ブログランキング 現在の閲覧者数: 相撲ロボット製作部(更新停止) MIA ガンダムNT-1 アレックス レビュー
FC2ブログ

相撲ロボット製作部(更新停止)

こちらのブログは更新停止しました。新ブログ「おもちゃの巣」の方でよろしくおねがいします。

最近のレビュー



PLUM ハムマン改


シルフィーあみあみイメージカラーVer.


B-321f 轟雷リミテッドモデル(シルフィーカラー)


SDガンダム クロスシルエット ガンダム


DXS08 ブラックシンカリオン


ポケモンキット フシギバナ


セリア 変形ロボットカー


ゾイドワイルド  ガノンタス・アペシュ


ゾイドワイルド ガブリゲーター・セベク


マテル インドラプトル


ホットウィール シャークバイト(レッド)


ゲキタマン ゴッドガンダム


マテル  ディープ-ダイブ・サブマリン


ホットウィール モササウルス


カプセルトイ 最強生物ミニパペット


ホットウィール  コマンダー・クロコ


ホットウィール  シャークルーザー


ゾイドワイルド ガノンタス


ゾイドワイルド ガブリゲーター


コトブキヤ 黒のライダー


マテル ブルー&オーウェン


マテル 大暴れ!T-レックス


マテル モササウルス


アニア モササウルス


アニア インドラプトル


改造 FAG 迅雷型 [ドミネイト]


ホットウィール シャークバイト


タカラ 新!仮装大賞パネル


北海道限定アニバトロン クマタイプ


ゲキタマン ウイングガンダムゼロカスタム


ゲキタマン ニューガンダム


奇譚クラブ パクパク走る!恐竜の化石


シャイング ベンザオオクワガタ


カプセルトイ つぶつぶカエル


中華トイ ヘビラジコン


 52TOYS MEGABOX エイリアン


AZONE  1/12若葉女子高校制服衣装set


ゲキタマン ゼータガンダム


デスクトップアーミー EJUバリスタ (クリアーブラック)



フリーエリア

プロフィール

Sラングレン(抜け殻)

Author:Sラングレン(抜け殻)
ガンプラ、ねんどろいど、figmaなどなど毎日何かしらレビューするサイトです

リンク

フリーエリア

banner_04.gif  人気blogランキングへ sticker51.png

 

      

フリーエリア

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

MIA ガンダムNT-1 アレックス レビュー

P1240841.jpg
MS in ACTION!! ガンダムNT-1 アレックス の紹介です。
価格1575円




P1240842.jpg
パッケージ裏



P1240844.jpg
RX-78NT-1 ガンダムNT-1 (アレックス)



P1240846.jpg
後ろ姿。




P1240861.jpg
発売は2001年10月頃でMIAシリーズがセカンドバージョンへと移行し始めた頃にリリースされた商品。
二重関節はまだ採用されていませんが、造形や塗装は初期のフィギュアよりも洗練されており品質が高くなっています。





P1240851.jpg
バストアップ
国内版なのでボディには一部スミ入れが施されております。




P1240852.jpg
頭部造形
ツインアイ部は若干大きめに造形されており、元のデザインとは少し違う雰囲気。正面顔よりも横顔の方が見栄えが良く見えますね。




P1240853.jpg
ボディ。
各スラスター部やダクトなど細かな部分までしっかりと彩色されており、全体的な色分けもほぼ完璧!!





P1240857.jpg
バックパック。
メインブースターはそれぞれ別パーツ構成。サーベルは2本とも引き抜き可能です。




P1240860.jpg
腕部
通常のMIA標準のタイプ。肘は90度近くまで曲げられます。





P1240854.jpg
脚部
足首はボールジョイントのみですが接地性も良好。




P1240862.jpg
脚部の可動
股とフロントアーマーが干渉するため足は少ししか上がりません。






P1240867.jpg
膝の曲げはこんな感じ。
片膝立ちのポージングは無理ですね。





P1240858.jpg
足の裏の造形。
メカ造形やノズルの塗装など各フィギュア事に別造形になっています。





P1240859.jpg
PVCフィギュアなのでカッチリとした見栄えでは無いんですが、それでも十分見劣りしないクオリティ。





P1240865.jpg
MIAシリーズを改めて見直してみると、プラモデルとはまた違った完成品フィギュアとしての魅力がひしひしと感じられますね。





P1240864.jpg
肩アーマーの取り外し。
なんとアレックス特有のカバー造形が再現されています。パーツ下などこういった何気ない部分もしっかり作り込まれてます。




P1240868.jpg
付属品「ビームサーベル」



P1240870.jpg
サーベル基部とエフェクト部分でパーツ分割されています。
サーベルエフェクトは付け根部分が太めになっており、同時期に発売されたガンダム系とはビームサーベルと形状が異なります。



P1240873.jpg
肩のビームサーベルは引き抜くことが可能ですが、サーベル展開時の物とは別パーツ。



P1240875.jpg
ビームサーベルは2つ付属しております。



P1240871.jpg
型式番号:Blash・XB-B-09。
バックパックのコネクターがブラッシュ社製であるため、形状や装備配置を変更され、本機では内側に移設されている。




P1240876.jpg
付属品「シールド」



P1240877.jpg
プラモデル等の立体物ではおなじみの装備ですが、実は劇中未登場の武装。
シールド表面は「ALEX」の文字がプリントされています。




P1240878.jpg
シールド裏。
グリップはハンドパーツに握らせることで保持。グリップパーツは取り外し可能で、上、中、下とシールド位置の調整が可能です。





P1240879.jpg
型式番号:RX・C-Sh-05 UBC/S-0003。
後述するチョバムアーマーの構造を流用し、耐ビームコーティングを施した防御兵装






P1240880.jpg
付属品「ビームライフル」
こちらも未登場の武装。専用のハンドパーツを仕様することで保持。



P1240881.jpg
型式番号:Bauva・Norfolk XBR-L Type-3。
ボウワ社のビーム発振器に、ノーフォーク産業の収束装置とハウジングが採用され、高い出力と貫通力を発揮する。



P1250882.jpg
付属品「ガトリングパーツ」
こちらはパーツを差し替えることで再現となります。





P1250884.jpg
NT1といったら腕部装甲カバー内に格納されている「90mmガトリング砲」
射撃時の肘の曲がり具合など、ポージングがバッチリ決まる所が実に芸が細かい。





P1250885.jpg
通常は砲身が隠されていることから敵の意表を突くことが可能だが、振動や装弾数の点で課題を抱えていた。
この兵装の採用にはフィールドモーター技術の向上によって関節部の小型化が可能となり、スペースに余裕ができたことが契機となっている。




P1250889.jpg
ガトリングパーツは左右とも付属!



P1250887.jpg
夢のツインガトリング姿で遊ぶことが出来ます。




P1250890.jpg
付属品「チョバムアーマー」



P1250898.jpg
チョバムアーマーは全てプラパーツで再現されています。
取り付け方はHGUCと似ており、2パーツ構成の装甲を挟んで纏わせる感じです。




P1250891.jpg
後ろ姿。


P1250899.jpg
脚部
チョバムアーマーはシールで固定された状態でパッケージングされているため、高い確率でこのようにベトベトとしたシール跡が残ってしまいます。





P1250896.jpg
全身を覆う装甲パーツのボリュームとその驚きのコストパフォーマンス!!
当時のMIAシリーズからするとチョバムアーマー分300円ほど値が上がっていますが、これだけパーツが付属して価格1600円程度だとなんだか逆にお得な感じがしますよね。




P1250902.jpg
一年戦争末期に連邦軍内で進められていたフルアーマーオペレーションの一環として開発された複合装甲。
ルナ・チタニウム合金とハニカム素材のシートを積層した構造をもち、装甲が破壊されることで衝撃を吸収し、機体本体へのダメージを最小限にする。
また、偽装用装甲としての意味合いを持っており、敵機に対して能力を見誤らせるための効果も発揮。






P1250903.jpg
この状態でもビームサーベルやライフルをもたせることが可能ですが、可動はかなり制限されてしまいます。






P1250914.jpg
チョバムアーマーと似た装甲を持つジムキャノンⅡと一緒に。







P1250905.jpg
・・・・・。





P1250906.jpg
!!!




P1250907.jpg
装甲パージ!
MIA ガンダムNT-1は海外版(US版)も存在しているんですが大きな違いはスミ入れの有無くらいで付属内容等は同じだと思われます。



P1250909.jpg
300体以上の機体がラインナップされているMIAシリーズですが「ポケットの中の戦争」からの商品化はこちらの「ガンダムNT-1」「ケンプファー」のたった2体のみ。
MIAアレンジされたジオン水泳部がかなりよく出来ていたので、その流れでハイゴッグやズゴックEも商品化されてほしかったところですよね・・・せめてザクⅡ改だけでも・・・・。




P1250912.jpg
実は2体持ってます。
以上「MIA ガンダムNT-1 アレックス」レビューでした。


人気ブログランキングへ←←





関連

 
MIA ジムキャノンⅡ          MIA ジムカスタム


MIA フルアーマーガンダム

 
MIA Zガンダム ティターンズ バージョン  MIA ガンダムMk-II 特別プレミアムフィギュア


MIA Zガンダムエゥーゴ・カラバ所属 アムロ・レイ仕様機


MIA ケンプファー


MIA ガンダムNT-1 アレックス

Theme:ホビー・おもちゃ
Genre:趣味・実用

comments(2)|trackback(0)|MIA|2018-01-27_00:19|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
チョバムアーマーの腕部装甲がさかさまですよー

アレックスやっぱりかっこいいですねー
Re: No title
> チョバムアーマーの腕部装甲がさかさまですよー
コメントありがとうございます。
何回かパーツを付け外ししている内に写真の一部が逆さまになってしまったみたいです・・・申し訳ない。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。