ「おもちゃの巣」の方でよろしくおねがいします。

最近のレビュー



PLUM ハムマン改


シルフィーあみあみイメージカラーVer.


B-321f 轟雷リミテッドモデル(シルフィーカラー)


SDガンダム クロスシルエット ガンダム


DXS08 ブラックシンカリオン


ポケモンキット フシギバナ


セリア 変形ロボットカー


ゾイドワイルド  ガノンタス・アペシュ


ゾイドワイルド ガブリゲーター・セベク


マテル インドラプトル


ホットウィール シャークバイト(レッド)


ゲキタマン ゴッドガンダム


マテル  ディープ-ダイブ・サブマリン


ホットウィール モササウルス


カプセルトイ 最強生物ミニパペット


ホットウィール  コマンダー・クロコ


ホットウィール  シャークルーザー


ゾイドワイルド ガノンタス


ゾイドワイルド ガブリゲーター


コトブキヤ 黒のライダー


マテル ブルー&オーウェン


マテル 大暴れ!T-レックス


マテル モササウルス


アニア モササウルス


アニア インドラプトル


改造 FAG 迅雷型 [ドミネイト]


ホットウィール シャークバイト


タカラ 新!仮装大賞パネル


北海道限定アニバトロン クマタイプ


ゲキタマン ウイングガンダムゼロカスタム


ゲキタマン ニューガンダム


奇譚クラブ パクパク走る!恐竜の化石


シャイング ベンザオオクワガタ


カプセルトイ つぶつぶカエル


中華トイ ヘビラジコン


 52TOYS MEGABOX エイリアン


AZONE  1/12若葉女子高校制服衣装set


ゲキタマン ゼータガンダム


デスクトップアーミー EJUバリスタ (クリアーブラック)



フリーエリア

プロフィール

Sラングレン(抜け殻)

Author:Sラングレン(抜け殻)
ガンプラ、ねんどろいど、figmaなどなど毎日何かしらレビューするサイトです

リンク

フリーエリア

banner_04.gif  人気blogランキングへ sticker51.png

 

      

フリーエリア

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

マクファーレントイズ SPAWN12 ザ・ヒープ レビュー

PC259720.jpg
マクファーレントイズ SPAWN12 ザ・ヒープ の紹介です。
(McFarlane Toys Spawn Series12 Ultra Action THE HEAP)






PC259718.jpg
パッケージ裏





PC259721.jpg
ザ・ヒープ



PC259722.jpg
後ろ姿。




PC259751.jpg
こちらは1998年に発売されたSPAWN12シリーズの1つ。
今回購入したのはおそらく日本で発売されたものだと思われます。SPAWN12シリーズは緻密な造形のフィギュアが多く今でも一部プレ値化している程人気の高いシリーズです。






PC259754.jpg
ザ・ヒープは人々の悪しき心が廃棄物に宿って誕生した巨獣。
人間の汚い面を具現化した姿で、痛みや苦しみといった感情を吸収しながら成長します。おそらくフィギュアオリジナルのキャラクター。




PC259752.jpg
ありきたりと言うか、お約束と言うか・・・廃棄物や人間の悪しき感情から生まれた というキャラ設定が日本の特撮怪獣のようでなんだか馴染み深い感じがします。




PC259723.jpg
頭部造形。



PC259726.jpg
大きな顎と厳つい顔付きで迫力満点!
目が白いザ・ヒープは後期に生産されたタイプで、初期版は目が青になっています。





PC259725.jpg
体型といい如何にもパワー系モンスターな感じが格好いい。
ボディ上部はクリア素材の上から塗装が施されているので、この部分だけ見た目の質感が違います。






PC259727.jpg
ギミックとして顎が開閉します。






PC259728.jpg
可動幅はあまり広くないんですが、やっぱり口を開けると迫力が更に増します。








PC259729.jpg
口の中までしっかりと塗装が施されています。
エメラルドグリーンの明るい色合いが不気味さを醸し出してますね・・・。







PC259724.jpg
そして頭部には人の骨のようなパーツ。
やはりこの部分は痛みや苦しみの具現化を表現しているんでしょうか。








PC259756.jpg
このフィギュア一番の特徴は、全身に突き刺さった廃棄物だと思います。
本体の細かな造形を見つつ、ダイナミックに散りばめられたパーツもじっくりと確認してみましょう。







PC259739.jpg
腕やボディに突き刺さったガラス。
こちらは全てクリアパーツで表現されています。先端は尖ってないんですが、動かして遊ぼうとすると結構チクチクと手に刺さります。





PC259732.jpg
胴体上部にはタイヤとスコップの持ちて部分。





PC259733.jpg
左腕には大きな鉄心のようなものが貫通しております。
腕部を動かすと突き出た部分が胴体と干渉してしまうんですが、この見た目の大胆さが良いですね。






PC259735.jpg
頭部の髑髏。




PC259738.jpg
ボディにも手や足などの骨が所々に混じってます。





PC259737.jpg
ペーパー。
こちらは実際に紙が本体に接着されている感じ。ダミーではなく本物の紙を使ってる所が面白い・・・





PC259744.jpg
おどろおどろしいカラフルな配色も必見。
フィギュアの製作にはかなり手間がかかってそうですね。




PC259740.jpg
瓶や鉄の塊。
このザ・ヒープには、マクファーレンが過去に発売したフィギュア(SPAWN12以前)のパーツがそのままの状態でデコレーションされています。






PC259741.jpg
こちらのヘッドギアのような部品はおそらくシリーズ2の「コマンドースポーン」の物。






PC259742.jpg
肩に突き刺さった鉄はシリーズ5「ヌークリアースポーン」の武器。




PC259743.jpg
仮面のようなパーツはシリーズ7の「クラッチ」に付属する溶接面。





PC259745.jpg
足に刺さったナタはシリーズ6の「ザ・フローク」の武器。






PC259747.jpg
後はフィギュアの特定ができないんですが・・・元ネタがありそうな部品が他のもたくさんあります。





PC259753.jpg
腕部の可動は肩、二の腕、手首のロール。




PC259746.jpg
珍しく胴体部も分割した構造になっているのでこちらもロールします。






PC259760.jpg
足は股の付け根から可動。





PC259755.jpg
アメトイとしては無難な可動域ですが、遊ぶ分には十分かな。
やっぱり胴体が動く所がいいですね。






PC259757.jpg
フィギュアは新品で購入したんですが、経年劣化等は見受けられず非常に良い状態でした。





PC259758.jpg
ただ匂いが・・・PVC独特の異臭が少し気になる所です。
クリアパーツ部は日焼けすると白く濁りやすいので、購入時に必ずチェックしましょう。




PC259762.jpg
付属品「廃棄物パーツ」
軸がついてますが、これといって接続する箇所もなく・・・・こちらは製造時期によって付属するパーツが異なるようです。






PC259763.jpg
廃材パーツは足元にディスプレイする他、口の中に入れたりして遊べます。





PC259761.jpg
武装神姫と一緒に
フィギュアサイズがだいぶ大きめで・・・全身がPVCなのでズッシリとした重みもあります。






PC259719.jpg
キャラ解説。







PC259773.jpg
スライムが似合いそうだったので、緑色のスライムを口に詰めてみました。





PC259769.jpg
やっぱりアメトイとスライムの組み合わせは最高ですね・・・・。






PC259775.jpg







PC259774.jpg








PC259776.jpg
なんとなくパシフィック・リムのカイジュウと一緒に。
ナイフヘッドはNECA製ですが・・・






PC259777.jpg






PC259778.jpg









PC259764.jpg







PC259765.jpg







PC259766.jpg





PC259768.jpg
以上「マクファーレントイズ SPAWN12 ザ・ヒープ」レビューでした。


人気ブログランキングへ←←




関連


SPAWN12 サイゴー2


SPAWN7 スコージ


SPAWN12 ザ・ヒープ

Theme:ホビー・おもちゃ
Genre:趣味・実用

comments(1)|trackback(0)|スポーンフィギュア|2017-12-27_21:49|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
>おそらくフィギュアオリジナルのキャラクター
一応原作コミックにも登場
台紙の解説と違う経緯で誕生、ゲストザコかと思いきや割と重要な役だったりします
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。