ブログランキング 現在の閲覧者数: 相撲ロボット製作部(更新停止) DXS08 ブラックシンカリオン レビュー
FC2ブログ

相撲ロボット製作部(更新停止)

こちらのブログは更新停止しました。新ブログ「おもちゃの巣」の方でよろしくおねがいします。

最近のレビュー



PLUM ハムマン改


SDガンダム クロスシルエット ガンダム


DXS08 ブラックシンカリオン


セリア 変形ロボットカー


ホットウィール シャークバイト(レッド)


ゲキタマン ゴッドガンダム


カプセルトイ 最強生物ミニパペット


ホットウィール  コマンダー・クロコ


ホットウィール  シャークルーザー


コトブキヤ 黒のライダー


改造 FAG 迅雷型 [ドミネイト]


ホットウィール シャークバイト


タカラ 新!仮装大賞パネル


北海道限定アニバトロン クマタイプ


ゲキタマン ウイングガンダムゼロカスタム


ゲキタマン ニューガンダム


奇譚クラブ パクパク走る!恐竜の化石


シャイング ベンザオオクワガタ


カプセルトイ つぶつぶカエル


中華トイ ヘビラジコン


 52TOYS MEGABOX エイリアン


ゲキタマン ゼータガンダム



フリーエリア

プロフィール

Sラングレン(抜け殻)

Author:Sラングレン(抜け殻)
ガンプラ、ねんどろいど、figmaなどなど毎日何かしらレビューするサイトです

リンク

フリーエリア

banner_04.gif  人気blogランキングへ sticker51.png

 

      

フリーエリア

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

DXS08 ブラックシンカリオン レビュー

P7076601.jpg
タカラトミーより、新幹線変形ロボ シンカリオン DXS08 ブラックシンカリオン の紹介です。
価格6,480円

物語の序盤から登場している漆黒の新幹線こと「ブラックシンカリオン」がついにプラレール化!



P7076602.jpg
パッケージ裏。
今までのシンカリオンシリーズのデザインを踏まえつつ、横2倍ほど大きなパッケージになっております。


では開封。



P7076605.jpg
今回は 驚異の4モード変形 ということで、敵マシンながらもセット内容はシリーズナンバーワンの大ボリューム!!
シンカリオン本体だけではなく、劇中で使用する 複数の武器 や 電動走行車両 さらに シンカギア用のカードが2枚 と超豪華な内容です。





P7076610.jpg
付属のシール。
以降レビュー写真は予めシールを貼った状態となります。




P7076616.jpg
漆黒の新幹線
10年前突如現れた正体不明の謎の新幹線。黒い粒子を振りまきながら超高速で走り通過した場所にあるものを「巨大怪物体」に変化させる。




P7076618.jpg
先頭車
実際はブラックと言うほど濃い色合いではなく、ネイビーブルーのようなボディカラー。




P7076619.jpg
シンカリオンに登場する新幹線は実際に運行している車両がモチーフになっており、その外見の忠実さが一つの大きなポイントにっているんですが、今回のブラックシンカリオンはアニメオリジナルの車両。
ヒカリアンの敵であるブラックエクスプレスをほのかに彷彿させるデザインが個人的にかなりツボです。




P7076620.jpg
基本的にボディはネイビーブルーの成型色なんですが、少しパールっぽい表現が加えられており光沢感ある仕上がりに。
上部の黄色い角のような部分は軟質素材になっております。




P7076621.jpg
特徴的な車体の赤いラインはすべて塗装で再現。
シールの使用を最低限に抑えて、よくここまでの配色を再現できたなーっと関心です。




P7076622.jpg
連結部分
ブランドは「プラレール」なので通常のプラレールシリーズと連結が可能。





P7076623.jpg
中間車





P7076624.jpg
こちらも今までのシンカリオンとは違った特殊な形状。





そして!



P7076625.jpg

 電 動 走 行 車 両 ! !

シンカリオンの追加オプションとして別売りされていた自動走行ユニットが、なんと本商品には最初から付属しています!






P7076626.jpg
中間車の中身はこんな感じ。

ユニット自体は「超進化電動貨物&ウエポンコンテナセット」と同じです。側パーツを取り替えることで他シンカリオンにも対応可能。






P7076615.jpg
ちなみに電池は単3電池1本使用(別売り)。
電池ボックスはネジ止め式になっています。





P7076627.jpg
後尾車。
ブラックシンカリオンは先頭車と後尾車のデザインが全く異なります。後部の黄色いパーツは軟質素材です。





P7076628.jpg
車輪はプラレールのレールに対応しているためサイズや幅など同じ規格。
レールを買えばすぐブラックシンカリオンを走らせることができるので、かなり親切なセット内容ですね。





P7076630.jpg
では、合体させてみましょう。




チ ェ ン ジ  、シ ン カ リ オ ン ! !







P7076633.jpg
変形、合体のギミックは「DXS01 シンカリオンE5 はやぶさ」と基本的に同じなので割愛させていただきます。





詳細はこちらで。




DXS01 シンカリオンE5はやぶさ











P7076634.jpg
ブラックシンカリオンに変形合体完了!!






P7076643.jpg
後ろ姿。




P7076635.jpg
頭部
外装はほぼ新規造形。アニメのCGに近いデザインで頭部やフェイスなど「E5はやぶさ」とはだいぶ異なります。




P7076640.jpg
横からのアングル。
胸部パーツがボリュームアップしているので若干頭部が埋まったような感じに見えますね。




P7076638.jpg
はっきりとした顔立ちや頭部の鶏冠もかっこよさに秘訣。濃いボディカラーにフェイス部のシルバー塗装がよく映えます。
頭部はボールジョイントで上下左右に可動。




P7076639.jpg
可動箇所はシンカリオンシリーズ通してほぼ共通。
アニメ放送前の旧作の玩具と比べると関節強度等がだいぶ遊びやすく改善されています。




P7076641.jpg
腕部デザイン。
一部ゴールド塗装。



P7076646.jpg
腕部は肩、二の腕のロールと肘の曲げ可動。





P7076644.jpg
胴や腰は合体ギミックのみで可動はありません。
主にシールでの色分けです。





P7076645.jpg
下半身。
両側面の新幹線パネル部分の造形やライン塗装が異なりますがよく見るとデザインはE5はやぶさと同じですね。
足首の可動と接地面が広がりによってより安定性が増しています。





P7076647.jpg
膝の曲げ可動。
関節により後方はもちろん前方向へ曲げることができるんですが、股が動かないのでポーズが不自然になってしまいます。




P7076648.jpg
もともとアクション主体の玩具ではな無いので可動はイマイチ。
劇中のポージングを再現するにはかなり厳しい感じなので、実際に遊んでみるとアニメとのギャップが結構あるかもしれません。




P7076649.jpg
ブラックシンカリオンの胸部




P7076651.jpg
先端のハッチを下方向にスライドさせることで発射口が展開!





P7076650.jpg

放て!デスグランクロス!!






P7076653.jpg
架空の新幹線なので実際の連結器を意識した開閉ギミックが採用されて無く、砲身部分の造形も独自のものになってますね。





P7076655.jpg
シンカリオンE5はやぶさと一緒に。
腕や足など一部パーツが共通ですが、見た目はリデコとは思えないほど様変わり。




P7076659.jpg
やっぱり敵が黒い同型機という展開は子供っ向けアニメの王道ですよね。
大人が当時夢中になったブラックマイトガイン、ブラックコンボイ、ブラックウォーグレイモンなどと同様で、今の子供たちにもグッと心に刺さること間違いなしだと思います。





P7076660.jpg
もちろん上半身と下半身を他のシンカリオンと入れ替えることでリンク合体が可能。






P7076613.jpg
付属品「ブラックShinca」、「モードチェンジカード」





P7076611.jpg
こちらは「DXシンカギア」「DXブラックシンカギア」と連動したアイテム。
各シンカリオンに付属するShincaをシンカギアに読み込ませることで個別の専用音声を聞くことが出来ます。





P7086662.jpg

シンカンセンモード、シンカリオンモード の基本的な説明は以上となります。








付属武器、ドラグーンモード、バーサーカーモードは別記事で。




DXS08 ブラックシンカリオン(武装編)



人気ブログランキングへ←←






関連

 
DXS01 シンカリオン E5 はやぶさ     ドライブヘッド 02MKIII マスターバックドラフト

 
ゾイドワイルド ガノンタス       ゾイドワイルド ガブリゲーター


DXS08 ブラックシンカリオン

Theme:ホビー・おもちゃ
Genre:趣味・実用

comments(0)|trackback(0)|シンカリオン|2018-07-08_08:03|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント