ブログランキング 現在の閲覧者数: 相撲ロボット製作部(更新停止) HGBD モモカプル レビュー
FC2ブログ

相撲ロボット製作部(更新停止)

こちらのブログは更新停止しました。新ブログ「おもちゃの巣」の方でよろしくおねがいします。

最近のレビュー



PLUM ハムマン改


シルフィーあみあみイメージカラーVer.


B-321f 轟雷リミテッドモデル(シルフィーカラー)


SDガンダム クロスシルエット ガンダム


DXS08 ブラックシンカリオン


ポケモンキット フシギバナ


セリア 変形ロボットカー


ゾイドワイルド  ガノンタス・アペシュ


ゾイドワイルド ガブリゲーター・セベク


マテル インドラプトル


ホットウィール シャークバイト(レッド)


ゲキタマン ゴッドガンダム


マテル  ディープ-ダイブ・サブマリン


ホットウィール モササウルス


カプセルトイ 最強生物ミニパペット


ホットウィール  コマンダー・クロコ


ホットウィール  シャークルーザー


ゾイドワイルド ガノンタス


ゾイドワイルド ガブリゲーター


コトブキヤ 黒のライダー


マテル ブルー&オーウェン


マテル 大暴れ!T-レックス


マテル モササウルス


アニア モササウルス


アニア インドラプトル


改造 FAG 迅雷型 [ドミネイト]


ホットウィール シャークバイト


タカラ 新!仮装大賞パネル


北海道限定アニバトロン クマタイプ


ゲキタマン ウイングガンダムゼロカスタム


ゲキタマン ニューガンダム


奇譚クラブ パクパク走る!恐竜の化石


シャイング ベンザオオクワガタ


カプセルトイ つぶつぶカエル


中華トイ ヘビラジコン


 52TOYS MEGABOX エイリアン


AZONE  1/12若葉女子高校制服衣装set


ゲキタマン ゼータガンダム


デスクトップアーミー EJUバリスタ (クリアーブラック)



フリーエリア

プロフィール

Sラングレン(抜け殻)

Author:Sラングレン(抜け殻)
ガンプラ、ねんどろいど、figmaなどなど毎日何かしらレビューするサイトです

リンク

フリーエリア

banner_04.gif  人気blogランキングへ sticker51.png

 

      

フリーエリア

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

HGBD モモカプル レビュー

P5194811.jpg
HGBD 1/144 モモカプル の紹介です。
価格1800円


P5204813.jpg
PEN-01M モモカプル




P5204814.jpg
後ろ姿



P5204847.jpg
現在放送中の「ガンダムビルドダイバーズ」にて、ヤシロ・モモカが使用するオリジナルガンプラ 「モモカプル」 が早くもキット化!
ガンプラのベースにはカプルが使用されているという設定なんですが、本キットはなんと完全新規造形となっております。




P5204817.jpg
バストアップ。
こちらはスミ入れ、一部塗装しトップコートでツヤ消しを施した状態です。塗装箇所はメインカメラ部、胸のダクト、肩や背中のノズル程度。



P5204818.jpg
先週発売されたリーオーほどではないんですが、こちらも成形色のみでほぼ劇中どおりのガンプラが完成するようなパーツ構成になっております。
同時発売された「HGBD オーガ刃-X」「HGBD セラヴィーガンダムシェヘラザード」よりもパーツ数が少なく、組み立ても簡単なので短時間でサクッと組める所も魅力だと思います。




P5204819.jpg
モモカプルの目。
黄色い瞳部分は別パーツ化されており、モノアイレール(?)のパーツ裏から取り付ける感じ。



P5204820.jpg
本来モノアイレールに当たる部分が左右に可動するので、目の位置を変えることができます。





P5204822.jpg
やっぱり目線を変えることによってアクションポーズが取りやすくなりますね。
レール部分はブラックで塗装したほうが目の部分がより明るく見栄えると思います。






P5194776.jpg
付属のシール
全部モモカプルの目のバリエーションなので好みで貼り付けましょう。





P5204826.jpg
背面。
中央には3mm穴があるのでスタンドを取り付けたり、武器やバックパック等のカスタムも可能。





P5204827.jpg
腰ブースターの上部分に注目。






P5204828.jpg
一部パーツを外すとこちらにも3mm穴が用意されております。






P5204833.jpg
肩装甲。



P5204832.jpg
こちらは上下に可動。
肩装甲と噛み合わさっている白いプラの付け根部分のパーツが若干頼りないので、取り付け際の破損には要注意。





P5204835.jpg
碗部。
肩はボールジョイント関節、二の腕に当たる部分は左右にロール可能。




P5204836.jpg
長い腕は3つの関節によってゴッグ、ハイゴッグのようなフレキシブルな可動を再現。
装甲部と関節部でしっかりとパーツ分けされていのでパチ組はもちろん塗装派にもかなり優しい構成だと思います。





P5204837.jpg
ツメ部分。
こちらは5本とも別パーツ化されているのでそれぞれ動かすことが出来るんですが、動きの幅はかなり狭め。





P5204840.jpg
脚部。
ヒレのついた足がチャーミング。接地面が広いので安定感があります。





P5204839.jpg
股は軸接続、足首はボールジョイント、膝は約90度ほど曲げられます。
腰にはパイプがあるのであまり動かすことができません。





P5204841.jpg
モモカプルはベースのカプルに「アデリーペンギン」のモチーフが付け加えられており、お腹の白い部分、くちばしをイメージした黄色い三角模様、足のヒレなど非常にキャラクター性が高いアレンジが付け加えられております。
そもそも元のカプルもターンAに本編では一際コミカルで愛らしさを感じられる癒し系MSでしたよね。(パイロットの性格のよく反映されてた。)





P5204842.jpg
可愛くないとの理由で本来装備されていた胸部のミサイルランチャーは丸々撤去。
総合的な攻撃力はカプル、カプールよりも劣りますがスピードと機体強度は大幅にアップしているという設定です。



P5204857.jpg
手のツメ (アイアンネイル)
角が丸くなっているのでスペック上の攻撃能力は元のカプルよりも低下してますが、ペンギンが翼で繰り出す平手打ちのように、ビンタを繰り出せば大きな破壊力を秘めています。




P5204850.jpg
手のビーム



P5204856.jpg
両手合わせて10本ある爪の先からビームを放つことが可能。
銃口の窪みも造形されています。




P5204844.jpg
モモカプルはビルドファイターズで言う「ベアッガイⅢ」的なポジション。
モモカプル専用の新規ランナー、ビジュアルによるキャラクター売りが視野に入っているので、おそらく今後多くのカラバリ展開が予定されてるんじゃないかと思われます。




P5204858.jpg
お腹のビーム



P5204861.jpg
ベース機のソニックブラスト。
身も蓋もない冗談みたいな名称に変更されてていますが、見た目の可愛さに反してその威力は高く、ガンプラを破壊するには十分な火力を誇っています。






P5204864.jpg
丸まりモード



P5204865.jpg
こちらは碗部を取り外し、装甲パーツをすべて閉じた状態。
過去に発売されていた「1/144カプル」ではこのような巡航形態にできなかったので少し感動。




P5204866.jpg
巡航機能の強化だけではなく回避行動時に使用したり、機体自身を質量兵器として相手に強烈な体当たりを敢行したり、その運用法は多岐に渡る。







P5204867.jpg
頭部ハッチの開閉。




P5204868.jpg
モモカプル内部には「プチカプル」が内蔵されています。




P5204869.jpg
ころりん。
もちろん内部から取り外しが可能。






P5204871.jpg
プチカプル




P5204872.jpg
後ろ姿。
自立は不可能なので専用の台座が付属しております。




P5204870.jpg
プチカプルの手足は取り外して、内部に収納可能。
余剰パーツをしまうというよりも、小さなパーツの紛失を防ぐための工夫ですね。




P5204874.jpg
可動は両腕が肩から上下する程度。
目は付属のシールから選んで表情を付けることができます。




P5204873.jpg
プチカプルは本機に内蔵されているまさに隠し玉。
脱出ポッドや移動用のプチモビルスーツとして使用可能です。




P5204875.jpg
モモは入れ子式の箱を見て思いついたとのこと。
実際に発売されたキットでもこのギミックが再現されてる所が良いですね。







P5204876.jpg
小型であるためパワーは低く武装も手のクローのみですが、MSの装甲に傷を付ける程度の威力を有してます。









P5204891.jpg
1/144カプルと比較
パーツ構成どころか体型が全然違いますね。





P5204893.jpg
これだけ違うとモモカプルの流用でカプルやカプールが作られることはなさそう。
UC版カプールは是非キット化してほしかったですよね。








P5204878.jpg
最近発売されたハロと一緒に。
1800円なのでキットのボリュームは結構あります。完全新規ということもありますが、前作のオルフェンズシリーズよりも価格が高い印象を受けてしまいますね。






P5204884.jpg
ミキシングビルドでキミだけのオリジナルガンプラを生み出そう!!
肩は最近発売されたキットと同じサイズのボールジョイントなので、腕は手軽に付け替え可能。




P5204888.jpg
水中型ガンダム
また、キットの空洞を利用すればモモカプル内に様々なパーツを入れて遊ぶ事ができますね。






P5204885.jpg
長い腕は同じキットを複数購入することで無限延長が可能なので・・・・改造素材としての需要があるかもしれませんね。







P5204880.jpg
ハロカプル。
軸が合わないのでパーツを乗せてるだけ。







P5194809.jpg
パチ組
やっぱり目の部分が別パーツ化されてる所が良いですよね。





P5194810.jpg
後ろ姿。
プチカプルは一色成型なので。










モモカプルで遊ぼう!!





P5194806.jpg
モモカプル内に丸いものを収納してみよう!
ということで、ハロコレを乗せてみたところ、内部にすっぽり入れることはできませんでしたがサイズ的には一番バランスよく乗っかる感じかな。




P5194807.jpg
丸いもの代表!ゲキタマン!!



P5194802.jpg
メーカーを超えて、ズーブルズ!





P5194803.jpg
ズーブルズは変形させるとかなり良い感じ。
ポップな色合いがまたいいですね。




P5194804.jpg
爆丸も。
青系の爆丸を乗せたほうが良いかも。








P5194783.jpg
武装神姫




P5194788.jpg
デスクトップアーミー




P5194789.jpg
このサイズ感だと、乗り物的な遊びができますね。







P5194781.jpg
イルカが攻めてきたぞ!!





P5194786.jpg
ペコポン侵略兵器。
乗せてるフィギュアは海洋堂のケロロシリーズ。





P5194785.jpg
可愛らしい丸みとガンダムシリーズのパロディっぽさがかなりそれっぽい感じ、ケロロロボシリーズの新作と言っても違和感がないほどマッチしてますね。
モモカ つながりでタママ二等兵専用の「モモカ(桃華)プル」みたいなのを作りたいかも。




ねんどろいどを乗せてみよう!





P5194791.jpg
ドロカプル




P5194793.jpg
ライドアーマー






P5194794.jpg
ライドアーマーというよりも、ねんどろいど「サクラ大戦」の光武みたいな・・・




P5194796.jpg
レムカプル





P5194797.jpg
カプルにはハンマーがお似合い。




P5194795.jpg
ウズメカプル




P5194800.jpg
アーハン





P5194779.jpg
セガさやかプル




P5194778.jpg
イルカとセガさやカプルが攻めてきたぞ!





P5204877.jpg
以上「HGBD モモカプル」レビューでした。




人気ブログランキングへ←←









関連


HGAC リーオー


ハロプラ ハロ ( グリーン レッド オレンジ )


HGBF ミセス ローエングリン子


HGBD モモカプル

Theme:ホビー・おもちゃ
Genre:趣味・実用

comments(0)|trackback(0)|ガンプラ|2018-05-20_17:26|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。